DV

    190 :名無しさん@おーぷん 2016/10/10(月) 22:29:51 ID:6rZ
    旦那と結婚する前に付き合ってた人がDV男だった。
    外面がよく、見えないところを狙って殴るけるをする人だった。
    いつも赤で囲ったところの内側しか殴ったりけったりしなくて
    夏になると腕と太ももと足の赤で囲ったところは避けて
    胸から下の赤く囲ったところだけを狙うという念の入れよう。
    最初は逃げ出そうとしてたんだと思うんだけど、なんかもう気力がなくなって
    DV期とハネムーン期を繰り返してた。
    でもある日背中を思いっきり蹴られてその日から1週間くらい血尿が止まらなくて
    タヒぬんじゃないかと思ったら我慢できなくなってある日、元彼が眠ってる時に
    卵焼きを焼くフライパンでフライパンの柄が取れるまで殴り続けた。
    怖かったから足の先で元彼の頭をちょんちょんと蹴ったけど、
    頭がグラングランするだけで声をかけても返事がなかったので、
    警察に捕まる前に両親に会っておこうと思って実家に帰った。
    実家で2日ほどぶらぶらしてたんだけど、何かあったんだと親は思ったんだと思うけど、
    嫌なことがあったらいつでも帰っておいでと言われただけで、何も聞かれなかった。
    なんかこのまま逃げても逃げきれないし、親にも迷惑かけちゃうなと思ったから
    自首しようと思ってマンションに帰ると彼の荷物が無くなってて
    お前とは別れる。絶対に俺を探すな。って書いた紙がダイニングのテーブルの上に置いてあった。
    どれだけ怖かったのかわからないけど、わたしの通帳や貴重品や二人で貯めてた貯金箱は手つかずでそのままだった。
    私はその瞬間早く逃げなきゃと思ってそのマンションの大家に連絡を入れて
    契約を解約して余分にお金払って家財一切を処分してもらって引っ越しした。
    その後転職先で旦那と知り合って結婚した。
    旦那には人を杀殳しかけたこともDV男と付き合って一緒に住んでたことも隠しとおすつもり。




    410 :名無しさん@HOME 2013/09/06(金) 18:06:06 i
    父DV。母空気。自分は次子で姉と妹がいる。
    日常的に父に殴られ吹っ飛ぶ事があった為、何がスイッチで父に殴られるのか分からず自分は怯えつつぼーっと暮らしていた。
    が、反骨精神旺盛な姉はよく父の不興を買い兄弟の誰よりも吹っ飛ばされていた。
    ある日いつものように姉が吹っ飛び蹲り、自分も何も出来ずに姉の側でガクブルして居た所、父が自分に一言。
    『姉を杀殳すから包丁を持って来い。持って来なければお前(私の事)を杀殳す。どうする?』
    と選択を迫られた事が恐らく意識ある人生での最初の修羅場。確か年長の年齢だった。
    その時の姉の絶望の表情が忘れられない。

    96 :名無しさん@HOME 2009/03/26(木) 18:36:09 0
    暴力話も入っています。

    私の夫は、DV夫でした。
    結婚して数週間後にケンカしたら、私は頬っぺたがはれ上がるほど殴られていました。
    夫も、
    「何で手を出したんだろう?」
    と、自分の拳を見て、ボーゼンとしてる感じでした。
    なので、その時たまたまヒートアップして…って思っていましたが
    やはりケンカすると、同じ事が何度かありました。
    結婚して2年、首を〆られた時点で、別れを決意しました。

    しかし、殴るとかそういった行為に及ぶ理由が、少々気にかかりました。
    夫は、そういうのが出来なさそうな温厚なタイプです。
    まあ、温厚な人に限って、怒ったら…っていうのもありそうでしたが。

    「別れようと思う。」
    と告げると、夫は肩をがっくりと落として、テーブルの上に診察券を出しました。
    それは、精神科の診察券。
    「話しづらかったけど、俺も何故手を出してしまうのか、通院している。
    こんな事言うと、病気に逃げてるとか思われてしまうのが嫌だったから言わなかった。
    でも、お前がそう決めたら、そうしよう。今までゴメンな。」
    と、診察券をしまおうとしたので、その手をつかんで
    「一緒に病院いこう!何で黙ってたの!私とアンタの夫婦の問題でしょ!」
    って言うと、夫は涙を流しながら
    「夫婦ってまだ言ってくれるの?ありがとう。」
    と、私の手を握り返しました。

    55 :名無しさん@おーぷん 2014/05/15(木) 15:41:14 ID:70LfVUVqd
    陰気な仕返し話で申し訳ない。しかも長い。


    元義父(以下糞男)は物凄く横暴な人だった。
    “元”とつけたのはその息子が既に“元”夫だから。

    元夫とは職場恋愛での結婚だったんだが
    彼も私も実家が地方で、糞男と会ったのは婚約の挨拶に行った時と
    結婚前の打ち合わせで一度会ったきりだったし
    その時は野良猫を被っていたらしく気付かなかった。
    ただ、元夫から「うちの親父はクセのある人だから、言われたこととかされたことは
    あまり気にせずに流してほしい」みたいな事言われたので
    気難しい人なんだろうなとは思ってた。
    そんな甘いもんじゃなかったけど。

    新婚旅行から帰ってきて、翌々日から出社し
    半月後の3連休に挨拶がてらお土産を持って帰省したときに
    一番最初の修羅場があった。
    元夫には「よく来たな」とニコニコ恵比須顔で歓迎していたが
    私には開口一番「うちの嫁になったからにはワシに逆らうことは許さん」と言われた。
    当時まだ24歳だった私には、それがものすごく怖かった。
    しかもいくら自宅だとはいえ、家の中ではパソツ一丁。
    目のやり場に困った。
    義母には「お父さんの機嫌を損ねたら大変だから逆らわないこと!」と言われ
    その頃まだ独身で実家住みだった義姉にも「とにかく波風立てないで」と言われ、
    近隣に住んでるはずの義兄一家は一度も顔を出してこず、
    この家はなんか変と思った。
    披露宴の時にはあんなに仲睦まじい家族に見えたのに。

    たった2日の滞在だったのに、外にある物置の整理をやらされ
    庭の除草をやらされ、お風呂のカビ取りをやらされクタクタ。
    その間元夫は見てるだけだった。
    手招きで部屋から連れ出して「どうして手伝ってくれないの?」って責めると
    「そんなことしたら親父に叱られる」と意味不明な言い訳。
    それでも2日間だけのことだからと我慢した。
    今思えば本当に若かった。

    900 :名無しの心子知らず@\(^o^)/ 2016/09/17(土) 11:07:56 ID:vJGahOv7.net
    旦那が午前様になっても帰らず、連絡つかずでやっと繋がったら長い上司につかまってるもうすぐ帰ると。
    それから二時間して帰ってきたけど妊娠初期で不安定なのもあり責め立ててしまい、泥酔で話にならないことにブチギレて旦那を蹴っ飛ばしてしまった。
    当然旦那もキレ、こんなに必タヒに仕事して帰って蹴られて俺はなんなんだ!!!と叫び壁に押された
    先に手を出したのは私だから悪いけど私も驚いて号泣
    子供起きてきて心配させた
    消えたい

    このページのトップヘ