DQN

    933 :本当にあった怖い名無し 2011/06/23(木) 09:30:38 ID:rzLqi1Av0
    下りのエレベーターを待っていた時の話だが、
    到着した時乗っていたDQN集団が足でドアを押さえた為、ドアが開かず乗れなかった。
    仕返しに、急いで先回りして各階の「↓」ボタンを押してやったw
    1階ずつ停まってイライラしただろうなwww
    他の人に迷惑掛かったかも知れんけどDQN制裁の為には仕方が無い。
    DQNが制裁に気付かないとしても、やらなければセコイ奴ばっかが得することになる。

    392 :おさかなくわえた名無しさん 2011/01/30(日) 18:56:10 ID:SuxMJc5y
    中学の時クラスメイトにDQN女グループがいた。
    いじめはするわカツアゲはするはとものすごいDQNっぷりだったがだれも止めることはできなかった。
    なぜならそのグループのリーダーSが当時地元で一番の不良高校のヤンキーと付き合っていたからだ。
    みんな報復を恐れてDQN男グループでも逆らえなかった。

    ある日オレの友達のBがたまたま口答えをしてしまいSの逆鱗の触れてしまった。
    ぶち切れたSは彼氏にボコられたくなかったら来週までに10万持って来いと脅した。
    誰もBを助けることできずBはどうしようと苦しんでいた。
    なんとかBを助けようと考えたんだがオレの近所に昔から兄のように慕っていたD先輩がいた。
    その先輩に駄目もとで助けを求めてみようとBと一緒にD先輩の家に行った。

    729 :1/3 2006/09/11(月) 16:53:12 ID:wHG9UWM1

    自分の武勇伝じゃないけど投下しますね
    長いけどごめんね。

    俺はブラジリアン柔術をやっているんだが、そこのジムのオーナー(31歳)の話。
    オーナーはキックボクシングの畑からブラジリアン柔術に転向して、今茶帯。
    ※茶帯は滅多に居ない、まぁすげー強いってこと
    身長185、体重80、もちろん超筋肉質で肌も浅黒い。
    でも顔も雰囲気も爽やかで、話しやすいイイ人だ。

    そんなオーナーが半月ほど前に市内を車で移動していた時に、
    いきなり後方から走ってきた車が、オーナーの車の前に斜めに割り込んで止まったらしい。
    黒塗りで、エアロが付き、下品なネオンが光る、ひとめでDQN仕様と分かる型落ちシーマ。
    オーナーがワケもわからずにいると、シーマから土方作業着の金髪が降りてきたんだって。
    で、オーナーの車のガラスを叩いて「降りて来い!降りて来い!」と怒鳴るらしい。
    どうもヤンキーはオーナーの運転が気に入らなかったようだが、全然心当たりは無いそうだ。


    310 :金太郎のママ 2006/01/06(金) 14:05:39
    私の場合は人生そのものが修羅場だったと思いますね。
    まずは父親という人間が他人に自慢出来る人ではなかったんです。
    最終学歴が尋常小学校で農業従事。時々、土方仕事をする程度。
    私は父親の様にはなりたくなかったのでせめて高校は卒業したかったのですが
    女に学歴は不要だとして2年の年度末で中退させられました。
    幸せを夢見て結婚したものの旦那の不イ侖が発覚。愛人が家に居座るという異常事態の
    矢先にタヒ別母子家庭となり葬儀では愛人が台所に進入するわ遺族席に押し掛けるわで
    頭に来たから馬乗りになってぶったたいて庭に放り出してやりました。

    722 :おさかなくわえた名無しさん 2006/12/19(火) 09:11:52 ID:QFewas7i
    中学時代にイジメにあってた。
    あってはいたんだけど、一切気にせずシカトしてたんだ。
    相手は頭は悪いけど運動はできる奴でスポーツ特待で、皆より早く
    進学先が決まってた。
    そのタイミングで今までにされたイジメの証拠(破かれたジャージ、上履き、
    ボロボロのカバンの写真)を教師に提出。
    ファビョって俺を呼び出すDQN。
    適度にボコられた後に警察へ直行。
    学校で教師数人とDQN親、DQN、俺、俺親で話し合い。

    教師に「なんで、もっと早く相談しなかったんだ」と問われ。
    「目の前でイジメられてるのに止めない人に相談してもしょうがないでしょ?」と答え
    教師しどろもどろ。
    DQNに対して「別に、僕も○○のことは、はなっから見下してるし」
    「明らかにランク下の生き物相手にムキになるのも大人気ないでしょ?」っと言い。

    教頭からDQNの進学取り消しの話が出た後で
    「くだらないことに時間を費やさなければ、もうちょっとマシな人生歩めたのにねw」
    と追い討ちをかけて帰ってきた。

    親には心配かけてゴメンってことと、一生懸命働いて買ってくれた物を
    あんな馬廘に壊されてゴメンってことを泣きながら伝えた。

    このページのトップヘ