BBA

    153 :名無しの心子知らず 2017/11/09(木) 08:15:26 ID:rGH8jicz.net
    職場のBBA(小学生の子一人持ち)に言われたこと

    子育てどう?と聞かれたので、
    3歳児の反抗期と新生児のお世話が同時で大変だったと言ったら、
    何がそんなに大変なの?!そんなに大変な訳がない!私なんてもっと大変だった!ムキー!!
    と捲し立てられた。
    それぞれ家庭事情が異なるから、本当に大変だったのかもしれんが、聞かれたから答えただけなのにもらい事故みたいでムカ

    20 :名無しの心子知らず@\(^o^)/ 2017/04/20(木) 15:03:22 ID:QVk39GbU.net
    年中の子どもと園バス停から帰る途中のこと
    子どもが何となしに歩道と沿道の家の敷地の隙間(塀の外)から生えてるタンポポを一輪摘んだらちょうどその塀の家の住人のおばあさんが帰って来て「種になる前に摘んだら花がなくなるでしょ!」と言ってきた
    雑草にも命がある系の考えの人か…と思って自分がごめんなさいと謝った
    すると「ここはおばあちゃんの家なの!勝手に取って!そのタンポポは摘んじゃったからタヒんだの!謝りなさい!」と子どもに詰め寄ってきた
    子どもは恐怖で大泣きして謝れない
    自分が再度謝ってその場を後にしてきたけど、子どもはショックで一時間くらい泣き続けるしで散々だった
    すごい腹が立って来て境界の雑草についてググってしまった
    基本的にボウボウに生えていたら家の所有者が(格好悪いから)刈るのが普通だけど道に出てるものは行政の管轄らしい
    そもそも家の敷地外に道路側に張り出して生えてるし、あえて植えたものでもないし、アンタの物違うだろ…と益々腹が立ってきた
    まだ2年近く利用するバス停の目の前の家でだから何も言わないけどさ

    660 :名無しさん@おーぷん 2018/02/21(水) 01:12:40 ID:Y0s
    私は某100円ショップで働いてる。
    今日、80代くらいのおばあさんが、「昨日買ったけどこれに合う電池ちょうだい、あと電池入れて。」ってキーホルダータイプのライト持ってきた。
    電池入れるには細いドライバーで開けないといけないやつで、「うちの店にはこれを開けるドライバーが備品として無いんです、ドライバーを買っていただかないと無理です、すみません。」と謝ったんだけどさ。
    「そんなの困る。どうしろって言うの?」ってグダグダグダグダ…
    そしたらその間に違うレジで会計した男の人がちょうどドライバーセットを購入してたらしく、よければ僕が入れましょうか?って言ってくださって、すみませんすみませんと頭下げてその人にやってもらった。
    そしたらそのおばあさん帰り際に、「あんたもこの人(電池入れてくれた男忄生)にお礼言っときなさいよ!役立たず!」って。
    うちは何でも屋じゃない。電池入れるまでの痒い所に手が届くサービス求めるならそれなりのお店で、それなりの物を買えばいい。
    しかもまず第一に、その男忄生に最もお礼を言うべき人間は私ではない、間違い無くババアてめーだ。
    てめーのもん使えるようにしてもらったんだから、てめーが礼言え。
    グダグダの中で、「孫に見せてもやってもらえなかったのよ!」とか言ってたんだけど、血の繋がった孫にやってもらえない事を、よく他人がやってくれると思えるな。
    今夏は快く他人にやってもらってたけど、今までそうやって他人が手貸してくれて当たり前で生きてきたんだろうなとババアの神経を疑った。

    682 :おさかなくわえた名無しさん 2006/12/18(月) 02:07:05 ID:lJYsVa0t
    転載


    昨日、会社より車で帰宅中の出来事。
    500m程ある一方通行を半分くらい来た所で、前から黒ベンツが逆走してきた。
    車一台がやっとの道で、回避しようがない。
    するとベンツは「どけよ!」と言わんばかりにパッシングする始末。
    当然、オレ含め後数台からクラクションの嵐です。
    すると運転席から派手なオバちゃんが出てきて、なんかプンスカ怒ってるんですよ。
    しょうがない、先頭のオレが出て行くしかありません。

    オレ「ナニやってんですか、ココ一方通行ですよ。」
    オバちゃん「えぇ! いつからよ? そんな事、私初めて知ったわよ!」
    オレ「オレが生まれる前からなんで、少なくとも30年以上前からですよ。」
      「そんな事より、向こう30m程行った所に右折路があるんで、バックしてください。」
    オバちゃん「なんで? バックなんて私出来ないわよ。 そっちが下がった方が早いわよ。」

    もう、ホントに何かが音を立てて「ブチッ!!」とキレました。

    オレ「ハァ? このうしろ十数台にバックさせる気か?」
      「アンタ、馬鹿か? 頭おかしいのか? まさか酒飲んでんじゃねぇだろーな!」
      「よく見ろよ! 一方通行だぞ、オマエが悪いんだよ! わかるよなっ?」
      「ナニが「バ ッ ク デ キ ナ イ ワ ヨ」だ。 出来なきゃ免許返してこい! もう一生車に乗るな!」
      (中 略)
      「バックさせたきゃ、うしろの車全部に頭下げてこいよ! バーカッ!」

    オバちゃん「・・・・・(グスッ)」 泣いてやんの。

    結局、巡回で通りかかったお巡りさんにバックしてもらった。(減点くらい食らってる事を祈る)
    チョット言い過ぎたかもしれないが、スッキリしました。

    このページのトップヘ