鬱病

    126 :おさかなくわえた名無しさん 2011/11/15(火) 01:14:50 ID:vGXQr4GZ
    どっかに書いたかもしんないんだけど。


    学生時代の友人A。自称鬱病。
    数年前に「鬱が治った!!」と吹聴しまくっていたくせに
    「体調が悪いから」と言ってヒキニート。26になるのに働いたことがない。
    体調が悪い割には、毎日誰かと遊ぶ、バーゲンには行く、趣味に金はじゃんじゃんつぎ込む。
    極めつけは、1回5000円ほどする婚活パーティーや合コンにも毎週のように喜んで出向く。
    そんな生活なのに「働かないとダメだって焦ってる」というAを見かねて
    誰かが仕事の話を持ってきても、面接に行くのに道に迷って「縁がない」「働く気がなくなった」と結局ニートのまま。
    そんなAが私と共通の友人に合コンに招かれたのだが、この友人悪い意味で天然で
    Aが鬱持ちだと言うことを、相手の男C男にばらしてしまった。
    これを聞いたC男(自称毒舌らしい)がアピールかなんかしらんが、Aに張り付き
    「えっ?何で鬱なんかになったのー?」
    「合コン来れるのに鬱なの?似非鬱病(笑)」
    「ってか働かないの?働けないけど合コン来れるんだね」
    …と言い続けたらしい。

    Aは号泣、場は大修羅場になったと、この場にいた友人談。
    C男はDQNきわまりないし、バラした友人もDQNだけど
    正直私はC男GJと思った。

    664 :名無しさん@HOME 2011/07/21(木) 20:02:44 0
    うちの父は私が物心ついた頃から鬱病で入退院を繰り返していました。
    当然まともな職につけるはずもなくずっと無職。

    私と兄と弟を食べさせて学校にも行かせてくれたのは母だった。
    母は美容師でしたが開業資金がなかったため(全部父の治療費と、私たちの学費で消えた)
    ずっと雇われでやっていました。
    美容師は若い子優遇で、店長でもない限り長くはやっていけない業界なのに
    母は私たちのため、同僚に笑われながらもずっと働いてくれていた。

    そんな母を尊敬していたし恥ずかしいと思うことはなかったんだけど
    兄が中学生になってからお弁当という問題に直面した。
    遠足なんかのときは母もはりきって作ってくれてたんだけどさすがに毎日は難しい。
    兄と弟と私とでなんとかがんばって、
    ・米を炊く
    ・たまごを焼く(スクランブルエッグ的ぐちゃぐちゃ)
    ・ウインナーをチン
    ・プチトマト、きゅうり
    という体裁だけでもなんとか整えられるようになりました。

    570 :名無しさん@おーぷん
    もう終わったことなのですが吐き出させてください。30歳の女です。
    一度はプロポーズしてくれた彼にフラれてしまいました。
    彼の両親との同居を拒んだからです。
    彼は農家の長男。小さい頃から、結婚後は親との同居が当たり前と教えられて育った人です。
    付き合い始めて1年くらい経った頃に、彼の両親と私たちが住むための家を建てられました。
    しかも二世帯住宅ではなく、玄関もキッチンも一緒。
    まだ婚約すらしていなかったのに、彼のお母さんから「ここがあなたの住む家なのよ!」と言われていました。
    その時から違和感はありましたが、彼の両親はとてもいい人たちだったので、そんなことを思ってはいけないんだと自分に言い聞かせていました。

    その後、彼実家でのお試し同居生活が始まりました。農業のお手伝いや家事、バイトもできる限り頑張ったつもりです。
    彼の両親は基本的には優しかったのですが、「○○さんのところのお嫁さんは全然働いてくれないんだって〜。あなたはそうならないわよね?」と彼母から遠まわしにプレッシャーをかけられる日々が続きました。

    慣れない農作業と家事とバイトをこなすだけでもしんどかったのに、彼母はバイトをもう一つするように命じてきました。
    知り合いのお店の従業員が足りないので、手伝って欲しいと頼まれてしまったのです。
    彼母の言うことに逆らったら、働かない嫁の烙印を押されてしまう。そう思い、仕方なくバイトのかけもちを始めました。

    農作業と家事、二つのバイトに追われているうちに、異変が起こるようになりました。
    疲れているのに眠ることが出来なくなりました。眠れないので疲れも取れません。しだいに感情のコントロールもできなくなってきました。心療内科に駆け込んだところ、鬱病の診断が下りました。

    続きます。

    このページのトップヘ