骨折

    93 :おさかなくわえた名無しさん 2008/06/05(木) 10:22:58 ID:s+h0mu8/
    日没後のド田舎の田んぼ道とかだったらハイビームにしないと怖いな。
    でもって道(センターライン無し)の真ん中を走る。
    遠くから対向車が来るのが見えたら左に寄ってライトを下向きにしている。

    弟も一時停止を無視した車にはねられて大腿骨骨折したよ。
    大腿骨骨折すると足の筋肉が縮むんだよね。
    (大腿骨が太ももの筋肉を引っ張って固定するつっかえ棒みたいなものだから)
    事故直後の弟の変形した太ももを見て気絶しそうだった。
    でもって手術は足を牽引しながら大腿骨に金属棒をつっこむらしいんだけど、その
    機械はそこの病院には無いらしく(他所の院と共用ローテーション?)手術は1週間後。
    事故後病院に運び込まれて、病室で膝小僧の両脇に穴を開けて串通してた。
    (深夜の病室に響く弟の悲鳴が忘れられない。大部屋だったので他の人も迷惑だったと思う)
    その串におもりをつけて1週間太ももの筋肉が収縮しないように固定しておくんだよ。
    で、ようやく手術~リハビリをして仕事復帰できたのが5ヵ月後だったかな。
    事故から1年後にまた再手術で大腿骨の金属棒を抜く手術をした。
    「イラネ」と言ったのに尻の手術跡見せられた。
    血とか傷跡とか本当にダメなので弟の事故の一件はものすごく衝撃だった。

    あと、加害者が母くらいのおばさんだったんだけど救急車で運ばれた直後に話し合いをしたんだけど
    どうもおばさんの息子とうちの弟は中学の同級生だったらしい。(面識なし)
    それが分かった途端に急にニコニコしだして「(弟)君とムチュコたんは同級生だったのよ~」とか言い出すので
    ブチ切れて「今その話題に何の意味があるんですか!他に言うことがないんですか!」と絶叫してしまった。
    こんなバカスでも地元企業の女社長です・・・。

    34 :名無しの心子知らず 2018/08/31(金) 21:53:48 ID:mu18bvDS.net
    ステンレスの水筒をぶん投げられて私の手の甲にヒット
    めっちゃ腫れてきて痛い。痛みと情けなさで涙が止まらない。

    155 :名無しさん@おーぷん 2017/06/09(金) 17:35:44 ID:lbm
    10年以上前の話

    地元の友達Gと2人で遊んでた時に近所の遊歩道に繋がる階段で何を血迷ったか
    階段脇の坂をチャリで滑り下りようぜと提案

    俺が先に行く事になって坂の上に就くと思っていた以上の勾配でビビるも
    「ここで止めてチキン呼ばわりされるのもなぁ」
    と思い、
    「最悪ブレーキかけながら行けばなんとかなんべw」
    ということで思い切って行くことに

    その階段は30段くらいで10段おきに踊り場があった

    最初の踊り場にはノーブレーキで辿り着いたものの、
    予想以上のスピードでビビった結果、
    2つ目の踊り場に着く直前に急ブレーキをかけたんだ

    右手で

    529 :おさかなくわえた名無しさん@\(^o^)/ 2014/05/16(金) 23:33:57 ID:r36rX4rr.net
    同棲中、恋人の飼い犬の足を折ったこと。

    今まで犬は可愛いと思ってたけど、実際同じ家に住んだら色々我慢出来なくて、実は嫌いだったんだと自覚させられた。
    更に、躾もまだの仔犬だったのに、私が犬を叱ると恋人が厳し過ぎると私を怒った。私から見れば甘やかし過ぎだった。
    そんな状態が続いてうんざりしていた時、無駄吠えをやめないのにとうとうキレてしまい、柵から引きずり出してそのまま床に投げた。
    外出していた恋人には散歩中に階段から落ちたと説明した。

    恋人は好きだったのでその後もしばらく付き合ってみたが、犬の所作にキレて首を締めたり叩いたりする自分を止められず、嫌気がさして別れた。
    犬の件は一切話していない。

    684 :名無しさん@おーぷん 2017/01/16(月) 19:38:04 ID:6eZ
    娘が2歳のとき、街中で暴漢に襲われたことがある
    相手は知的な障害のある人だったんだけど、ふいに何かがスイッチになってパニックになったらしくて
    周りにたくさん人がいる中で、私の娘を標的に定めて襲ってきた
    とっさに娘を抱え込んで亀みたいな体勢になるのが精一杯だった
    結果的に私は肋骨と骨盤を骨折して内臓が一部破裂したけど、娘は服が汚れただけで済んだ
    精神的な傷が怖くてずっと経過を観察してきたけど、特に記憶にも残らなかったみたいで
    トラウマめいたこともなく、無事に成人してくれた

    それから20数年たって、娘が嫁いでいくことになった
    結婚前にお婿さんがうちに来て、お酒を飲みながら皆で娘の小さい頃の話なんかしてたんだけど
    娘が「小さい頃、お母さんに襲われたことがあったよね」って言い出してええってなった
    話を整理すると、
    ・デパートの前で大きなぬいぐるみを見てたらいきなりお母さんが抱きついてきた
    ・苦しくて離してって叫んでたのに離してくれなくてすごく怖かった
    ・お母さんの顔がすごく険しくて、かっと見開いた目が怖かった
    娘の見た光景は、確かに暴漢に襲われたときのものと一致してた

    これまで娘の傷を刺激してはいけないと思って当時のことは話したことがなかったんだけど
    まさかそういうふうに記憶していたとはorz
    真相を話したら驚いてたよw
    そのあと披露宴で、母への手紙でその話に触れて
    「私に子供ができたら、きっとお母さんみたいに命がけで子供を守れるような母親になります」
    って言ってくれて泣けたw

    すごく痛い思いをしたけど、今じゃ笑い話にできてよかった

    このページのトップヘ