驚愕

    91 :名無しさん@おーぷん 2016/03/14(月) 13:41:03 ID:???
    余命半年と言われたのに、旦那と離婚して義理両親の介護を辞めたら
    ガンが亡くなった。うそに聞こえるかもしれないけど、セカンドオピニオンでも
    同じことを言われたのに、本当にきれいに消えてた。
    医者がマジでびっくりしてた。
    余命宣告を受けてからもう今年で6年になります。

    224 :名無しさん@おーぷん 2015/06/30(火) 10:06:18 ID:8WI
    ふと思い出したので書いてみる

    私は40歳の主婦
    旦那と子供と暮らしている
    実家は市内にある

    1年くらい前に実家の母から連絡があった
    高校3年の時の同級生(A子)から実家の家電に電話があり私と連絡がとりたいと
    A子は珍しい苗字だったからなんとなく覚えてたけど
    卒業後は会ってなくて、その程度の仲だったただのクラスメイト
    嫌いではなかったけど、他に連絡取ってる親しい友達もいるし
    A子との仲はそこまでではなかった

    A子の電話番号を教えられたけど、折り返し電話する気はなかった

    高校の同級生が名簿で調べて連絡してくる用件なんて

    1 極限の金コマで借金の依頼
    2 生保の勧誘
    3 車や住宅の販売の勧誘
    4 何十万もする高級下着の勧誘
    5 ○ムウェイ系のネズミ講ビジネスの勧誘

    これくらいしか想定できなかったから
    メリットはなくてデメリットしかなさそうだったし

    2 :名無しさん@おーぷん
    >>1乙でございます!

    義実家でトメさんが大トメさんを介護してた時のこと。
    大トメさんの介護に九州男児タオパンパなウトさんの世話、まだ学生の旦那達兄弟(旦那は長男)の面倒を見て大忙しのトメさんに、旦那がプレゼントをあげたことがあるらしい。
    そこまで聞いて
    「さすが旦那くん!優しいね!」
    と思っていたら、プレゼントの内容を聞いて驚愕。
    大トメ用ピンポン&トメ用ピンポン受信器のセットだったらしい。旦那いわく
    「少しでも母さんが楽になるようにって思って。無駄に様子見に通うことなくなるだろ?」
    との事なんだけど、そんなの余計にトメさんが拘束されるだけじゃん…と思いながら続きを聞いたら案の定、まだらボケの大トメさん、些細な用事でピンポンしまくってトメさんの仕事倍増。
    限界に達したトメさんが没収したためピンポン制度は撤廃。
    旦那は未だに
    「いい案だと思ったんだけどなぁ」
    なんて言ってる。
    …明日は我が身なんじゃないかと、ヒヤリとした。

    このページのトップヘ