272 :名無しさん@おーぷん 2014/12/21(日) 23:31:43 ID:f5Z
    自分が今よりもっと馬鹿だった時代の話。

    まだ学生だった若い頃、人生初めての彼氏が出来た。バイト先のハンサムな年上男性だった。
    嬉しくて嬉しくて、彼の好きなタイプの女の子になろうと必タヒで努力しながら付き合ってた。
    フルメイクは肌が弱くて苦手だけど頑張った。寒くてもひざ上スカートに生足だった。

    ある日彼と駅のホームにいたら、口論してる恋人らしい若い男女がいて、
    いきなり男性の方が女性のお腹をアッパーで殴って、女性が苦しげにうずくまってた。

    驚いて「え、ちょっとアレ!!駅員呼んで来よう!!」と彼に言ったら、
    彼がゆっくり首振って、「余計な事しない方がいいよ。彼女が悪いのかもしれないだろ」と言われ、
    「え・あ、あ・・・そ、そうかー」となり、彼に手を引かれてホームに入ってきた電車に乗り、
    降りて別れ、家に帰り、お風呂に入ってて、「あー」と温まった後、

    そこでやっと稲妻に打たれたように、「ええええ!?おかしいでしょ???」となった。

    彼と別れるのは簡単だった。「別れたい」と言ったら「あ、そう」だった。
    「彼女が悪かろうが何だろうが、人を殴ることもそれを止めずに傍観することも犯罪だった」
    という話は、気持ちのいいほど全く理解されなかった。

    彼が見たことのない人に見えた。
    人というか、人のふりをしてる何かに思えた。目が空っぽだった。

    その後ちょっと男性不信になったが、今は優しい旦那に恵まれて幸せにしてもらってる。













    855 :名無しさん@おーぷん
    以前衆人環視の中で急病人が出ても周りの人間は無関心みたいな話を聞いて、さすがにウソだろ、誰かしら通報くらいするだろと思ってたけど
    社会人になって1年目、実際に自分が通勤中に駅で電車から降りた直後に頭痛に襲われて気絶した時、目が覚めて時計を見たら10分くらいたってたけど
    誰も介抱も何もしてくれなかったことがあった
    目を覚ましても周りの人間は遠巻きにして目をそらすだけ
    実際単なる過労だったから重病でも何でもなかったとはいえ、駅のホームで10分ほど気絶してても誰も駅員への通報すらしてくれないとは思わなかったな
    まあその代わりに気絶してる間に荷物や財布をすられてたとかそういうこともなかったけど

    218 :おさかなくわえた名無しさん@\(^o^)/ 2016/06/23(木) 21:08:12.39 ID:hTjpP78d.net
    小学1年の時田舎に引っ越してきて余所者+チビだったために苛められていたA
    (私はピザだったので同じく苛められていた)

    Aは高校で引っ越したために約9年苛められていた
    虐めの内容としては暴言暴力物隠し物壊し。
    そんなAがこっちに遊びに来るというので駅まで迎えに行った
    駅には当時のいじめっ子(代表をBとする)達が遊びに行くかなんかで集まってた
    やばい!と思う間もなくAが駅についてしまいB達と鉢合わせしてしまった
    B「あれ〜う〇このAじゃんw」(彼はいつもAをそう呼んでいた)
    A「……」
    B「相変わらずちっちぇなw」(Aは今年21だが146cm)
    A「……」
    B「なんかいえよw」
    うざ絡みするB。
    周りはBくん止めなよwって感じ
    で、下を向いてたAが顔を上げた
    A「言っていいんだ?じゃあ言うね」
    A「あんた21にもなって恥ずかしくないの?
    あんたのお兄ちゃんをコロした奴らとおんなじことしてんだよ?悔しくないわけ?」
    A「それとも優秀なお姉ちゃんを構いつつ
    忙しく働くお母さんに振り向いてもらいたかったからまだこんなことしてるのかな?」
    A「可愛そうな人だね。あの時私はあんたのお兄ちゃんのようにシんでやろうかと思っていたよ」
    その場の全員ぽかーん
    後で聞いた話によるとBは兄がいたけど、偏差値の高い高校に行ってから酷い虐めにあいジサツ
    それがきっかけで両親は離婚した
    だがそうなると近所に対する外聞が悪いので、そのあたりの地区の人々は口を閉ざしていたのこと
    A「よかったね、私らがシななくて。お兄ちゃんは虐められてシんで、私達を虐めてシなせたって言われるところだったね」
    B「な……あ……」(口ぱくぱく)
    A「でも、私がそこの人らにお兄ちゃんのことばらしちゃったね。秘密にしてたのにね?ごめんね?可哀想なBくん。じゃ、行こうか私子」
    私「アッハイ」
    私はチキンなところがあり言い返すなんてことは決して無かったからスーッとした
    と、同時にめちゃくちゃに言われて泣いてたAはもういないのね、となんか母親のような気持ちでもあった

    382 :名無しさん@おーぷん
    だいぶ前の話吐き出す
    酔ってて文変かもごめん

    数年前うちの最寄り駅にキチガイの女がいた
    ホームで電光掲示板を見上げながら歩いてたり、歩きスマホしてたりすると
    必ず寄っていって、ドン!と当たりにいくやつだった
    ちなみに最寄り駅は大きくなくて、混雑してるわけではない駅

    私も一度、電話しながらホームを歩いてたらやられた
    「何すんの!?前見なさいよ!オバサン!」と叫ばれた
    (その女は50くらいに見えたが)
    呆気にとられてる間に去ってしまい、取引先と電話してたのでそのままになってた
    その後、通勤するときにその女を何回か見た
    老人、子供、女性なんかがしゃきしゃき歩いていないと
    すっと近づいて後ろからドンとやる
    階段で、目の見えない人にぶつかって「ちょっと!」とやったとき
    私の身内も目が見えない人がいるので本当に頭に来た

    なので、後日わざと歩きスマホした
    スマホに鏡シートを貼ってたので、それでさりげなく後ろを見たらもちろんついてきてた
    十分近づいたと思ったところで、思いきってくるっと振り返った
    私としては「どこに目つけてんの!オバサン!」くらい言ってやろうかと思って
    けど、女はびっくりしてバランスを崩したのか数歩よろけて尻餅ついて隣の線路に落ちた
    引きあげる前に電車が来てしまった
    女は命は助かったけど、お察しください

    駅員さんには「電光掲示板を見るために振り返った」と言った
    (実際、そう言い訳できるよう場所も決めてあった)
    接触してないからか、それで終わった
    そのときの事は割と頻回で思い出す
    すごく泣きたくなるときと、まあ別に……というときとがある
    でもこれだけは言いたい
    わざとじゃなかった

    このページのトップヘ