馬鹿にする

    442 :名無しの心子知らず@\(^o^)/ 2016/06/26(日) 14:50:57 ID:MJftBUVN.net
    口の聞き方や態度があまりにも酷いので注意すれば逆ギレ
    特にこの春県内でもトップ校にめでたく合格したんだが
    それ以降更にひどくなった気がする
    それまではわかることは教えてあげてたんだが
    「これわかる?あ、わかんないかw貧乏だったんでしょwww」
    私は毒親育ちと貧乏のせいで中卒で働いて定時制に通い数年後結婚
    子供は幸い出来が良くて勉強を進んで頑張る子に
    受験の間は塾は勿論家庭でもわかることは答えてあげてサポートしたつもりだった

    だけど夫には言わない暴言や上から目線の物言いが酷くて注意すると逆ギレ
    夫は聞いても「ストレスが溜まって甘えてるんだよ」と我関せず

    通塾や進学校の選択も自分、私は一度も他の子と比較したりオシリを叩いてそんな所に行かせたわけじゃない
    寧ろ止めたくらいだし、それを押し切って受験したので最終的には
    私みたいになって欲しくはないので全力で応援したつもりだったのに…
    何がいけなかったんだろうと情けなくて涙が出てくる
    夫は味方にも頼りにもならないし、私だってストレスで潰れそうだよ…
    いつまで続くんだろう。周りからは自慢のお子さんと思われててそれも辛い

    486 :名無しさん@おーぷん 2018/03/26(月) 11:10:32 ID:4VK
    数年前に辞めた前職の話。
    料理が好きで一通りのものは作れる男だけど、俺が料理できると知ると
    料理を全くしない(できない?)人からなぜか冷笑やイヤミのような態度を取られたのが謎だった。
    職場に弁当を持っていって、彼女の手製か?とからかわれたんで自分で作ったと答えたのが料理できるとバレたきっかけ。
    男の先輩には「男で料理するとかカマなんじゃないのwwwやめてくれよ俺はその気はないぞww」と思い切りバカにされたし
    女の人には「良くやるよねぇ~・・・でも女の人からはちょっと引かれちゃうかもね~・・・プッww」と嘲笑された

    飲み会のたびに「これ(ツマミ)お前自分で作れるんじゃないの?いくらで作れるの?」と聞いてきて
    「○円くらいすかね~?」と答えると
    それが高ければ「わざわざ手間かけて外食とほとんど変わらんとか頭いってんなww」
    逆に安ければ「じゃあお前は一人で家で飲んどきゃいいじゃんwww」
    魚捌けるのかとか生肉触れるのかとかわざわざ聞き出してきて、「うわ~~良くやるよww」とか。

    ひとしきり俺をバカにした後は、
    「料理とかやる必要ある?!調味料とか買い揃えたら何千円もかかるしバカじゃねーのかww」
    「料理する時間を時給換算したら外食しない奴はアホw今の時代はコンビニで十分w」等と、料理しない談義に花が咲く
    少し前にどっかで、牛丼は自分で作れば激安だから独身男性も作ってみろ的なネタがバズってたが
    あれに対して必タヒで反論してた料理しない組が、まさにあいつらと全く同じ反応だった。
    拒絶反応というか、まるでコンプレックス刺激されたみたいに過剰に反論するんだよね
    料理に親でも杀殳されたのか?っていう

    そもそも自作弁当を持っていったのは、それまで外回りだったのが内勤に転属になったからで
    外回り時代はみんな普通のいい先輩だった
    内勤の方が人気の高い職場だったから、転属に対する妬みもあったのかもしれないが。
    料理できる人や料理好きな人は同情してくれて、色々フォローしてくれてたけど、
    イジリが飛び火したらと思うと気が気でないし申し訳なかった。そして結局は別の理由でその会社は辞めた。
    なんか散漫になったが何が言いたいかというと、
    料理しないのは自由だけど、料理する人を逆にコケにする神経はわからんという話

    712 :可愛い奥様@\(^o^)/ 2016/02/28(日) 17:04:32.60 ID:4g95+Imo0.net
    今は亡き祖母から聞いた話。

    女学校時代の同級生のA子さんは、美人で有名だったけど、
    自分が美人なのを鼻にかけ、お世辞にも美人とはいえない同級生に、
    「あんな顔で、まともな結婚できるのかしら?」
    と言い放っていたみたい。

    A子さんは美貌を見込まれ、老舗呉服店の若旦那と結婚したが、
    結婚直後に呉服店が火事になり、顔に大火傷を負ってしまった。
    火事の後、若旦那は他の女に走り、愛人が男児を生んだため、
    A子さんは「お前は用なし」と三行半を突きつけられ、自さつしたって。

    祖母の話を聞いて以来、自慢話などは絶対にしないと決めた。

    このページのトップヘ