養子

    93 :名無しさん@おーぷん 2017/09/26(火) 13:25:11 ID:6pr
    我が家の子供達は男男女の順の3兄妹。
    長男と次男は年の離れた妹が可愛くて可愛くて仕方ないらしく、接し方はまさにお姫様扱いといった感じw
    毎日2人で「今日は僕がお世話する!」「いや、今日は僕だ!」とお世話係を奪い合ってる。
    (ちなみに長男8歳、次男6歳、長女1歳。)
    そんなうちの子達を自分の子供にしたがる義兄嫁がウザい。
    私や旦那に会う度、「お願い…。私を子供達のママにさせて下さい…。ちゃんと必ず幸せにしますから…。」と泣き縋るんだ。
    なんでも、我が家の子供達が理想そのままなんだとさ。
    3兄妹という所も、男男女という順番も、妹を奪い合うお兄ちゃん達って姿も、とにかく何から何まで理想通りなんだって。
    子供の事に関しては同情するけど、だからと言って自分の大事な子供をはい、どーぞであげる訳ないでしょうよ…。
    子供が作れないなら作れないで諦めるか養子でもとりゃいいのに。

    202 :名無しさん@HOME 2018/05/09(水) 10:42:39 0.net
    文章力ないのでわかりにくかったらごめんなさい
    我が家の長女の実の親は義兄夫婦
    ウトメが当時2歳前の長女がネグレクトでやせ細ってるのを発見して保護
    夫や単身赴任中の義兄へ連絡して、話し合いを拒否した義兄嫁を除いた家族会議に私も出席
    話し合いを通じてわかったのは、義兄も長女に無関心だったこと
    ウトメが引き取るのでまとまりかけたところに、私たち夫婦が待ったを
    ウトメは義兄出産時点で高齢出産だったため、当時すでに60を超えていて、長女が成人するまで健在かどうかわからない
    そして私は婚前に患った婦人系の病気で妊娠するのは低確率
    その後夫と散々話し合い、子供が欲しかった私たち夫婦は決心して我が家で引き取ることに
    その時点で義兄嫁は単身赴任中の義兄の元へ、養子にという話も関心がないらしく、好きなようにしてくれと
    義兄も引き取ってくれるならどうぞという姿勢
    手続きをして正式に我が家へ長女を迎えた
    育児は大変だった ネグレクトされていてもママが恋しくて泣く長女にこっちまで泣きそうになったり
    しかし途中で投げ出すくらいなら最初から引き取ってないと、ウトメの力を借りながら夫と必タヒに育てた
    何ヶ月もすると長女に実の親の記憶がなくなったのかママと泣かなくなり、言葉をきちんと話せるようになると私たちをパパママと呼ぶように
    数年後幸運にも長男に恵まれ家族4人幸せに暮らしていたのに
    先日義兄嫁が突然我が家に来た
    家は戸建てで住所が変わってなかったです
    15年音信不通だったので最初は誰かわからなかったが自己紹介されて何で今頃と
    長女に会いたい、ずっと忘れられなかったという義兄嫁に物凄く憤った
    長女は自分が養女だと知らないので、下手をうてば長女が傷付くと思い、長女は外出中で本人の意思を確認したい、時間をくれ、連絡はこちらからすると伝えて引き取ってもらった
    夫とまだ健在であるウトメへすぐ連絡、当然激怒
    長女は大学受験を控えていて義兄嫁のことを教えたくない
    時期が来たらいずれわかることなので話すつもりではあるが今ではないなと
    念のため弁護士を探しているが義兄嫁が凸してきて長女が傷つくんじゃないかと心配でならない
    それに母親なんだから会う権利があるの言葉にも本当に憤る

    47 :名無しさん@HOME 2012/06/26(火) 21:56:44 0
    父親が、浮気相手の子(兄)をいきなり連れて帰ってきた。
    浮気相手が、黙って勝手に産んで、他の男の子どもと偽って結婚して
    暮らしてたらしいんだけど、バレて離婚して子どもおいて失踪したみたいで、
    浮気相手の親が、父親と名指しされた父の職場に、その子の手をひいて
    おしつけて、去っていったらしい。

    いきなり兄の存在を告げられ、おしつけられた父親は、困惑しながらもうちに連れて帰ってきた。
    母は「何で!」と怒っていたし、俺も土下座する父とかを見て、オロオロしてた覚えがある。
    でもけっこう早い段階で、全員で一緒に晩ごはんを食べることになった。
    トンカツとか、そんな普通の晩ごはんだったと思う。
    その時俺は、一人っ子で、何かひねくれていて、家で親の言うとおり、まじめにするのが何か
    恥ずかしいと思っている子どもだった。食事も好き嫌いはないのに、何となく○○は食べたくないと
    偏食してみたり、親が注意しても、箸をきちんともたなかったり、ひざたてて食べたりしていた。
    兄は箸の持ち方も食べ方もきれいで、父が食事の最中、「こうでなきゃ」みたいなことを言った。
    それを聞いて、何となく負けたくなかった俺は、今までやらなかった、行儀のよい食べ方をしだした。
    好き嫌いもせずに食べた。
    それを見て、母は「この子は兄弟がいたら、こんなにちゃんとするのか」と思ったらしい。
    それだけじゃないとは思うけれど、それきっかけで、母は兄をひきとることを決め、
    そのまま兄はうちの子になった。
    俺が小学4年生、兄が小学5年生の話。8ヶ月差の年子だったから、それからも
    兄ができることは俺もできる、みたいな感じで、宿題とか勉強もするようになり、
    ひねくれてた俺は、まともに大学までいけるようになった。

    兄は兄で色々思うことはあったと思うけど、今は最初から4人家族だったみたいに
    普通の家族でやってくれてる。
    今思うとあの場にいた俺以外の3人すごいなーと思う修羅場。

    452 :名無しさん@HOME 2017/12/18(月) 04:27:18 0.net
    けっこう痛い話かもしれない。
    読書感想文が原因で、自分でもわからなかった虐待親から逃げることができた。

    小学生のころ、普通に親と仲良しだと思ってた。
    怒ると怖いだけだと思ってた。
    むしろ、暴力ふるってくる傲慢な兄が本当に嫌いだった。

    読書感想文は大好きなハリーポッターのことを書いたのだが、
    漠然と、私とハリーポッターは似ている、みたいな書き方しかできなかった。

    当時の担任がちょっとねちっこいしゃべりをするから
    あんまり子供に人気がなかったんだけど、
    似てるって何が似てるの?これじゃわからない、きちんと書きなさい
    やる気あるの?って怒られて
    「お兄ちゃんいるけどハリーポッターのところのダドリーみたいな感じ」
    「親もあんな感じ」
    「学校にいるときはすごい楽しい」
    みたいなことを言ったら黙って、ピリピリしてる教師が青くなったのが今でも思い出す。

    校長と教頭に家庭環境を詳しくきかれて、答えていたら騒がしくなってしまった。
    親を呼ばれて、その日帰ったら母親が金切り声で叫んで
    後ろをむかされて何かすごい固いもので殴られたんだと思う。
    痛くて頭がくらくらするしで泣いていたら、外にだされた。

    そこから近所の人に保護されて学校に話が行ったのか、
    私は伯父の養子になった。
    大人になってから、あれは虐待だったんだなぁとぼんやり思う。

    234 :名無しさん@HOME 2017/11/13(月) 14:12:22 0.net
    娘が産まれた時、私の実家でも旦那の実家でも初孫だった。旦那は婿なので、もちろん娘は私の実家で暮らし、籍もこちら。
    初孫フィーバー真っ最中の頃、義母が突然
    「この子(娘)をお兄ちゃん夫婦に養子に出しましょう」
    と、言い出した。
    義兄夫婦(旦那実家同居)は結婚してしばらく経つものの子宝に恵まれず、年齢的にもそろそろ考えないとという時期でした。
    私たちは知りませんでしたが、もしかしたら計画小梨だったのかもしれません。
    そんな義兄夫婦に私たちの娘を養子に出すと言い出した義母、義父は空気、旦那はアタフタ、私両親愕然…
    ダメだこいつら、と思いつつ旦那に
    「私らは20代前半だけど、お義兄さんたちはもう30超えてるよね」
    と、カマをかけたところ
    「そうだよね、俺達にはまだチャンスがあるよね」
    なんて言い出したので、旦那の会社の寮に叩き出した、ここは私の実家だ!と両親と組んで旦那を追い出し、義母とは私実家で話し合いに。

    義母は戦時中の混乱で、色んなところに養子としてたらい回しにされていたので、養子ということに抵抗がないらしい。
    私両親は義母より10は年下なので若干引き気味。
    離婚もチラつかせていたら、旦那から連絡がいったらしい義兄夫婦が駆け付けて、義母を〆めて連れ帰ってくれました。
    義兄夫婦は何も知らなかったらしく、長男夫婦より先に子を産むなんて!と騒ぐ義母を義兄がビンタ。
    その後、義兄夫婦が3年以内に子供をつくるという条件で、このことは白紙に。旦那も戻ってきてうちで肩身が狭い生活をしばらく送りました。
    そして2年後、義兄夫婦に子供が出来てからというもの、義母は別人のような優しいおばあちゃんになり、内孫外孫関係無く接するようになりました。
    義母ももう余命幾ばくかですけれどね。

    その時産まれた娘がもうすぐ成人式です。

    このページのトップヘ