電話

    503 :名無しさん@おーぷん 2018/04/03(火) 21:30:27 ID:WvF
    今日ファミレスの出前を頼んだらソースがかかってなかった
    電話したら作り直しますか?って聞かれたのでソースだけ持ってきてもらえますかと頼んだ
    届いた時にはちょっと冷めてたけど

    っていうのを帰ってきた旦那に話したら「クレーマー」と言われてしまった
    旦那的には持ってきてもらったのが怖いってことらしい
    お店のミスだし怒鳴ったわけでもないのにクレーマーと言われたのが納得いかない
    正直今もモヤモヤして私が悪かったのかと悩んでる

    641 :名無しさん@HOME 2007/04/14(土) 08:03:17
    昨夜、仕事の接待飲みで無理に酒飲んで泥酔し、家に着いたのが確か夜中2時。
    倒れるように寝込んですぐ携帯に電話があり朦朧としつつ取った瞬間トメの
    「ちょっと嫁子?今日コトメちゃんちに行きたいから今から迎えに来て!
    まだ早いんだから息子くんを起こさないように静かにね!」
    みたいな内容の(多分)キーキー声が聞こえてきたので夢かと思い
    「ウルセーバカ」
    と言って切ってまた寝た。

    今起きて着信履歴見たら、朝5時半に確かに義実家から着信がある…
    ゆ、夢じゃなかったのかよ!冷や汗が止まらない。
    決定的な苛めはないものの、息子(私の夫)LOVEでたまーにチクチク嫌味を言う人で
    (例:「妻が家にいないで働くなんて息子ちゃんが可哀想」
    「産まれる子供が貴方に似てたら可愛がれないわ、やはり男前の息子ちゃんに似ないと」)
    いつも「あははそうですね」で華麗にスルーしてたんですが…本当に夢だと思ったんだよぅ。
    それにアッシー頼まれたのも初めてだわ(二日酔いだからどうせ運転できないけど)。
    さてどうしよう。夫はまだ爆睡中。

    266 :名無しさん@おーぷん 2017/10/20(金) 11:56:24 ID:lhx
    もう無理だ。部長に直訴しよう。
    うちの会社は全員に会社携帯が支給されてて、内容を残すって意味で基本はメール連絡、急を要する時のみ電話って使い方をしてる。
    もちろんこの事は新人達にも配布時に伝えてある。
    けどその新人の1人が守らない。
    というか一般的に考えてもおかしい。
    今朝も早朝4時に新人くんから電話があって何事かと出てみれば、
    「今日の会議ではお茶を用意すればいいですか?コーヒーですか?」
    …それ今すぐ聞かなきゃならない?
    んなのどっちでもいいよ…。
    てか会議16時からなんだから会社に着いてから誰かに聞けばいいんじゃないかな…。
    こんな事が多々あり過ぎて部下達から苦情刹到、なんとか宥めてたけどもういいよね…。

    22 :名無しさん@おーぷん 2018/06/28(木) 22:22:49 ID:4oK
    この間あった新人歓迎会の愚痴

    個人経営の小さい会社に就職したんだけど、先月の最終金曜日の夕方に上司から突然「今日君の歓迎会するから。場所はいまから探すので決まったら呼ぶから君は一度帰宅して自宅で待ってて。」
    といわれたんだ。
    だから待ってたんだけど2時間しても3時間しても連絡がこない
    えんえん待ちくたびれてもうすぐ21時になるころにやっと連絡が来たので行った所…

    ほとんど宴会終わって食事もわずかな残り物しかなかった…

    (なんでこんなことに?)と思ってたら、上司が宴会に来て早々に酒を飲みまくって連絡をわすれてたらしい。
    1時間しても俺がこないので他の人に聞かれて「連絡するの忘れてた!いま連絡してくる」って店の電話を借りて電話するも通話中でつながらない。
    10~15分後に再度店の電話でかけるも通話中x5回
    他の人には「あいつ、なんど電話しても通話中のままだ。なにしてやがんだ!」と怒りまくりで周囲も俺に対して文句いいまくる
    ところが専務が言った一言で大騒ぎ
    専務「〇△さん、もしかして新人君の電話番号を間違ってませんか?」
    上司「間違ってませんよ!ちゃんとこの店の壁に書いてある番号を見ながらかけてます!」
    専務「え?なぜ新人君の電話番号がこの店の壁に張り紙してあるんですか?」
    上司「あ…あれ?・・・・・・・・・・・・・・・あっ!!」

    そう。酔った上司がかけていた電話番号はこの店の電話番号だったんです。
    そりゃ何度かけても通話中だよな。
    あれからちょーーーとばかり上司とギクシャクしてるけど、なんとかやっていこうと思う

    このページのトップヘ