離婚

    579 :名無しさん@HOME 2006/09/04(月) 13:13:52
    前夫がDV野郎で、着の身着のままで逃げたんだけど
    一番最初にスイッチが入ったのが
    「目玉焼きが半熟じゃない」だった。
    いきなり皿ごと私に向かって投げつけて
    よろめいた所に殴りかかってきた。

    それからはお決まりのコースなんだけど
    目玉焼きは週に5回は作らされて、その度に殴られてた。
    半熟にしたら「今日は固焼きがよかった」でバーン。
    どの焼き方がいいか聞いたら「その聞き方が悪い」でバーン。
    半熟にしたら「もうちょっと固まらせろ」でバーン。

    未だに目玉焼きは嫌いだ。

    154 :名無しさん@お腹いっぱい。 2017/11/28(火) 01:04:56 ID:demycx8p0.net
    結婚3年目
    帰宅すると嫁が間男と結合中だった
    間男は俺の友人だった
    俺は気付かれ内容に自宅を出た
    各友人達に連絡して総数8人揃ったところで凸(中の1人は間嫁)
    8人で撮影会開始した。
    嫁が布団かぶって隠れたが撮影会は10分ほど続いた

    猿2人に服を着せ、みんなで囲い尋問開始
    なんか「遊びだった」「愛しているのはあなただけ」「子供ができたら精算するつもりだった」等
    グダグダ言い訳していたので事実だけ喋るように拳で誘導

    スマホ取り上げて確認すると、少なくとも不倫期間は4年は過ぎている
    つまり、結婚前からになる

    52 : ◆AaaLpIWRQA 2011/12/26(月) 20:11:33 0
    元夫はこの辺りではほぼ誰もが乗り換えに使う駅のそばに住んでます。
    離婚原因は元夫の浮気です。
    元夫最寄り駅のそばのデパ地下で、浮気相手と夕飯の買い物をしている所を当時中学生の娘が偶然見てしまったんです。
    娘はしばらく不登校になるし、大変でした。
    今は元気な高校生ですが、受験生なので元夫に関わらせる気はありません。
    結婚していた時はこんなモラハラじみた話し方ではなかったです。
    一括で養育費ももらったし、弁護士相手にごねたりもしなかったし。
    次からメール本文です。

    クリスマスイブもクリスマスも、娘は可哀想に引きこもっていたんだね。
    元夫最寄り駅に来なかったもんな。
    娘もさ、クリスマスプレゼントぐらい欲しいと思うよ。
    そりゃお前の身勝手で娘から父親奪った後ろめたさ、俺に似た娘の利発さへの嫉妬、貧乏、お前のものぐさ、いろいろな理由はあるだろうけどさ。
    でもソレって、お前が俺に彩まって帰ってくればいいだけの話だよなぁ。
    わかるか?
    全部解決するんだよ、お前が非を認めたら。
    まぁそれだけお前だけが悪いってコトではあるんだがなぁ。
    そろそろ反省できないかね。
    まだ今なら娘にお年玉は用意してやれるよ。

    806 :名無しさん@お腹いっぱい。 2009/02/06(金) 13:58:20
    メシマズな嫁と離婚したんだが、
    今日で気団板も見納めなのでココで吐き出してもいいか?

    178 :名無しさん@お腹いっぱい。 2017/05/31(水) 01:09:04 ID:dxjdABSy0.net
    妻が浮気して私は離婚を切り出した
    毎日の妻の謝罪と子供の願いに根負けして再構築。妻は完全に許してもらったと勘違いしている
    2週間後にまた妻は同じ男と浮気をしたので今度こそ離婚と言ったら
    ベランダから飛び降りると脅してきた。私はもうこの生き物がなんなのかわからなくなった
    私は「飛び降りるならどうぞご自由に」と笑顔で言っていた
    妻も子供も驚いた顔していた。すぐに人でなし!白状者!と罵倒されたが私はもうこいつらが何を言っているのかわからなくなった
    また「ああ、わたしは人でなしかもしれないね」と笑顔で言ったあと泡を噴いて気を失った
    救急車で病院に運ばれ医者からは極度のストレスと過労と言われた。検査したら胃が凸凹の形をしていた
    1週間入院したがその間妻も子供も見舞いには来なかった
    看護師曰く入院して3日は意味不明なことを言っていたらしい
    退院して自宅には戻りたくないが帰るところはそこしかなかったので仕方なく帰った
    妻と子供はいなかったので一安心した。それから妻と子供を見ることはなかった
    ただ仕事もいかずに平穏な日々だった。何をしていたのか覚えていないがとても心地よかった
    だが3ヶ月ほど経った頃寝ていたら私を呼ぶ声がした

    このページのトップヘ