障害者

    902 :名無しさん@おーぷん 2017/08/20(日) 09:34:35 ID:BVG
    流れぶった切りでカキコします
    バカみたいな内容なのですが
    隣の家に住んでいる障害者の男性に付きまとわれて大変だった話
    付きまとわれてるのは私ではなく夫
    私が買い物から帰ってきたら庭から旦那の叫び声が聞こえて慌てて向かうと
    下着姿の隣人(パンツ一丁)の男性が旦那に覆いかぶさってる姿が
    旦那が泣きながら振りほどこうとしても物凄体格でびくともしない
    私が引き剥がそうとしてもびくともしない…
    向こうの親が止めに入ってやっと介抱されたのですが

    続きます

    970 :名無しさん@おーぷん 2015/01/24(土) 20:19:08 ID:Psv
    上司の姪御さんと見合いした時、双方納得の上でお互いの家に素行調査を入れることになった。
    見合いだし念には念を入れってことで。
    そしたら「貴方の親族に前科者がいる。これはちょっと…」と言われた。
    え??と仰天する俺と家族。
    チャッカマン並みにすぐ火がつくうちの親父がブチギレて
    「うちには前科者なぞいない!ケチって安い興信所に依頼したんだろう!」と
    相手は上司なんだからもっと穏便にと言っても止まらないキレっぷり。
    しかし確認してみると、
    知らん間に従兄弟がほんとに前科者になってました……orz

    昔からちょっとおかしいとこのある従兄弟だったんだが
    オレオレ詐欺の手先の、金を取りに行く役をやって捕まり前科がついたらしい。
    その後、子供の頃なんだかんだ理由をつけてやらずにいた知能検査をしたら
    軽度の知的障害があると判明したそうで…
    身内に前科者&知的障害がいるということで俺アウト。
    知的障害だけなら破談はなかったらしいが
    前科者、しかも隠してた、親父のブチギレでスリーアウトチェンジだった。
    隠してたんじゃなく知らなかったと言っても後のまつり。
    知的障害を検査せず野放しにしてた従兄弟の親の存在もマイナスだった。

    俺は会社に居づらくなり数年後に転職。
    俺の家は従兄弟の家と疎遠になり、転職を機に俺も実家と疎遠になった。
    自分が結婚しちゃいけない人間のような気がしていまだ独身だ。

    201 :おさかなくわえた名無しさん 2008/07/21(月) 13:00:47 ID:9IH1qosu
    私がテレビで見たのは、障害者夫婦が子供をほしがって、支援団体の支援もあり
    生むことができてよかったんだけど、もう一人ほしいって言い出した。
    さすがに支援団体も「一人いる状態でも支援が大変なのに、これ以上子供ができたら支援できない」
    って何度も説得したのに、勝手に作っちゃって、支援団体が手を引いた。

    「支援してもらえないと子供が育てられない」って泣く障害者夫婦。
    障害者夫婦でももちろん子供を持ちたいだろうし、支援があって可能なら、支援してmロ合って
    持つこともいいだろうけど、その支援を当然と思っちゃったのかな。
    「障害者は子供が一人でがまんしないといけないの?」て泣いてた気がするんだけど、
    経済的な面で一人であきらめた夫婦だっているんだし、なんとなく同情できなかった。

    711 :名無しさん@おーぷん 2015/12/09(水) 23:22:27 ID:5H6
    想定を超える話というのはどこにでもあるらしい。

    裁判員制度が始まるちょっと前の事。
    役所は市民を集めて説明会のようなことをしていた。
    それに出席した母の話なのだが。

    母「障害者が裁判員に選ばれた時の事に関して質問が」
    お役所の人「はい、車椅子でも自由にできるようにさまざまな」
    母「いえ、視覚障害者や聴覚障害者の場合についてです
      そういった方々に情報や証拠を伝える方法についてなのですが」
    お役所の人「……部署に持ち帰ることにします」

    なぜ、お役所の人は障害者=車椅子だと思い込むのだろう。
    その後問題がどうなったのかはわからないままなんだけど、解決したんだろうか。
    お役所の人の想定の甘さにスレタイ。

    882 :名無しさん@おーぷん 2017/12/13(水) 23:14:25 ID:ZJZ
    実家の家族にスレタイ。
    障害者のことが入ってるので苦手な人はスルーしてください。

    先月末、実家で兄(40過ぎ)の結婚が決まりそうだと母から言われた。
    それはめでたい、相手はどんな人かと聞いたら、何と母も兄もまだあっていない
    母が誰か良い人を探してほしいと仲介者(本業ではなく趣味?)に頼んだ所、良い話の紹介があり、
    これからお見合いだと言った。でもお見合いと言っても何度か会って相性とか見るもんじゃないか
    と聞いたら、相手の女性が兄にべたぼれ、結婚したいの一点張りだと紹介者が言っているそう。
    紹介者を通じて、熱烈な求愛の手紙と写真が送られてきていた。

    相手の女性は20代だが、体が弱いため働いておらず、母親と一緒に良く出かける公園で昼休み中の兄を見かけ
    一目ぼれしたのだそう。兄が通勤で家の前を通るのを日々恋焦がれてみているとか。

    いくら何でも話がうますぎるし、どう考えても普通じゃない、
    相手をよくよく見た方が良い、と私は言ったが、母は完全に舞い上がってるし
    兄も相手がそこまで惚れてくれているならと乗り気だった。
    (兄は結婚願望はあるが人間関係にものぐさなところがあって、デートが完全ノープランで手配も全部相手任せで
    呆れられたりしたことがある。「相手が行きたい方に俺は合わせるし、行きたい人が動いた方がいい」という言い分)

    これまでに兄の結婚話が持ち上がって母の口出しで潰れたことが一度ならずあり、父に、
    相手をよく見ることと、母に余計な口出しはさせないようにくぎを刺したが、
    気のない返事だった。(兄はリードしてほしい一方で、母は従順でおとなしい年下を希望。
    そしてどちらも、自分の希望に対して高望み気味。一度兄が結婚しそうになったときは、
    食事会の席で相手の女性が酒は嗜むと言い、強い日本酒の冷酒を飲んだ(勧めたのは父なのに)
    ことがダメだ、酒を辞めさせろと兄にしつこく言い、兄が相手に鳩って振られた。)

    そしてこの前、相手の所に会いに行き、がっかりして帰ってきた。
    やはりというか、知的障害者か何かの、普通ではない女性だったらしい。
    外見は普通で奇行や奇声なんかもなかったけれど、兄に惚れているという割に
    兄の方を見ず母親にべったりくっつき、兄が話しかけてもニコニコするだけで
    母親が促すまで喋らなかった。
    例えは悪いけれど、よくしつけられたペットのようだったらしい。
    ずっと家にいて、家事なども「何でもできる」と言うが、ずっと母親がついて見ているという。
    兄へのラブレターも、本人は上手に字が書けず母親が「代筆」した。
    「体が弱い」といいながら、「健康だから」と通院もリハビリとかもさせていないという。
    話を聞いて、私は「優しい虐待」の類だと思った。

    相手に断りを入れたら仲介者に散々嫌味を言われたようで、母は「騙された!」と
    完全に被害者面で愚痴ってきたが、こんな前提のおかしい話に前のめりになることが
    まず母も兄も父も神経わからんし、
    そのうえで母が「兄がいじけてしまったから、誰か良い女性はいないか。
    贅沢は言わないから、若くてスレてないひとならどんなのでもいい」と
    全く今回の失敗を踏まえない条件を言い出すのも、さらに神経がわからん。

    母に直接言ってもまるで理解しないけど、このままでは兄は独身のままだろうな。

    このページのトップヘ