障害者

    230 :おさかなくわえた名無しさん 2018/08/15(水) 02:48:58 ID:rxyRlDQT.net
    さっき起こったこと、俺と言うよりほぼ嫁の修羅場。
    近所に、普段は施設に入ってる発達×精神を患ってる人がいて親世代は杖がないとダメな年齢。
    お盆時期だからか臨時帰宅していたようで、俺自身実家に戻るのも数年ぶりで完全に忘れていた「彼のお仕事」に遭遇した。
    彼のお仕事はゴミ出しなんだけど、なぜか彼は深夜2時にゴミを出しに家を出る。
    そして、あたりの十数件全ての家の玄関をガチャガチャと開くかどうか確かめて、うっかり鍵をかけ忘れていたら勝手に入ってくる。
    人んちの廊下をウロウロ、ブツブツ喋りながらウロウロ。二、三分で出て行くんだけどここで声をかけたりしたらパニックになって危ないんだ。
    親も彼が帰ってきてるのは知らなかったし、俺は俺ですっかり忘れてたんだけど、たまたま嫁がトイレに起きてたまたまそのガチャガチャに遭遇。キャ!なに!えっ!って感じで悲鳴をあげた(彼を知らないから当然)もんだから鍵は閉まってたけど、ドアの向こうで彼はパニックに。
    ドアをドンドン、ドアノブガチャガチャ、なんかブツブツ喋ってた。
    俺と両親は慌てて起きて嫁に小声で説明しながらとにかくパニックが落ち着いて帰ってくれる事を待ってたんだけど、5分経ってもそこにいる。
    仕方なく母が彼の家に電話をしたんだが、先にも記述した通り杖ついてるじーさんなんだ。
    耳も割と遠いようでなかなか電話に出ない。
    警察に連絡するかもう一度鬼電するか相談してると外が静かになった。
    多分帰ったんだと思う。彼の障/害については詳しくは知らないが、本当にゾッとした。
    そして嫁にも怒られた。本当に怖かった、空き巣かと思ったと。

    俺は小さい時からの習慣みたいになってたからもう気にもしてなかったし、だからこそ忘れてしまったんだろうけど、今年結婚して初めて一緒に帰省した嫁にとっては恐怖でしかなかったと思う。
    なんで赤の他人の為に俺がこんなに謝らないとならないのかって腹も立つけど、うっかり鍵をかけ忘れていたらって想像してしまって今現在俺が修羅場。
    目が覚めちまったよ…

    524 :名無しさん@おーぷん 2017/10/05(木) 22:47:11 ID:FMw
    先日、座席は全部埋まっていて人は結構立ってるけど満員では全然ない…という混み具合の電車に乗った。
    各停だったので人はそこそこ乗り降りするんだが
    ある駅で隣の人が降りて私の横が空いたとき、結構向こうから長身のおっさんが人を押しのけるように急ぎ足で来て、私の左隣に座った。
    よほど座りたかったのかな~くらいにしか思っていなかったんだが、様子がおかしい。
    私とおっさんの間には結構な隙間があったのだが、おっさんがじわじわ寄ってきて密着してきた。
    反対(右)側につめようにも、右側に座る女性と私は既に体が密着に近い状態。
    気持ち悪いな…と思ってたら、おっさんが突然頭をうな垂れて頭だけをこちらに向けた。
    寝たのか?にしては変な体勢だな…寝たんじゃなかった、おっさん私の下半身を覗き込むようにガン見してた。
    おっさんの頭が私の顔のすぐ斜め下にある状態。うわ、これ席立つべきか?と思った瞬間
    ワンピースの上からだったけど、太ももをさわさわ撫でてきた…
    思わず「ちょっと!」と声を出したらやめたんだけど、よく見たらおっさんは変なシャツとよれよれのズボンに
    幼稚園児みたいな名札をした障害者だった…たぶん作業所?とかに行くとこなんだろうか。

    もう次の駅に着くまで怖くて怖くて、立って逃げようか、この人痴漢ですって言おうか
    でも若くてかわいい子ならまだしも、30の生瀬勝久にそっくりなBBAが訴えても
    こんなデブスBBAが痴漢される訳ねーじゃんpgrとか思われるのでは?とか
    もし言ったところでそれって逆に差別になるのでは?…とか訳の分からんことをひたすら延々と考えてて
    その間おっさんは何もしなかったけど、下半身はガン見の体勢のままで
    次の駅までたった数分が長くて怖くて仕方がなかった。

    で、もう耐えられないって思ったから終点まで行く予定だったけど、次の駅に着いた瞬間飛び降りた。
    …フリをして、ホームには降りたけど、小走りでひたすら前のほうに向かい、一番前の車両に乗った。
    大事な用事があったし次の電車は待てなかった。
    一番前の車両は立ってる人が結構いて、座る場所もなかったので吊り革をつかんで
    ああ怖かった…勘弁してくれよ、と一息ついたら、すぐ真横に人の気配を感じてふと見たら
    おっさんが隣の吊り革持って私の顔をじぃっと見てた…つまり追いかけられてたorz
    驚愕しすぎて声は出なかったけど、息を飲んだし顔もすごい形相だったんだろうな
    おっさんはほぼ表情がなかったのに一気に怯えた表情になって、走るように車両を移ってった。

    それだけのなんてこたない話なんだが、もうあの時間が恐怖で支配されてたし、電車降りてもまだいるんじゃないかと後ろをいちいち見てしまってた。
    障害者相手とはいえ堂々と触られたこと、そういう人間が野放しにされてることに対して腹が立って仕方ない。
    保護者とか付けてほしい。
    今思えば、触られた時点で何かアクションを起こすべきだったんだろうけど
    未だにどうすれば正解だったのかが分からない。

    34 :名無しの心子知らず 2013/01/27(日) 17:10:21 ID:FTZy8Srs
    私は昔、事故で両足と片腕を失った。
    何の役にも立てないのに、私の面倒を見てくれる夫や義実家には感謝してもしきれない。
    私たちは子どもは諦めたけど、近くに住む義弟夫婦がよく子どもを連れて遊びに来てくれて、可愛がらせてもらってる。

    今日は義弟嫁と姪っ子に公園に連れて行ってもらった。
    公園には姪っ子の友達とその妹、ママさんがいて、あいさつをしてきた。
    義弟嫁に気付いて会釈をしたあと、ママさんがこっちを見て目を見張った。
    こういう視線には慣れているが、ママさんはいきなりこちらにやってきて
    「こんにちは、五体不満足の方ですか?」

    びっくりして「はぁ、確かに足りてませんが…」と答えると手を叩いて大ウケ。
    義弟嫁が用事があるので…と帰ろうとしてくれたが、その人はついてくる。

    なにやらまくし立てられたが、要約すると
    「是非道徳教育のためにもうちの娘達と遊んでくれないか」と言うことだった。
    別に遊ぶのは構いませんが、こんな体なので大したことはできませんよ、というと
    「いえいえ、障/害がある方と遊ばせたいだけなので、一向に構いません!」だそうな。
    この辺りで義弟嫁が追い返してくれてたが、生きてる教材として扱われたのは初めてでびっくりした…

    すみません、続きます。

    902 :名無しさん@おーぷん 2017/08/20(日) 09:34:35 ID:BVG
    流れぶった切りでカキコします
    バカみたいな内容なのですが
    隣の家に住んでいる障害者の男性に付きまとわれて大変だった話
    付きまとわれてるのは私ではなく夫
    私が買い物から帰ってきたら庭から旦那の叫び声が聞こえて慌てて向かうと
    下着姿の隣人(パンツ一丁)の男性が旦那に覆いかぶさってる姿が
    旦那が泣きながら振りほどこうとしても物凄体格でびくともしない
    私が引き剥がそうとしてもびくともしない…
    向こうの親が止めに入ってやっと介抱されたのですが

    続きます

    970 :名無しさん@おーぷん 2015/01/24(土) 20:19:08 ID:Psv
    上司の姪御さんと見合いした時、双方納得の上でお互いの家に素行調査を入れることになった。
    見合いだし念には念を入れってことで。
    そしたら「貴方の親族に前科者がいる。これはちょっと…」と言われた。
    え??と仰天する俺と家族。
    チャッカマン並みにすぐ火がつくうちの親父がブチギレて
    「うちには前科者なぞいない!ケチって安い興信所に依頼したんだろう!」と
    相手は上司なんだからもっと穏便にと言っても止まらないキレっぷり。
    しかし確認してみると、
    知らん間に従兄弟がほんとに前科者になってました……orz

    昔からちょっとおかしいとこのある従兄弟だったんだが
    オレオレ詐欺の手先の、金を取りに行く役をやって捕まり前科がついたらしい。
    その後、子供の頃なんだかんだ理由をつけてやらずにいた知能検査をしたら
    軽度の知的障害があると判明したそうで…
    身内に前科者&知的障害がいるということで俺アウト。
    知的障害だけなら破談はなかったらしいが
    前科者、しかも隠してた、親父のブチギレでスリーアウトチェンジだった。
    隠してたんじゃなく知らなかったと言っても後のまつり。
    知的障害を検査せず野放しにしてた従兄弟の親の存在もマイナスだった。

    俺は会社に居づらくなり数年後に転職。
    俺の家は従兄弟の家と疎遠になり、転職を機に俺も実家と疎遠になった。
    自分が結婚しちゃいけない人間のような気がしていまだ独身だ。

    このページのトップヘ