間違い電話

    42 :名無しさん@HOME 2010/03/24(水) 22:23:42 0
    メールじゃなくて固定電話なんだけど。

    「はいもしもしー?」の後いきなりギター?か何かのジャガジャガ音とラブソング
    らしき叫びが聞こえてきて、よく分からなかったけどとりあえず全部聞いた。
    あんまり流行歌知らないんだが多分自作かな?の別れたけどまだ好きです系。
    ラスト盛り上がってジャガジャーン!ジャジャッ♪「○○、ホエバー!…結婚しよう」

    …すっごく言いづらかったけど私は○○さんじゃない、赤の他人の主婦です…
    「お間違えでは…?」と言ったら無言で静かに切れ、数秒後にまたかかってきて、
    今度は「……あの、○○さんですか?」とやはりさっきのロミオさん。
    この電話番号は引っ越してきて変わったものだから、連絡先消して縁切られたんだ
    ろうな~…

    977 :名無しさん@HOME 2010/09/20(月) 21:03:18 0
    なんか携帯にスゲー電話かかってきた。
    覚えてる所だけ。
    「花子おおおおおお!!!このくそ女ああああああ!!!」
    「はい?」(私は花子じゃない)
    「(不明)!家じゅうニンニクくさくてして何してくれんの!?
    しかもスリッパ床に張りつけやがって(不明)!
    接着剤とか頭おかしいんじゃないの!?」
    「あの、間違ってますけど」
    「とぼけてんじゃないよ(不明)!掃除しろっていったでしょ!?(不明)!
    床がコーラで水浸し(不明)で茶色になって(不明)!
    カーテンと(不明)弁償しろおおおお!」
    「だから間違ってるって」
    「あと赤飯も!あれ何よ!?何考えてんのおおお!?(不明)!
    料理全部油でギトギトで(不明)!
    末代までの恥って言って山田さん怒って帰っちゃったでしょおおおおお!」
    「おばさん、うちには花子なんて女いないんですけど」
    「とぼけんなって言ってるでしょおおおおお!
    あんたのせいで私の(人格?品格?)が台無しだ!
    みなしごを嫁に取ってやったのに(不明)絶対許さないからなああああ!
    クズのくせに(たてつき?)やがってえええええ!」
    「あのさー、私の名字骨皮なんだけど(珍しめな名字))
    「は!?誰だよ!?花子出しな!あんた花子だろおおおお!?」
    「だから間違い電話だって言ってるじゃん」
    「電話帳の番号にかけたよ!」
    「そう言われても、この携帯2年前から使ってるし」
    「はああああ!?ふざけんじゃないよおおおおお!!!」
    ガチャ切りされた。

    706 :名無しさん@おーぷん
    日曜日に出勤したので今日は代休とって一日中、家にいた。
    リビングで柿の種食いながら録り溜めてたバラエティー見てクスクスしていた午後3時頃、祖母(70代後半)が電話持ってこんな(´・ω・`)顔でやってきた。
    「やっちゃん…あんた、やっちゃんだよねえ?」
    などと訊かれたので両手を顔の横で振りながら「やっちゃんだよぉ」と答えたら、祖母は困り顔のまま電話ごしの会話に戻る。
    祖母「あのぉ、やっぱり間違いじゃないですか?孫はここでお菓子食べているんですけど…あ?切れたわ」
    この辺でようやく何か変だなと思う自分、アホ。
    私「どうしたの?誰から電話?」
    祖母「それがねー、警察からだったの。やっちゃんが小学生を車ではねたって。でもあんた、ずーっとここにいるしねえ。間違い電話だよねえ」
    私「ばあちゃんそれ、オレオレ詐欺だわ」
    祖母「えーっ、ほんとにあるんだねえ。びっくりだ。良かったよ、今日はやっちゃんが居てくれて。お休みでも家にいる子で助かったよお」
    良かった良かったと繰り返しながら祖母は自分の部屋に戻った。
    この件でやっぱり貴重な休日は家で引きこもっていたほうがいいと確信したので今後も私は外出しないぞと、喪女が心に決めた日でした。

    このページのトップヘ