長女

    685 :名無しさん@お腹いっぱい。 2014/03/12(水) 14:43:12
    ちょっと相談があるんだが、ここでいいのか?
    もちろん俺気団

    326 :名無しさん@HOME 2017/09/14(木) 10:21:01 0.net
    うちの子達の偏食がなんか変
    長女は「肉うどん」が嫌い
    うどん=嫌いじゃ無い、肉=普通に好き
    なのに何故か「肉うどん」を嫌悪してる
    次女は「ピザ」が嫌い
    トマト=加熱、非加熱共に好き、チーズ=大好物、ピザ生地=余裕で食べる
    なのにピザを絶対に食べない
    別に困る事は無いけどなんなんだろう?

    839 :名無しさん@おーぷん 2014/06/29(日) 18:03:45 ID:1E3xGggLf
    こんなところに書き捨てていい事じゃないんだけど

    私には娘が二人いる。長女は20代前半で産んで、
    次女はその12年後だった。予想外の妊娠で。
    長女のときは私も旦那もまだ大人として未熟で、
    はっきり言えばうまく子育て出来なかった。
    家庭も、ケンカが多いしお金もなかったし、
    長女もたくさん嫌な思いしたと思う。
    現在長女は公立高校を出て、フリーター。
    系察沙汰なんてないけれど、色々あって
    あまり良い人生を送っているとは言えない。

    次女を妊娠したときはビックリして、
    周囲の友人も子育ては概ね終えていたから
    私も私両親もウトメも友人達も、総出で
    最高の子育てをした。
    はっきり言えば、私は長女の失敗を糧にして
    次女にできうる限り最も良い環境を与えた。

    その結果、長女と次女の人生に大きな差がついた。
    二人とももう成人しているけれど、
    全てにおいて猛烈な差が付いてしまった。
    長女は家を出てしまい、次女がいるときは
    絶対に帰宅しない。次女も長女に気を遣い、
    非常にぎくしゃくした姉妹になってしまった。

    次女の結婚が決まったと同時に
    長女も結婚する事になったが、
    お金がないからお式は挙げられないと言う。
    次女の婚約者が資産家で、結婚式場も
    持っている事から、格安で挙げさせてくれる事になった。
    足りない分は私達両親で出す、と長女に継げると
    長女は結婚を取りやめてしまった。
    次女の世話にはなりたくないそうだ。
    なにも結婚自体をやめなくても、と説得したが
    ケチがついた、と言って。

    あとで聞いたら、長女の婚約者が次女の婚約者に
    借金の申し入れをしていたそうだ。
    長女は「自分と妹はあらゆる所で格差が出る」と泣いた。

    どうしてあげて良いのか分からない。
    妹も長女と同じ環境で育てるべきだったのか。

    19 :本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2016/01/29(金) 15:14:47 ID:Ew0EcPxU0.net
    オカルトっていうかはわからないんだけど、
    うちは女系で、代々長女に守り刀として短刀を12歳に な ったら渡していく風習?がある。次女以降は何もない。
    大伯母が長女だったから、その刀をもらった。
    その後、恋人ができたり、お見合いをするたびにその刀を飾ってる和室にある花瓶とか焼き物が壊れたり、勝手に刀が台座から落ちてたりするようになった。
    仕方なく和室にある物を別室に移動して対処してたんだけど、物が壊れてしばらくして毎回男の方から振られちゃうんで、この刀が縁を切ってるんじゃないかと心配して、神社や寺に持っていくも全く効果がない。
    結局大伯母は還暦過ぎても独身のままで、この刀に良いご縁をぜ~んぶ切られっちゃったのよ~と言ってる。
    ただうちの家系の女は恐ろしいほど変な男ホイホイだから、むしろ片っ端から悪縁を断ち切ったのではと少しだけ思ってる

    403 :おさかなくわえた名無しさん 2014/02/23(日) 04:49:52 ID:/t/Q6QwZ
    娘を産んでから元旦那が病的だと判明した。

    日増しに旦那そっくりになる娘を見て旦那は嫌そうに、
    「誰に似たんだか…」と忌々しげに睨んでた。
    親子三人で出掛けると会う人会う人「お父さんにそっくりね」
    と言われるたびに嫌そうにしていた。
    親戚に「父親似だな」言われるたびに「似てないよ、やめて」と否定。

    嫁を子供に盗られたと嫉妬していると何かで聞いて、
    あれこれ気を使ってたけど、
    「パパ、だっこ」とよちよちしながら伸ばした手を見もせずに払いのけたのを見て杀殳意がわいた。
    「我が子を愛せないあんたなんかいらない」
    と離婚寸前になってようやっと改心…したかと思えば違ってた。

    このページのトップヘ