金銭感覚

    738 :名無しさん@おーぷん 2014/12/25(木) 11:17:29 ID:4EZ
    俺の勝手な冷め

    元カノはめっちゃいい子で金銭感覚の狂ってない子だった
    食事の会計でも必ず毎回財布を出し俺がいいって言っても
    小銭を出したり次の店のお会計を出してくれたりする
    可愛くて気が利いてむちゃくちゃ好きだった
    ある日彼女の誕生日の予定を立てようとすると、
    「いつもご馳走になってるからプレゼントとかいいよー」と言われてしまった
    でもいやいや、誕生日だしと思いその日いつもの居酒屋に行く予定をサプライズで変更して
    ちょっと辺鄙なところにある隠れ家的イタリアンに連れて行った
    その道中なんだが、「え!?どこいくの!?」とワクワクしてくれてて
    途中まですごく楽しかったんだが突然
    「わかった!あそこの????っていうイタリアンでしょ!」
    とバレてしまった。それが凄く衝撃だった

    叩かれるかも知れないがいつも居酒屋のホッケを美味しい美味しいと食べる彼女が
    俺が調べ尽くして聞き込みしまくってなんなら一人でリサーチにも行った店を知ってるなんて思いもよらなかった
    しかも「うわ~2年ぶりかな~昔よくランチ行ってた」とまで言う
    なんというか、彼女は贅沢しない人だと思ってたんだけど彼女の知らない一面を見たというか
    すごい急激に冷めた

    その後もむちゃくちゃお洒落なカフェを知ってたり
    車で2時間かかるのに行きつけの美容院が神戸だったりと
    なんだか描いてた彼女像が崩れ始めて好きじゃなくなった
    最後もうお金払うのがなんだか嫌になってだんだん奢ったりせずダラダラと付き合ってたら
    「理由は知らんけど私のこと嫌いになったでしょ。別れましょう」
    と言われて振られた
    なんか結局奢らなかったら振られるんだなと思い
    女って賢いなと痛感した

    352: 名無しさん@お腹いっぱい。 2017/05/19(金) 08:10:30.37 ID:gQWhBcJep
    少し愚痴らせてくれ

    家計の管理を嫁に任せてるんだが
    毎月の食費目標3万のはずが蓋をあけてみたら

    ここ3ヶ月程は食費+雑費だけで12万以上、
    何に使ったかも思い出せないと、
    通帳記帳もしてないし
    家計簿なんて当然ないから
    3ヶ月以上前はわからん

    時間的に男とかは疑ってないけどズボラ過ぎる…
    今回は散々泣かせて反省させて
    改善されなかったら
    脅しで言ったこと実行にうつして
    制裁に入ること伝えて終わった、
    オレ何のために働いてんだよって虚しくなったわ

    まぁ任せきってたオレもわりいしな
    気い入れ直して社畜してくるわ

    962 :名無しさん@HOME 2016/11/12(土) 19:06:29.15 0.net
    俺が不甲斐ないのが悪いんだけどさ…
    嫁実家が嫁に色々と買い与えるのが辛い。
    来月から子供を保育園に預けて嫁は働き出すんだが「格好がみっともない」「それだと職場で馬鹿にされる」と言って高いコートやらバッグやらを買ってた。
    名目は就職祝いらしいんだけど、数万も使って成人済みの娘にしなくてもいいと思うんだよ…
    俺がやんわり辞めてくれと言っても「女は見た目に気を遣わないと何言われるかわかったもんじゃない。始めが肝心」と女社会の恐ろしさ?を理由にしてくる。
    確かに嫁のコートは5年使って色褪せてたけど、それは嫁も気に入ってたみたいだし…
    嫁は貰えるもんは貰うスタンスだからありがたく貰ってるけど、自分からは欲しがらない。
    ただ「良いコート買ってくれてありがたいけど、中に着るのが安っぽいから釣り合わないわww」と茶化したせいで、今度はいい生地の服を買いに行くそう。
    今回買ってくれた嫁のコートは1万くらいらしいんだが「コートで1万は安い方なんだけど…」と、それが高いと感じる嫁と俺の感覚に不思議がっている。

    決して嫁実家が裕福というわけではない。
    子育て終了して、未だに共働きだからお金があるだけらしい。
    嫁両親も嫁祖父母も若いから、まだ働いてるうちはこのような援助は続くんだろう。
    もちろん子供への援助も惜しみないんだけどさ。
    嫁祖父母に至っては、出産祝いで新車だったからな。俺どうお礼していいかわからんかったよ…
    何もできない俺に対しても、良い酒とかつまみとかくれるし…
    俺の実家がないもんだから、すごく申し訳ないというかなんというか…

    このページのトップヘ