部活

    67 :彼氏いない歴774年 2011/03/05(土) 15:18:31 ID:eXGxWjxD
    中学に入学したばかりの時、リア充の子が「一緒にバスケ部入ろう」と言って来た。
    今まで殆ど話した事もない子から誘われて「え?」と思ったけど
    私には向いてないと思い断った。
    そしたら3年生の先輩部員数人が「喪山さんバスケ部入ろう♪」と来た。
    「何で話した事もない先輩まで?」と妙な気がした。
    数日後、例のリア充の子とその友達が
    友達「何で喪山さんの事バスケ部に誘ってんの?w」
    リア充「先輩に頼まれたんだよ。先輩が小6の時に学級新聞のアンケートで
    4年だった喪山さんに声かけたんだけど、シカトされた事恨んでるらしくて
    「バスケ部でリンチしまくってやる!」って言ってるの。」

    その時思い出したんだけど、私が小4の時、6年生の人に
    「好きなドラマ教えて下さい」って聞かれたんだけど、当時ドラマも殆ど見なくて
    ドラマ名も浮かばず、上級生の人と話慣れてなかった私は何言っていいかわからず、
    無言のまま立ち去ってしまった・・・先輩に超失礼な事してた・・・
    先輩ごめんなさい・・・・(結局部活は「漫画研究部」に入った)

    287 :おさかなくわえた名無しさん@\(^o^)/ 2017/02/17(金) 14:48:41 ID:ShgNgmGq.net
    親戚の子供の話。
    その親戚は母子家庭で中学三年の男子の一人っ子。この男子をB君とする。
    B君は基本的に物静かな性格。しかし部活はガチガチの体育会系。試合の時などは闘争心丸出しで頑張るという、静と動の切換がある。
    さらに言うと勉強は嫌いだが頭の回転は速い。ニュースなどもよく見ており、世界情勢の話題なんかでも大人と遜色ないくらいに話せる。

    そんなB君が三年の夏休みの前日、教室で友達としゃべっていると後ろから消しゴムをちぎっては投げてくる馬鹿がいた。こいつをCとする。
    B君ははじめ無視していたが、しつこく投げてくるCに止めるよう言うが止めない。
    頭にきたB君はCの手を払いのけたが、その拍子に持っていた消しゴムが飛んでいった。普段B君は逆らったりすることがなかったので、Cはたったそれだけで逆上しB君に殴りかかった。
    その所為でB君の右目は大きく腫れ上がり、眼球の毛細血管が切れ白目の部分が赤く染まった。病院で診察をうけた結果、しばらく激しい運動は控えるようにとなった。

    間の悪いことに夏休みに入ってすぐ、三年間頑張ってきた部活の試合があった。B君は怪我のため出場できないことが確定した。
    B君の悔しさたるや計り知れず、友達が遊びの誘いに来るも家に籠もる日々だった。

    Cの暴挙から5日くらい後、学校からCの親御さんが謝罪に伺いたいと連絡があり、担任、C本人と母親の三人が自宅に訪れた。
    B君は部屋に籠もっており、母が相手をしていたがCの担任が直接謝罪がしたと言い、B君はしぶしぶその場に出た。

    続く

    308 :名無しの心子知らず@\(^o^)/ 2016/12/15(木) 11:01:40 ID:4zHgd0pJ.net
    >>307
    同じ年だ(中2娘)
    部活で使うウインドブレーカーが小さいから買いなおしてと言われてたんだけど
    全然着れるし買わないよと言ったら勝手に友達と交換してきたよ
    返して元通りにしなさいと言ったら無視、誰と交換したか聞くと「ウルサイタヒね」
    元通りにしないなら学校に行くよ!というと「恥ずかしい、バカじゃないの?やったら学校行かねーから!」
    はぁ…もう疲れた

    336 :おさかなくわえた名無しさん@\(^o^)/ 2016/01/30(土) 20:08:35 ID:uGjpmxw1.net
    高校の部活(柔道部)で、しごきに命を賭けてるOBがいて、
    時代遅れのトレーニングで膝とか腰とか壊す部員が続出してた。
    顧問の先輩だったので顧問も強いことが言えないという日々だったが
    ある日、大会直前にまた無理難題を言い出したから、部長だった俺が
    初めて意見を言った。

    OBが激怒して「すぐに退部届を出せ!この虫けらが!」などと怒鳴ったので
    こっちもブチ切れて「正直言って邪魔ですからもう来ないでください」と
    言い返したら「この世界は強い者が絶対なんだ!そんなに言うなら俺を
    倒してみろ!俺に負けたら退部だ!」というので組み合うことに。

    組み合ってすぐに「あれ?このオヤジ相当怠けてね??」とわかったが
    手を抜くこともなく、まずは大外刈りで一本。「今度は手を抜かないからな」と
    負け惜しみを言った直後に内股すかしでさらに一本。立ち上がって来たから今度は
    綺麗に一本背負い。しつこいので最後は上四方固でフィニッシュ。

    何か言いながら出てって二度と来なかった。

    このページのトップヘ