897 :名無しさん@HOME 2012/05/12(土) 23:47:12 0
数年前にあった修羅場の話。

俺の弟は中学の頃からヒキニート。
クラスのいじめが原因で不登校だったんだが、高校で回復。
かと思ったら不登校時代にハマってしまった趣味(アニオタ)により高校を中退した。

それからは同類との集まり、コンビニ以外の外出はしなくなった。

親は共働きで忙しい生活だった。
で、俺は弟が高校を中退したときは大学生。
短期留学を視野に入れていたり、スポーツや飲み会だったりで忙しかった。
それでも弟の飯の世話はしていた。まあ適当にオムライスつくって部屋の前に置くだけだが。

で、こっからが本題。

忙しい生活ながらも、たいてい夜9時には家族全員がそろってる。弟は部屋だが。
で、父母俺の三人で飯を食べてたらインターホンが鳴った。
母が出て対応しにいったんだが、しばらくして血相を変えて戻ってきた。
父が出ていったので、ついでに俺も、と出ていくと怒り奮闘の大家さんがいた。

「あんたんとこは最低だな!今までの恩を忘れて、信じられない!
すぐにでも出ていけ!近所の人間みんな知っとるぞ!村八分になると思え!」

と母に怒鳴る大家さん。母、顔面蒼白。俺らはたじたじ。

この大家さんはすごく優しい人で、
両親が連帯保証が原因の借金苦でここに引っ越してきた時、
大家さんの持ち家(一軒家)、家賃をただ同然にしてくれ、世話してくれた人だった。

大家さんの説明が分かりにくかったらごめん。