近距離別居

    99 :名無しの心子知らず@\(^o^)/ 2017/01/30(月) 00:00:01 ID:aQ2jzxWa.net
    愚痴。ながいです。
    小4と小1、1歳の三姉妹育ててる。
    義父母は家から歩いて5mぐらいのとこに住んでる。

    毎朝小学生の娘たちの送りを義父も義母も学校の近くまでしてくれてる。
    家からちょっと先のところで近所の女の子たち(学年バラバラ)が集まって、仲良い子同士で話しながら集団登校みたいな感じで登校してる。
    それに、うちの義父母は見守り的な感じでついていってる感じ。
    長女が1年生の時はまだ良かったんだけど、もう4年生にもなると送りがつくのを周りの高学年の子達もひっくるめて鬱陶しいみたいで嫌がってきた。
    次女は幼稚園から一番仲のいい子と話して通ってるらしいんだけど、ちょっとその子が気が強い子なので次女がいじめられてるように見えたらしく、義父母で何度か二人のやりとりを見てその友達に注意してたらしい。
    そしたらその子のお母さんから謝罪の電話と、違う道で行かせるので…という連絡。

    子供らは送りが嫌でやめてほしいと私に言ってきたので、やんわりと義父母にお伝えしたら危ないからダメ!の一点張り。話にならない。
    孫が可愛いのはわかるし、変なニュースばっかりだから登下校が心配なのも分かるけど、どうにかやめてくれんかな~~

    128 :名無しさん@HOME 2007/07/08(日) 21:50:04 0
    私がしたわけじゃないけど

    超近距離別居のトメ。
    しょっちゅうアポ無し凸してくる。そして細かいことをグチグチグチグチと文句をつけていく。
    そろそろ録音して旦那に報告してやろうか、と考えてたらトメがやってきて
    「明日コウトタンがこっちに来るの! だから料理作っておいて、ここに来るから!」
    と突然言われた。コウトは遠方の大学院に通っていているが用事が会って帰ってくるそうだった。
    当然いきなり言われても困る、と断ったが結局押し切られる弱い私……。
    コロッケと白身魚のあんかけが好きだから作っておいて、と言われたので慌てて買い物に行った。
    んで当日。料理中にコウトを連れてやってきた。準備でどたばたしている自分を尻目にコウトにベタ
    ベタするトメ。で、準備が出来て料理を出したら
    「まぁ、嫁子さん! 何でわざわざコウトタンの嫌いなものばかり!」
    とかほざき始めた。えっ? とびっくりして思わず言葉を失った。反論しようと思うが言葉が出ない。
    と、コウトはなにも言わず料理に手をつけた。そして
    「美味い! 美味いよ嫁子さん! このコロッケ手作り? 美味いなぁ」
    と言いながらがっつくコウト。トメはポカーンとした後慌てて
    「コウトタン! コロッケ嫌いでしょ? 無理しなくていいのよ」
    と言うがコウトは白身魚のあんかけにも手をつけながら
    「俺は別にコロッケもあんかけも嫌いなわけじゃないよ。ウチで出てきたのってスーパーの惣菜温め
     たやつじゃないか。不味いから嫌いって言っただけ」
    と言いつつバクバクと食べる。あっという間にコロッケを平らげてしまったので
    「もう一個食べる?(旦那のぶんを残しておいた)」
     と言ったら元気よく頷くコウト。ごめんね旦那よ。コウトの食べっぷりが気持ちよかったから……。
    んで、食事終わった後に一言。
    「母さん、嫁いびりなんて今日日流行らないよ」
    トメはふじこりながらも否定するが
    「結婚式以来会って無い嫁子さんが俺に嫌がらせするわけ無いだろ。大体、嫌いな物だってしってる
     わけないだろ」
    とバッサリ。トメは超キョドってたけどコウトは生ぬるい視線を送っていた。

    ありがとうコウト。スカッとしたよ。次からは自分で頑張るよ。

    このページのトップヘ