赤ん坊

    240 :名無しさん@おーぷん 2014/08/07(木) 09:56:06 ID:kvyQfrxSc
    私の仕事は基本土日休みだが、時々土曜日に出勤することがある。
    その日は土曜日出勤の日で、普通に仕事して帰ってきた。
    すると、家の前になんか塊が置いてある。のぞき込んでみると、なんと赤ん坊だった。ピンク色のタオルに包まれていて、哺乳瓶も置いてある。
    急いで抱き上げたが、赤ん坊はタヒんでいた。私はパニックになりながら警察に通報。警察はすぐにかけつけてくれた。
    誰もがどこの赤ん坊だ、母親はどうしたと怒りに震えていた。
    警察からは赤ん坊を預かる約束をしていないか聞かれたけど、身に覚えが無いので、約束していないと言った。


    後からわかったこと。
    赤ん坊は数年前に付き合っていた元彼の子供だった。
    私と別れてすぐに付き合った女とデキ婚。しかし嫁は赤ん坊を元彼に押し付けて逃げたらしい。
    貯金もほとんど無い元彼は保育園に入れる金も無く、両親も他界しているため途方に暮れてしまった。
    赤ん坊に愛情はあった元彼は、日中仕事の時間、赤ん坊をどうすりか悩みに悩んで、私の過去の発言を思い出したという。
    「私の仕事は土日休みなんだ」という言葉を思い出し、とりあえず今日(私が土曜出勤した日)は私に預けようと、私のPCのアドレスに「赤ん坊預かって」とメールした。

    560 :可愛い奥様 2011/04/24(日) 21:12:12 ID:c+mzalll0
    縁切り中の弟が、障害持ちの子どもを退院時に捨てたこと
    一度も家に連れて帰らなかった鬼畜のクズ
    夫にも誰にも言えない

    537 :名無しさん@HOME 2010/10/22(金) 01:58:58 0
    敷地内別居トメ。
    ここ二、三日ちょっとした隙に忍び込んで黙って赤ん坊を連れていく。
    昨日も昼寝させ、トイレ行った隙に連れて行かれた。
    トイレから戻って外を見たらトメが子を抱いて、トメの家に入っていくのが見えた。
    泣いたり飽きたら返しに来るけど、不快でたまらない。
    夫に訴えた。
    「それ、○太郎を連れていくのがお母さんだと思ってて、
    全然別の誰かだったらどうする?取り返しつかないだろ」
    息子LOVEな夫に怒鳴られいろいろ腹が立ってきた。
    とりあえずトメと対峙する決意のイメトレ。
    今日もリビング前のカーテンを開け、息子を寝かしつけた。
    トメが向こうから送ってくる熱視線をそっと確認。
    大体決まった時間だから、今までトメは息子を連れ出すために覗いていたんだと改めて思い知る。
    立ちあがって、トメのタヒ角になる場所にてトメ待ち。
    案の定、すぐさまトメがやってきた。
    「おかあさんのうちでねんねしようね。おかあさんが抱っこしててやろうねえ」
    そのまま子を抱いて出ていこうとするトメ。
    なんで自分のことをお母さん呼ばわりしてるの?
    「きゃあ!お義母さん、誘拐やめて」
    「何言ってるの…」と、怪訝な顔で振り返るトメ。
    「お義母さんが寝付いたばかりの○太郎を無理矢理連れて行くから、
    ここ数日夜泣きがひどいんです。赤ちゃんはママのそばにいたいんです。
    ママは私です。返してください。虐待ですよ」
    トメぶつぶつ言いながら、帰った。
    もうくんな。

    174 :本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2017/02/21(火) 13:32:34.84 ID:KoUbSGq10.net
    某新幹線が止まる近畿地方の駅の 西口のエレベーターで体験した話なんだけど、
    今日はクッソ暑いなぁと思いながら荷物抱えて 2階にあがろうとエレベーターに乗り込んだら、
    「すいませーん!」と言う声がしたので、開ボタンをおして待ってたら、
    乳母車を引いた女の人が入ってきた。
    その人は私に、
    「すいません、ありがとうございます。」
    と言った後、
    「 暑かったねぇー。ごめんねー。」
    と、泣き叫ぶ赤ん坊に話しかけてた。
    正直、赤子の泣き声が嫌いで子供嫌いだったので、
    目を合わせず会釈だけして無視してた。
    2階に上がるまでの10秒ほど、ずっと、
    「 ありがとうございます」と泣き声だけが続いていた。

    2階についたとき、開くボタンを押しながら、
    「どうぞ」と声をかけると、
    その女性は「ありがとうございます」
    と 乳母車をバックで引いてでていったとき、チラッとみると

    乳母車には何も乗ってなかった。

    心臓がドクン!ってなって女性の方を見ると、
    じーっと こっちを見たままバックで下がっていってた。

    多分2階に上がる間もずっとこっち見ながら話してたんだろう。

    今日はこんなに涼しかったっけ?と思った2016年夏の話。

    このページのトップヘ