警察

    717 :名無しの心子知らず 2012/12/06(木) 22:16:29 ID:B47GwHxe
    育児板初なので板違いでしたら申し訳ないです。吐き出したいので聞いてください。
    私は未婚大学生です

    先週の土曜日、お酒が大好きな彼氏と呑みに行きました。
    呑み食いした後、カラオケで朝まで歌おうってなったんですが1時間待ちと言われたので近くのファミレスに行きました。
    繁華街のファミレスですが、夜の12時すぎなのに禁煙席は満席だったので喫煙席に座りました。
    すると、5・6才の女の子1人と男の子2人が走り回っていました。
    内心「はぁ?」と思って親を探したらタバコをスパスパ吸いながら大声で話す3人組のお母様たち。
    (見た目30代)がいました。
    彼氏が「夜中どーこーより、子供眠くないのかな?」と不快そうにしましたが、性格の悪いことがバレないように、
    「ほんとだね。あの子かわいい(ニコニコ)」と応答し(内心は→夜中もだし、飲食店で走り回ることすら注意しないし、放置だし、バカ親かえれ)
    しばらくして「ちょっとトイレ行ってくるね。」
    と言って、
    トイレ行きながら子供を見ると、空席に三人で座って大人の真似事をしていました。そしてトイレで警察に電話しました。

    317 :名無しの心子知らず 2013/11/29(金) 19:28:39 ID:WA6wldiQ.net
    流れ変えるために投下
    近所のスーパーは小さい子ども連れや妊婦さんやお年寄りには、レジでお金を用意してる間に店員さんがサッカー台に買い物カゴを置いてくれる。
    すると小学生くらいの子連れ泥ママが、横にあった私の買い物カゴからすき焼き用の肉2パックを取ってダッシュで逃げた。
    私は会計を済ませている最中で『あ…!』しか言えず。
    近くにいたおばさんが『泥棒ー!』と叫び近くにいた人たちも注目した。
    手があいていたレジのおばちゃんが走って追いかけたら、店の入り口でクレープの移動販売をしているお兄さんが泥ママを捕まえた。
    目撃者もいるしレシートという証拠もあるのに、泥ママは『ふざけるな!客だぞ!』とか捕まえたお兄さんに『何触ってんだよ!警察呼ぶぞ!』と興奮気味に叫んでた。

    66 :名無しさん@おーぷん 2018/07/03(火) 18:08:33 ID:27U
    自営で事務所をもってたとき、空き巣に入られた。
    で、警察よんで現場検証しつ聞き取りも事務所内で。そしたら現場検証なんていつものことよーってゆるーい(多分私があばばばってなってたから緊張しないようにしてくれてた)
    雰囲気がだんだん張り詰めてきた。
    えっ...何事...って真っ青になってたら「誤解しないで欲しいんだけど、回し者じゃないんだけど」と前置きしてから
    「警備会社に入った方がいいよ」
    と、なんでも私の話した事務所の状況は空き巣にとって「美味しい稼ぎ場」らしく、その一つは毎日同じ時間に帰ってからまた事務所にこないとか、そういうのなんだけど立地条件が更に拍車をかけて天国状態。
    でも事務所だし、今回はたまたま一万円(代引き用に残してと)置いてただけだしと逡巡した。
    「ここら辺だったら警備会社○○しかないし、ほんと回し者じゃないんだけど、空き巣日本人じゃないよ。なんでって聞かれても
    捜査に影響でるから教えてあげられないけど。多分もう一回空き巣入るし、そのときに何もないと事務所燃やされるよ」
    ってダメ押しで言われて、結局警備会社と契約した。
    怖いのはそっからで、警備会社と契約した時に前述をそのまま伝えたらすっと真顔になって「あ、もう一回入りますね。警備会社に入ってますのシールデカイのいっぱい渡すんで、ペタペタ貼ってください。もう一回入りますけど。そのあとはうちにヘイト向くんで大丈夫ですよ」
    って普通3枚くらいしか渡さないデッカいステッカー10枚くらいくれた。
    そして三カ月後もう一度空き巣に入られた。
    二度目に来てくれた警察官に「やっぱり入った?外れた方が良かったんだけどね。嬉しくない感が当たったなあ」と言われて警備会社のステッカーを見てから
    「うん、これ見てるから○○会社に窃盗失敗の恨み行くから大丈夫」
    ってさらっといわれたのも怖かった。

    389 :名無しの心子知らず@無断\(^o^)/ 2014/10/24(金) 05:58:31 ID:TnMrAS7/.net
    ここでいいのかわからんが、新ジャンル「放置ジジイ」

    最後の晩餐でもないが自宅アパートに友人を招いたところ、
    この友人が知らない間に事故っており、車椅子でうちに来た
    1階なので実害はなく、楽しく昼食していたところ
    突然警察官にチャイムを鳴らされた
    この部屋の前に、車椅子のおじいさんが放置されていると通報があったそうで
    雨も降ってきたんだから虐待はやめて中に入れなさい、と言いに来たらしい
    しかし、警察官にだけ中を見てもらったのだが、
    私の部屋には座椅子とクッション一つずつに簡単な生活用品だけ
    とても介護なんてできる部屋ではないのを証明して、
    うちとは関係がないのをわかってくれた
    警察官が聞くとおじいさんは自宅の住所と電話番号を案外あっさり答え
    (思わず「先に聞けよ」と声に出したが)
    そっちに連絡を取ると、お怒りの様子のおばさんが乗り込んできた
    自宅でこのおじいさんを介護していたところ、
    顔は見えなかったが車椅子がこの部屋に入ったので
    ついでに介護させようと置いていったと供述
    「嫁には介護義務がないのに私に押しつけた夫が悪い」
    「一人も二人も同じなんだからアンタが介護しろ」とわめくので
    保護責任者云々で連行されていった
    警察官は、おそらく故意におじいさんをうちの前に残していったが、
    雨が降っていても気にせずドアを閉じ、友人はベランダから逃がして鍵を閉めた
    二時間ほどしてブレーキ音と舌打ちが聞こえ、やっと回収された模様

    私はその直後に、最後の荷物を新居に送り出してこの部屋を後にしたところ
    翌朝から部屋の前に車椅子ごとおじいさんが放置されるようになったと不動産屋から連絡があったが、
    敷金の返金が確認でき、携帯は解約したので、その後どうなったのかは知らない

    このページのトップヘ