謝罪

    120 :おさかなくわえた名無しさん 2012/03/24(土) 22:08:18 ID:PW4JtvcU
    大学で史学科を専攻してたのだが、どうしようもない韓国人が居た。
    まず人の話を聞かず、教授があれこれ説明していると
    「それは違うんです!」と、ありもしない語りを始める。
    もちろん突っ込みを入れるのは朝鮮に関わりのある話だが

    例としては「唐辛子は朝鮮が日本に伝えた」等。

    そして第二次世界大戦の授業になった際、こいつは恐ろしいまでに発狂した。
    教授が説明を始めると、いきなり「はい!!」と手を挙げ、教授の返事を待たずに起立。
    「まず最初にみなさんに言っておきたいのは、みなさんは私に謝罪しなければいけないということです」
    と、始まってみんなアチャーな雰囲気が流れてて、アメリカの留学生も失笑してたんだが
    「慰安婦問題は、日本人が攻撃的である証明」
    「われら誇り高き朝鮮民族はそんな日本人からの弾圧に耐え、戦勝国となった」
    などとまくしたてる。教授は
    「いいから座りなさい」と制止しようとするが、韓国人は無視し、
    「今、日本を韓流が席巻している。いま、韓国が日本を越えようとしてるのです!」
    と、声高らかに叫んで着席。満足そうな顔をして腕組みしている韓国人。
    シーンと静まりかえる教室内で、アメリカ人がそっと挙手。
    「マイケル君(仮名)、どうぞ」
    そこでマイケル君が起立

    「僕は両親の勧めでニホンに留学したが、ニホンに来るの正直怖かった、ヒロシマとナガサキに爆弾を落として、日本人をたくさんこ○したアメリカが悪くて、申し訳ない気持ちだった。
    だけどニホンに来て右も左も解らず道を聞いたらみんな、嫌な顔せずに教えてくれた。日本語ろくに喋れない僕に、一生懸命身振り手振りしてくれた」

    彼は日本語を学び始めているが、翻訳はできても自分で文章を作って喋るのは苦手だ。それでも一生懸命、言葉にして喋っている。
    韓国人、ふてぶてしい態度を見せるが黙ってる。マイケル君が続ける。

    「僕が日本にきてから、戦争のことで責められたことは今まで一度もない。そればかりか、一人でニホンに来た僕をみんなが助けてくれた。
    友達になってくれた、日本語教えてくれた。日本人は解ってるんだ、憎しみを持ち続けても、それは悪いものしか作らないって」

    215 :おさかなくわえた名無しさん 2011/04/21(木) 19:09:54 ID:phzYrUeo
    開店二時間前に店舗前到着(防犯カメラで確認)、
    開店と同時に入店してサービスカウンターにダッシュ、
    「二時間も待たせやがって!店長呼べ!」と切れまくる。
    と、言う事を四日続けた二十三歳男性。
    とうとう開店前に入り口のフェンスを乗り越え施錠中の自動ドア破壊未遂。
    かけつけた警備会社の人に暴力ふるって警察に捕まる。
    「電気がついてるんだから誰かがいるのは解っていた。」
    「店の前に客が来れば電気をつけて迎え入れるのが当たり前。」
    「開店時間なんて向こうが勝手に決めたこと。電気もついていた。」
    そんな事を言っているらしかった。

    両親と兄だという方々が謝罪に来たと言って売り場のど真ん中に店長を呼びつけ、
    「息子がお世話になりました!明日からは開店まで電気つけないで下さい!」
    大声でそう叫んで菓子折り床に投げて揃ってドヤ顔で帰っていった。

    519 :名無しの心子知らず@無断\(^o^)/ 2015/09/11(金) 14:41:33 ID:WLx4tpcf.net
    2歳なりたての息子が1歳すぎの女の子を
    オモチャの取り合いで押してしまい、
    私はもちろんすぐに謝りましたが、

    母親は痛くなかった?と女の子を抱き上げ
    息子をずっと睨み付け
    ごめんなさいは? と。
    息子はまだ ごめんなさいは言えないけど
    握手しようとしたら触るなとばかりに
    避けられ、悪いのはこちらですが
    家に帰って息子の寝顔見て泣いてしまいました。

    そして、息子に強くあたってしまい
    ダメダメですわ。

    109 :名無しさん@おーぷん 2017/10/08(日) 23:09:05 ID:qFa
    中学の時、別のクラスの全く面識ない女子が同学年の複数の生徒の私物を盗んだ事件があって
    私は消しゴム以外の筆箱の中身と美術で使うポスターカラーを10色くらい盗まれた
    それで後日私がいないときに親同伴で家に謝罪に来たらしいんだけど、その時応対した父が
    「大したものでもないので返さなくてもいいですよ、これからも仲良くしてください」みたいなことを言って笑って許したらしい
    その日の夕食時に父がなぜか自慢げにそれを話してるのを聞いてびっくりした

    なんで盗まれた本人の了承もとらずに勝手に盗品返さなくていいとか言っちゃうのか分からなかったし
    何を盗まれたか内訳を言ってみたら「そんなにたくさん?!」と驚いてる父に少しむかついた
    どうもシャーペン一本とかその程度だと思ってたらしい。盗品は後日無事に戻ってきた

    このページのトップヘ