託児

    164 :彼氏いない歴774年@\(^o^)/ 2017/08/12(土) 12:32:12 ID:GDpH/a7r0.net
    兄夫婦が妊娠したんだけど「私も働ける時期になればすぐ働きに出るから子守よろしくねー」と兄嫁に押し付けられそうな事
    最初は双方の親達に頼んだらしいけどずっと子守をしなくちゃいけないのは年齢的にも流石にキツいと断られ頼めるのはもう私くらいしかいないらしい
    保育園に入れたりすればとも提案したけどお金かかるから~貯金しなきゃだから~的な事を言われてもうあっきれた
    もう何が何でも子守は拒否してやる

    803 :名無しさん@HOME 2012/12/02(日) 11:42:43 0
    流れ豚切り

    義弟嫁が某アイドルコンサートに行くために
    生後五か月の乳児を義実家に置いていった。
    義母が目を離したすきに出掛けたらしい。
    義母からSOSが来たんだが、うちこれから夫婦で旅行に行くんだけど。
    義弟は遠方に出張中。

    義弟嫁、お前は市ね。

    756 :名無しの心子知らず 2018/05/04(金) 12:46:18 ID:TsnpkGPg.net
    姉が「上の子の小学校の入学説明会があるから、下の子預かってほしい」とお願いあったので9ヶ月の赤さんを預かる約束してた。
    下の子も連れて行ってもいい決まりにはなってるけど、歩かないにしても説明会の迷惑になりそうだし、姉も初めての小学校入学でちゃんと聞いておきたいから、とお願いされて快諾した。

    姉の家→うち→小学校の道筋で歩いてうちまで来る途中に上の子が同じ小学校に入学予定の幼稚園のママさん(2歳男児連れ)に偶然会って話しかけられ、なんとなくそのまま一緒に歩いてて、うちに着いて「じゃあ妹に下の子預けて行きますので」と言ったら
    「え?預けるの?じゃあうちの2歳児も一緒にいいかしら?」と言われ「え?いや今妹も妊娠中で2歳児なんて面倒みた事とないから無理ですよ~」と言っても
    「うちの子おとなしいから~」とか「練習になりますよ~」と粘られたらしい…。

    たまたま、私の義母がウォーキングの途中に私の様子を見に来ると約束してて、玄関先で押し問答してる姉を見つけて
    「あらー、お姉さん!お久しぶり!赤ちゃん大きくなったわねー!ちょっと抱っこさせてー!あら、重たくなって!さぁ、あがって、あがって!」と姉だけをさっと家の中に誘導してくれたらしい。

    家の中で初めてその押し問答を聞いて、そんな人いるんだぁ~と思ってたら義母に「お姉さん、あーいう人は一回聞いちゃうと何度でも平気で言ってくるから、話聞かないでさっと交わさないとダメよ。図々しい人は自分が図々しいって気づいてないからね」って。

    まさか、会ったこともない他人の妹にまで託児しようとする人がいるなんて、ほんとビックリした。

    848 :名無しの心子知らず 2017/10/26(木) 11:49:28 ID:HUKa/1Cr.net
    週末、社内の飲み会があるから保育園が一緒の仲良いママ友に、お迎えとその後少し預かって欲しいってお願いしたら、
    それはちょっとめんどくさいなー!ごめん!
    って言われた
    うちは旦那が長期出張中で実家も遠方で頼れないの知ってるのに、めんどくさいってムカつく
    何よりそんな断わられ方したらもう2度とお願いできなくなるじゃん
    あーもう嫌だ、飲み会も行けないし最悪

    215 :名無しさん@おーぷん 2015/12/18(金) 22:23:48 ID:V3S
    義姉(兄の姉)の子供である多動の男児6歳を託児され続けた1年間が修羅場でした。
    当時私は新婚ホヤホヤ。
    まだネットを知らず、託児ママだのいい嫁キャンペーンだのいう単語は知らなかった。
    でもあの時期私がやってたことはまさに「いい嫁キャンペーン」だったんだと今にして思う。
    とにかく夫家の人と仲良くしなくちゃ、という思いで一杯でした。
    義姉は専業主婦。当時の私は県外の夫についていくため退社して、新居から職探し中。
    義姉は朝7時にチャイムを鳴らし、甥とともに来訪。
    朝ごはんをうちで食べ、テレビを観て、甥の英語教育DVDを見せて、お昼を食べて、
    私にDVDと甥を預けて義姉は外出。
    甥は多動と診断が出ただけあって、一時もじっとしてない。力も強い。叩かれたら大人でも涙が出るくらい痛い。
    さすがに疑問に感じ、夫に「義姉さんの来訪を控えて欲しい」と頼むが
    「え~……自分で言いなよ。ねーちゃんは怒るだろうけど、俺シラネ。おまえのせいだから」
    今思えばそこで夫に愛想を尽かしておくべきだった。
    しかし「いったん結婚したら添い遂げるもの」という変な信念があった&データ主義な自分は
    「もっと夫と話し合ってわかってもらわなきゃ!そして話し合うための材料を得なければ」
    と、義姉を迎え、甥の世話を継続。

    このページのトップヘ