親権

    965 :名無しさん@お腹いっぱい。 2010/07/08(木) 10:56:31
    昨晩、離婚を決めた。
    10年以上連れ添ったのに、結末は呆気なかった。

    浮気をした嫁には何の未練もないが、子供達の事を考えると切ない。
    子供達は小学生なので、争っても親権は取れそうにないので諦めている。
    (面会を充実させたほうが得策と判断した)

    ただ・・・
    俺と一緒に買った仮面ライダーのカードを大事そうにする息子を見て、トイレで泣いた。

    269 :おさかなくわえた名無しさん 2014/02/24(月) 17:01:30 ID:tZ1evt+n
    武勇伝かはわかんないけど、ものすごくスカッとしたうちの息子の言葉。

    旦那が浮気して離婚する流れになった。
    浮気の経緯はスレチだし特にゴタゴタもなくすんなりケリがついたので割愛するけど、
    高1になる息子をどちらが連れて行くかという話になった。
    お互い自分が引き取りたいとは言ったが、既に分別がつく年齢なので、
    本人の意思を優先しようと言うことになり、3者で会議。

    私が事情を説明(と言っても、ゴタゴタの過程で息子は殆ど知ってたけど)した後に
    「ごめんね、お父さんとはもう一緒に暮らせないから、どっちについていくか選んで欲しい」
    と言ったら、少しの沈黙の後に息子はこういった。

    「男の浮気って本能だよな。種撒くだけならいくらでもできるようにできてるからな。親父、どう思う?」

    これを聞いて親父は息子が自分の味方であると思ってテンションアップ。
    私は息子が自分から離れてしまうと思って絶望。
    しかし旦那の返答に対する更なる息子の言葉でそれらはひっくり返された。

    793 :名無しさん@お腹いっぱい。 2016/06/28(火) 16:38:44 .net
    誰も居ないようなので適当に書き込み。
    嫁の不倫で子供いたけど別れました。
    当時自分30才メーカーリーマン
    嫁27才専業主婦
    子供3才
    発覚はありきたり、携帯を嫁が手放さなくなってトイレにまで持ち込んでいるのを不審に思い覗いてみたら真っ黒…ラリメール満載。
    やむを得ず探偵事務所に大枚はたいて依頼、2週間で2回分証拠確保。

    1 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/08/03(日) 22:15:50 ID:6NyNSXCWI.net
    その日嫁が朝の4時に帰宅した

    嫁「ただいま~。 ご飯ある?」
    俺「あのさ、今何時だか分かるか?」
    嫁「ん?4時だけど? それよりご飯用意して」

    嫁の分の夕食を温め直して食事をさせた

    俺「なぁ、たまには娘の為に仕事を早く切り上げたり出来ないのか?」
    嫁「仕事にも付き合いがあるの! 私がみれない分貴方がみれば解決でしょ?」
    俺「でもさ毎日毎日飲みに行って深夜に帰ってきたり朝帰りしたりなどは付き合いで済ませてるのか?」
    嫁「うるさい! 仕事の疲れを癒すくらいいいじゃない」

    俺「なぁ、正直に答えて欲しいけど何でお前の鞄にいつも避妊道具入ってるんだ?」
    嫁「……」
    俺「はぁ~。 子供がいるのに男と遊んでるのか?」
    嫁「悪い? あなたに関係あるの?」
    俺「もういいわ」

    その日を境に嫁との会話がほとんど無くなりましたが半年後に離婚した
    親権は嫁が殆ど毎日飲みに出歩いていたりしてろくに育児をしなかったので取れました
    娘は保育園に通ってて毎日俺が送り迎えしてます

    少し吐き出したかったので
    すいません

    233 :名無しさん@おーぷん 2018/03/04(日) 09:01:33 ID:CVK
    托卵されて息子(高校生)と俺は血が繋がっていなかった
    妻には本命がおり俺はATMで托卵は計画通りだった
    最後は形ばかりの謝罪をして俺と離婚後息子を引き取れば妻の計画は完了するはずだった
    妻も間男も予想外だったのは血は繋がっていなくても俺と息子の絆が固かったこと、俺は息子の親権を求め裁判に訴えた、あいつらとしては血の繋がってない息子を俺が簡単に手放すと思っていたらしい
    最初息子は自分が汚らわしく俺に迷惑をかけたと悲しんでいたが、俺はそれでもお前は息子だと言い聞かせてより一層絆は深まった
    裁判の結果は子育ての実績や経済能力や息子の意思等が考慮され晴れて親権が認められた
    妻と間男は慰謝料なら多く払うし何でもするから息子を返してくれというが結局あいつらは何も分かってないんだな

    このページのトップヘ