親戚

    546 :おさかなくわえた名無しさん 2012/10/07(日) 21:02:45 ID:GbtCavli
    今、相談よろしいでしょうか。
    母親の立場の意見が聞きたくて・・・

    349 :名無しさん@HOME 2007/11/10(土) 00:45:03 0
    今から25年ぐらい前の話。
    親戚のにーちゃんが見合いを重ねてやっと結婚することになった。
    人付き合いがとても苦手でおとなしいお嫁さんは同居OKと。
    結婚が決まると彼らは隣の空き地を買い取り増築し、なんちゃって2世帯住宅に。
    新婚エリアにはでっかくきれいなキッチン作ってあげてた。

    しかしその家、台所や玄関口が2つあるのに、風呂場とトイレは1つしかなかった。
    そして 風呂場の 脱 衣 場 が な い。(廊下からダイレクトに風呂場へ)
    風呂場は親住居エリアの台所とトイレの間にあり、
    それらをつなぐ廊下は大変狭い上に、風呂場のドアは
    親エリアのリビングともいえる和室の出入り口のひとつと面していて
    その和室から台所やリビングに行くにはそこを通らざるを得ず、和室の戸は常に開放状態。

    あの設計はおかしい!私なら絶対あんなところに嫁に行かない!何考えあんな設計に?
    という私(当時中学生)に、ウチの親も口をそろえて
    「何がおかしいんだ?そんな風に考えるお前のほうがおかしい。
    お嫁さんはちゃんとうけいれているぞ」と私に言い続けてたよorz

    その3年後だったか、お嫁さんは半ノイローゼ状態になり、にーちゃん夫婦は公団住宅へ。
    そしてやっと子供に恵まれた。
    広い家に夫婦二人のじーちゃんばーちゃんはさびしそうで気の毒だった。

    ちなみに、ウトメに当たる人たちは過干渉でもなければ意地悪でもない。
    ウトはエ□ジジイでもない。みんないいひと。だけど辛かった。
    今は距離もとれて幸せ。お嫁さんはそういっていた。

    こんな話もあったってことで。
    スカじゃなくてごめん。

    81 :おさかなくわえた名無しさん 2013/11/13(水) 09:45:51 ID:rotLwgbx
    自分が小学生の頃、両親がそろそろ家を買うかという話をしていた
    その話を知った金持ちの親戚が「うちも新しく家買うし良かったら前の家格安でどう?」と話をしに来てくれた
    親戚の家は資材から選りすぐって作った大人気の住宅地にある立派な家、子供の自分にとってはお城みたいな家だった
    結局、父が「他に気に入った物件があるから」と断ったんだが父が気に入って購入した家はあちこち補修が必要なボロボロの30年住宅、
    今まで住んでた社宅(一軒家)のような白い壁も広い庭も大きな部屋もない
    (しかも地域のメイン産業の衰退で小学校の質は悪化)
    そして父が購入した決め手、「隣に祖父母(父の実両親)が住んでいるから」

    その話を聞いて母が荒れ、必タヒに止めたのが修羅場です

    629 :名無しさん@おーぷん 2017/11/22(水) 11:54:01 ID:Hx7
    うちの田舎の葬式も、祝って送り出す風習だった。
    ばあちゃんがタヒんだ時の葬式は1週間飲み続け騒ぎ続けで
    飲めや歌えやの地域のイベントになっていて、
    仏様の前で朝から晩までとにかく騒ぎ続けた。

    それだけでも衝撃的だったんだけど、3日目の夕方に、
    お隣の爺さんが飲みすぎかなんかで脳卒中で倒れてそのままお亡くなりなった。
    そうしたら悲しむどころか
    「連ちゃんじゃ、40年ぶりの連ちゃんじゃー」
    と騒ぎがさらに盛大になった。

    「今年は良い年になりそうじゃ」と、
    参列者というかお祭りの参加者が口々に嬉しそうに話すのも衝撃を受けた。
    悲しんでいるのは一人もいなくて、全員、心から嬉しそうにお祝いしてた。
    7日目くらいには、「次はお前が逝けよ」「3連チャンは始めてたぞ」とか言い合う始末。
    結局、10日間くらいぶっ続けの騒ぎになったんだけど、
    みんな心から晴れやかな感じ。
    そう言う送り出し方もあるのかなと思った。

    232 :名無しさん@HOME 2008/06/26(木) 15:13:47 O
    ぷちだけど投下。

    結婚前の挨拶で、私の地毛で茶髪+天パを見てトメが「まああっ!不良だわ!」と言った。地毛と説明しても「嘘だわ!これは地毛じゃないわよ!」と言い張るトメ。
    まぁ、初めての挨拶なのに外見の印象悪かったかなと思い反省してた。

    それから髪のこと中心に嫁いびりされていた。

    先日旦那の親戚の法事に呼ばれた。
    髪をひとつに束ねてたんだけど「まだ染めてたのね!いい加減○○家の嫁として身なりを整えなさい!!」と叩かれた。(旦那がトイレにいない時)
    しかしそんなトメの髪は赤毛に近い茶髪。
    私の中でぷっつーーーーーーーーーーーーーーんと切れた。

    「あぁ?お前今何て言った?嫁は身なりを整えろだぁ?お前こそなんなんだよ。その髪。(トメのアホ毛を抜いて)私は生まれてから一度も染めてない。なのにお前の髪は私よりも赤いし白髪混じってるからお前染めてるだろが。」
    トメが「アテクシはベテランの嫁だからいいのよ」と言うもんで「ベテラン?よくいうよ。家事なんてほとんどできねーくせに。大体○○家ってそんなに凄い家柄か?単なるサラリーマンだろ」
    言い返せなくなったのか「嫁子はやっぱり不良よー!みんな見たでしょ?」と親戚に同意を求めるがみんなトメが叩いてたのを見たのでシカト。
    旦那がトイレから帰ってきてトメが旦那に泣きつくこうとしてたのでそこらへんにあったハサミを持って「こんなっ…こんな髪があるから悪いんだっ!」と切る真似をしようとしたら親戚に押さえつけられて泣きながらマヤってみた。

    「トメさんは私の髪が気にくわないのよ!私が気にくわないのよ!ずっといじめられてて…私…ヨヨヨ」
    結婚前転んでぶつけてあざになった所を見せるためわざわざストッキングをはさみで切って「実はこれ…トメさんが私を蹴った時…」旦那は知らなかったので「もういうな!気づかなくてごめん!」
    トメが「私は何も…」と弁解しようとしたら「親戚もトメさんは黙ってなさい!」「嫁子さんが可哀想だ!」と言ってくれました。
    トメは最後までふじこってたけど、旦那や親戚は法事の間守ってくれてトメは孤立してました

    このページのトップヘ