親戚

    675 :名無しさん@おーぷん 2020/01/06(月) 16:29:53 ID:Orf
    年末年始は仕事で、今日から数日休みなので帰省してる。
    実家に着いて荷物を整理してたら玄関が騒がしくなり、何事かと襖を開けたら飛び込んできた知らないおばさんに掴みかかられ、訳がわからないうちに天井を見てた。
    柔道でぶん投げられたらしい。
    分厚い脂肪がクッションになったのか私はノーダメージ。
    むしろ私は視界が襖→廊下→知らないおばさん→天井とくるくる移り変わって処理が追いつかない方にパニック。「は?」しか言えないロボットみたいになってた。
    デブな私を投げた細身のおばさんがバランス崩してるすきに旦那が間に入り、同日に帰省してた妹の彼氏が駆けつけておばさんをつかまえてくれた。
    私の修羅場はここまで。

    後から駆けつけた母に宥められ、リビングで全員テーブルについた。
    おばさんもパニックになっているようで、まくし立てているんだけど文章に必要な要素がたびたび欠落してよくわからない。
    母がお茶を淹れながらおばさんが父(昨年没)の方の親戚だと教えてくれた。
    おばさんは私達がおばさんのことを知らないのに動揺。
    なんとか話してくれたことによれば、全ての元凶は祖父母だった。

    563 :名無しさん@HOME 2010/09/24(金) 17:31:23 0
    トン切って

    結婚3年目のお盆に、当時8ヶ月の息子を連れて行った
    ウトメさん達はいい人で、赤ちゃんがいて大変でしょうと上げ膳据え膳してくださったんだが
    親戚一同が集まって酒が入ってくると、ウト側の親戚のじじぃ共に公開授㲗を迫られた
    旦那は料理のお運びでたまたま近くにおらず、どうやって逃亡しようか考えてたら、トメさんがすっ飛んできて

    「なんか聞こえの良いこと言ってますけど、嫁子ちゃんのお〇ぱい見たいだけなんでしょ!
    まったく、いい年して!赤ちゃんだって嫌がるでしょうが!!
    人に見られてもお〇ぱい平然と飲むような無神経な男はあんた達ぐらいですよ!!」

    と、一喝
    それからトメさんとコトメさんがさささっと私を促して別室へ連れていってくれた
    そのあと旦那を呼んできて、じじぃ共が部屋に入らないように見張ってろ!と言いつけてたw

    336 :名無しさん@HOME 2010/09/02(木) 15:29:34 0
    私は流産経験なしで三人産んで、
    「一回もそういうことがないなんて、本来流れるべき子まで産んじゃったんじゃないの?
    本当は脳に障碍とかあって、まだ小さくてわからないだけじゃないの?」
    とトメに言われた。

    夫は当然烈火のごとく怒ったが、トメ自身若いころ流産に悩んだそうで、
    周囲はみんな「気持ちは分かるが可哀想な人だから・・」で済まそうとした。
    会うたび「実は誰か一人くらい自閉症とかなんじゃ・・」と言われ続け(子供に直接!)、
    イヤになって会うのやめたら夫の親戚中から「心が狭い」と言われてるらしい。

    うちは夫がマトモだからやってけるけど、結局どんな嫁がきてどんな人生送ろうが、
    嫁のことを「=敵」認定するトメとは一生理解しあえないんだろう。
    どんないいことをしようが、どんなすごい成功しようが、
    「あんな人でもそういうことするのね」
    「あんな人でも成功するのね」
    としか思わないんだもの。「いいことする悪い人」にしかならないんだもの。

    195 :1/2 2011/02/19(土) 12:29:48 ID:7tO2dL/b
    ちょっと後味悪い身内泥ママ話。

    ウトは3人兄弟の末っ子で、一番上の兄Aは十年以上前にタヒ亡。
    昨年になってウト母(大トメ)が亡くなったので、私も含めたウト一家で帰郷した。
    普段は疎遠のA妻や4人のA子たちも合流し、ウト二番目の兄Bを中心に準備に追われる。
    私は妊婦なので楽な仕事だけさせてもらった。
    葬儀もつつがなく終わり、親族でほっと一息ついていると、私のアクセサリーの紛失が発覚。
    私は結婚前に両親亡くしていて、それは形見だった。
    旦那とコトメにも手伝ってもらって半泣きで探していたら、
    A子のひとりが慌てた顔で私のアクセを持ってきた。A妻が盗んだらしい。
    「みんな私にはずっと冷たかったのに、どうしてその子には優しいの!」と泣きわめくA妻。
    義実家もB家もいい人たちと思っていたので「この人たちが嫁いびり?」とパニックになる私。
    A妻を毆り、「お義母さんを無一文で追い出しておいて!」と怒り叫ぶB妻で修羅場になった。

    落ち着いてからきいた話。
    夫の大ウトを亡くしたあと、A夫妻の熱心な誘いでA家と同居した大トメ。
    皆で暮らすならと、同居する家の建築費用を全部出した。金額にして数千万。大ウトの遺産の大半。
    A夫妻の発案で、大トメの生活費はAの稼ぎから出すという話になり、
    大トメの面倒をみてもらうということで、Bとウトは自分たちの分の遺産をAに譲った。
    同居してしばらくは何事もなくうまくいっていたんだけど、Aが若くして事故タヒし、
    A妻は職歴もなく小中学生4人(全員私学)の子持ち専業主婦でありながら未亡人になった。
    その後、A妻は「Aさんタヒんだならお義母さんとは他人です」と別居を宣言。
    それも仕方ないと大トメは承諾したが、問題はA一家と同居するということで出した数千万。
    Bとウトは「全額は不可能だから要求しないが、せめて少しでも母に返すのが筋では」と言ったら、
    「子どもは可哀想だしこのまま私立に通わせます。家はAさんの形見なので売れません。
    私もたいした仕事つけませんから、学費大変なの。だからお義母さんが我慢するしかない」とA妻は拒否。
    結局大トメが「A子たちはこれから苦労するだろうから」と言い、わずかな荷物だけをもってA家を出た。

    856 :名無しさん@おーぷん 2020/08/02(日) 21:02:42 ID:XB.iw.L1
    私は未婚のまま母になった。しかし自分で産んではいない。
    某震災で親族の一部がごっそり亡くなり、生き延びたいとこ夫婦の子ども2人を引き取って育てている。
    今の旦那とは、その後に知り合って結婚した。
    私の事情も、2人の子どものこともすべて承知の上で籍を入れてくれて、困難もあったけど、誰がどう見ても太鼓判を押してくれるぐらい普通の家族として平和にやってきている。
    旦那の両親も私達に大変肩入れしてくれ、子ども達のことも本当の孫のように可愛がってくれた。
    おかげで現在、プチ反抗期に差し掛かってる子ども達も、義両親にだけは素直な態度をとる程度には懐いている。
    …で、こんな我が家のことを、長年義弟嫁が心から馬廘にしていたことが最近発覚した。
    旦那の弟は、旦那より先に結婚していて、うちの子達より年上の子(甥っ子×2)がいる。
    その甥っ子の一人が、反抗期で義弟嫁とバトルした流れで彼女のSNSを突き止めたらしく、そこに書かれた見るも絶えない我が家への罵詈雑言をスクショして旦那に送ってきたんだよね。
    うちの子達と仲が良い甥っ子の大激怒ぶりは凄まじかったし、同じスクショを見せられた義両親もカンカンになってた。
    書くのもおぞましいけど、「血の繋がらない他人孫に遺産がいくなんてありえない、タヒね」「まとめて震災でタヒんでれば良かったのにねw」「義理姉(私のこと)あれ絶対シ〇タだわこっそり我が子(笑)のお初摘み食
    いしてんじゃね?w」「保険金がっぽりとか、いやー姉さん、うまいことしましたなー」みたいな内容。
    ちなみに義弟嫁、これまで顔を合わせたときは全然そんなそぶりなかった。
    けど、なんとなく得体の知れない嫌な雰囲気は感じてたんだよね。
    我々の結婚にあたって、こちらの事情は義弟夫婦にも伝わってたんだけど、わざわざ初顔あわせのときコッソリ私に近寄って「2人もお子さんを引き取って育てるなんて…お姉さんは素晴らしい人ですね!尊敬しちゃいます!」ってわざとらしく涙ぐんできたから。
    なんかゴマすってきてるのが見え見えで、これまでずっと一定の距離を保つようにしてたから、SNS見せられた時も「なるほどやっぱりこれが本忄生か」と変に納得してしまった。
    まあ、だからといって怒りがなくなるわけでもないし、家族大好きな旦那も見たことないほど激怒。
    そこで先日、このSNSについてリモート追求会が開かれたんだけど、怒鳴る義弟(SNSのことは知らなかったようだ)+甥っ子に、泣きわめく義弟嫁で手がつけられず、単に義弟家族の楺め事を見せられて終わってしまった。
    コロナがあるからいまいち事態が前に進まないものの、義弟夫婦は離婚問題に発展したらしい。
    義両親も義弟嫁とは絶縁だと息巻いてるし、義弟嫁を受け付けなくなった甥っ子2人は完全に母親を無視してるらしい。
    この状況で、なぜか旦那のスマホに義弟嫁から「違うんです誤解なんです」的な言い訳ラインが来てるようだが、旦那は機械的に某毒舌5歳児キャラの決め台詞スタンプだけを返している。
    つーか、あれだけド直球内容のSNSのどこをどうとったら誤解になるのか、本当に神経分からんわ。

    このページのトップヘ