見合い

    539 :名無しさん@おーぷん 2016/06/19(日) 12:08:52 ID:AtQ
    夫の弟(以下義弟)がお見合い結婚したのが去年11月。
    早くも離婚危機となっている。
    先週、義母からスイカをもらったので、帰りに義弟家におすそわけに寄った。
    インターから義弟嫁さんにメールして「今から行くよ」と送っておいたが返事はなかった。
    玄関のノアノブに、コンビニ袋が下げてある。
    ちらっと覗くとアクエリアスのペットボトルが2本。ぬる~くなっていた。
    チャイムを押したが返事無し。
    ドアノブを回すと、鍵があいてる。
    義弟嫁さんの携帯番号にかけると、中から着信音が聞こえてきた。
    「ドアを開けて義弟嫁さーん?」と呼ぶと、ドスっと何か物の落ちる音。呻き声。
    ヤバそうだったので「入るよー」と声かけして入った。
    義弟嫁さんがベッドから落下していた。
    高熱で動けず、飲まず食わずで脱水症状を起こしていた。

    義弟は何をしてたかというと、高熱の嫁さんを置いてビジホに泊まっていたらしい。
    兄である夫が問いつめたところ、
    「今大事な仕事をやってる、うつされたら困る」と言ってさっさと退散、
    しかし玄関のドアノブにアクエリをさりげなく残しておく俺…という
    クールなツンデレ的セルフイメージのもと、そういう行動に至ったと供述した。

    今までもそんな態度ばかり嫁さんにとっていたそうで
    「口や態度では冷たくするが、ふとしたときにさりげない優しさを見せる俺…のつもり」で
    モラハラすれすれの言動を繰り返してたらしい。
    嫁さんの服や化粧をけなしてから「しょうがねえな俺がもっといいのを買ってやるよ、チッ」
    という態度をとったり(※嫁さんはその時点で萎えてるので買ってもらいたがっていない)
    料理をクソミソけなしながら完食したり。
    (※義弟本人は「あんなこと言ってるくせに全部食べてくれるなんて…優しい人」という反応待ちだった)

    義弟嫁さんは今実家で静養している。
    あちらのご両親は離婚させたいようで、義弟嫁さんもそれを望んでる模様。
    義弟は離婚したくないとゴネてるけど、夫に
    「おまえに結婚は早すぎた!現実とアニメの区別がつくようになってから出直せ!」
    と怒鳴られてしおれてる。

    5 :名無しさん@おーぷん 2017/09/12(火) 15:04:56 ID:IWq
    >>1
    乙です

    私が小学生の頃両親が離婚。
    20歳の時、父方の祖母(祖父は鬼籍)からどうしてもお祝いを渡したいという連絡が何度もあったので仕方なく事情知ってる友人と一緒に祖母の家に行ったんだ。
    生存確認の意味も込めて会いに行った私が馬鹿なんだけど。
    家に行ったら何故かヤンキーの女と2、3歳くらいの子供+女の父親と一緒に私の親父が待ってた。
    私の隣でニコニコ笑ってる友人を自分の娘だと勘違いしてたので
    「母をこ○そうとした奴を目の前にして、娘がニコニコ再会を喜ぶと思う?どのツラ下げて会いに来たんだクソが」
    もっと汚い言葉言ったと思う。友人に止められて呆然としてる奴らとオロオロしてる祖母放置してすぐに帰った。
    祖母から謝罪の電話がきたよ。
    どういうつもりか聞いたら私が喜ぶと思って、良かれと思って親父呼んだって。
    通院で良くなったけどフラッシュバックとパニック障害、当時小1だった私が白髪になるほど悪影響しか残さなかったと言えばどの程度クソかはわかってもらえるだろうか。
    あんな奴と血が繋がってるっていうのが嫌であの頃からずっと消滅願望が消えないのに。
    そのクソ親父と十数年越しの涙の再開!に本気で私が喜ぶと思ってたらしい。
    害でしかないし鬱陶しいからガチャ切りして祖母の電話を携帯から着拒

    で、25歳の時に祖母から母の携帯へ連絡がきた。
    普通さ、「久しぶり、元気にしてた?」ぐらいは言うと思うんだけど開口一番「私子ちゃんって今お付き合いしてる人いるのかしら?」と。
    不審に思いながら「結婚前提で付き合ってる彼氏がいる」と母親が伝えると「そう…」とそのまま切れた。
    電話から暫く経って、小太りで挙動不審なおっさんが私の職場に訪ねて来たんだ。
    本当に知らないおっさんだったわけだが、個室に通して詳しく聞くとこいつ親父と再婚したヤンキー女の兄だった。
    祖母が掛けてきた電話はこいつと私のお見合いをさせようとしたから。
    全くお見合いが進まないから興信所を使って私の事を調べてわざわざ会いに来てやった、と。
    もうね、ぶっ飛び過ぎてて意味わからないよね。
    私の知らないところで40手前のおっさんとのお見合いの話が出てたなんて。

    ・そもそも私はお見合いの話が出てた事自体知らないし、結婚を考えている彼氏がいる
    ・仮に私に彼氏がいないとしてもお見合いなんてしないし申し訳ないが貴方と付き合うなんて考えられない
    ・誰が好き好んであのクソ親父の再婚相手の兄と結婚なんてするか!
    ・人の事勝手に調べて気持ち悪い、なんなの?

    等思い出す限りだけど冷静に話したつもりだったのにヒートアップしてボロクソに言ってしまい、お見合いするつもりだった年下相手にいい歳したおっさん半泣き。ちょっと可哀想だったかな。
    今後関わらないと約束して帰ったので店に知らんおっさんが来た事を伝え母も着拒。
    他人になったとはいえ一度は姑だったから何かあった時用に一応残しといたけどこんな事になるなんて思わなかった、と母に謝られた…。

    複雑だし書き殴ったせいで読み辛かったらごめん。
    私の中でいろんなものが爆発した修羅場だったんだ。
    当時何故かヤンキー女の父親からお金渡されそうになったのはこの為だったのかな思うけど考え過ぎかな。
    兄妹の父親からの襲撃も警戒してたけどあれから何もなく私は結婚し仕事を辞め、母は再婚した。
    20歳の時親父達と会った事は母に伝えてない。ただお見合いの相手が勝手に来ただけだと思ってる。
    これからも伝える気はない、思い出さなくて良いクソみたいな出来事だから。

    23歳の時祖母から母へ連絡があり、親父が癌治療→良くなってきた頃に肝炎でタヒんだと聞いてた。可愛い盛りの子供残してさぞ無念だったでしょうね、ザマァしか思わなかったけど。
    もうあいつがいないって分かって解放されたはずなのに、なんでこうなったんだろ。
    タヒんでも尚迷惑掛けられるなんて
    他人だし、もう関わりたくないのでこのまま何も連絡なく過ごしたい。

    349 :名無しさん@HOME 2007/11/10(土) 00:45:03 0
    今から25年ぐらい前の話。
    親戚のにーちゃんが見合いを重ねてやっと結婚することになった。
    人付き合いがとても苦手でおとなしいお嫁さんは同居OKと。
    結婚が決まると彼らは隣の空き地を買い取り増築し、なんちゃって2世帯住宅に。
    新婚エリアにはでっかくきれいなキッチン作ってあげてた。

    しかしその家、台所や玄関口が2つあるのに、風呂場とトイレは1つしかなかった。
    そして 風呂場の 脱 衣 場 が な い。(廊下からダイレクトに風呂場へ)
    風呂場は親住居エリアの台所とトイレの間にあり、
    それらをつなぐ廊下は大変狭い上に、風呂場のドアは
    親エリアのリビングともいえる和室の出入り口のひとつと面していて
    その和室から台所やリビングに行くにはそこを通らざるを得ず、和室の戸は常に開放状態。

    あの設計はおかしい!私なら絶対あんなところに嫁に行かない!何考えあんな設計に?
    という私(当時中学生)に、ウチの親も口をそろえて
    「何がおかしいんだ?そんな風に考えるお前のほうがおかしい。
    お嫁さんはちゃんとうけいれているぞ」と私に言い続けてたよorz

    その3年後だったか、お嫁さんは半ノイローゼ状態になり、にーちゃん夫婦は公団住宅へ。
    そしてやっと子供に恵まれた。
    広い家に夫婦二人のじーちゃんばーちゃんはさびしそうで気の毒だった。

    ちなみに、ウトメに当たる人たちは過干渉でもなければ意地悪でもない。
    ウトはエ□ジジイでもない。みんないいひと。だけど辛かった。
    今は距離もとれて幸せ。お嫁さんはそういっていた。

    こんな話もあったってことで。
    スカじゃなくてごめん。

    134 :おさかなくわえた名無しさん 2010/03/18(木) 14:52:36 ID:XIxjisk6
    見合いで結婚したんだが、新婚初夜の事。
    温泉に入って部屋に戻ると嫁は既に電気を消してベッドの中。
    ドキドキしながらベッドに近付き声をかけようとした瞬間、嫁「何すんの」
    パニくった俺「おやすみ」と頬にキスして自分のベッドへ。
    そのまま新婚旅行はレスのまま終了。
    その二日後「イビキがウルサイ」からと寝室が別々になった。
    レスが9ヶ月続いた後に突然「子供が欲しい」と嫁。
    んでHの最中に「汁だけ出して私の中に入れること出来ない?」

    釣りと言われるだろうけど実際にあった話。

    119 :名無しさん@お腹いっぱい。 2012/12/05(水) 18:21:28
    2月に見合い、3月に結納、4月に挙式した。
    結婚35年で、子どもももう成人済み。
    恋愛感情はまったくなかったし、親と同居だから新婚気分もなかった。
    でも、夫婦としてそれなりにうまくやっていると思ってた。

    先日朝方、寝ぼけている嫁が俺の腕を振り払うので、
    「そんなに俺が嫌か」と聞いてみた。
    「うん」
    「自由になりたいか」
    「うん」
    「それならそれなりの手続きしなきゃな」
    「うん」
    はっきり返事をしていた。寝てるのに。

    起きてから、笑い話のタネにしようと、もう一度聞くと、
    そんなの全然覚えてない。言った覚えはない、きっとわたしは寝言を言ってた!と強く主張。
    「でもすごいハッキリ答えてたぞ~」と突っ込むと、
    急にポロポロ泣きだして、
    「ずっとそう思ってたし、あなたのことは未だに好きになれないけど、
    貯金もないし、仕事も、帰る実家もないので、家政婦代わりにここに置いて下さい」

    世間体もあるので離婚も出来ない。
    でも、実質俺には嫁がいなくなった。
    家にいるのは同居人で、嫁でもないのに生活費が必要な中年女…。

    このページのトップヘ