543 :おさかなくわえた名無しさん 2013/06/07(金) 17:06:49 ID:FJxLJHwR
    付き合ってすぐの頃にデートで緑地公園を歩いてたら
    彼が突然頭を掻き毟ったと思うと「いやああああああ!!」叫んで暴れ出し
    Tシャツを脱ぎ捨てて上半身ネ果で2メートルほど離れた木の下に走った
    あまりにもの奇行に怯えた私は逆方向に逃げようとしたら
    上半身ネ果の彼が「違ーう!待ってー!」と叫んで引き止めようとする
    「なんで脱ぐの!?」と聞いたら「スズメバチ!」とTシャツを指差すんでびっくり
    思う所があってTシャツを取りに行ったら「危ないから駄目!離れて!」とか
    言われたんだけど、見てみたらやっぱりっていうかカナブンだった
    Tシャツからカナブンを取って飛ばして見せたらへたり込んでた
    周囲に夏休みのお子さんいっぱいで悲鳴で充分視線を集めてから半ネ果になった男
    の彼女だと周りが認識して遠巻きにニヤニヤされたのが修羅場

    この虫嫌いの彼と数年後に結婚して今妊娠中
    先達の話によると出産の方が修羅場だと聞くので、出産前に書いてみました

    6 :名無しさん@おーぷん 2018/07/01(日) 14:35:28 ID:dEF
    今朝ベランダで洗濯物を干していたら
    カラスが飛んできて、手すりの上に何かデカキモイ芋虫を置いて行ったんだけど
    酷い、私が一体何をしたって言うんだ。

    8 :名無しさん@おーぷん 2018/06/08(金) 02:00:01 ID:NxN
    グロとかじゃないけど、少し虫注意な話


    長姉家族が北関東に住んでいて、夏休みに遊びに行った時のこと。
    長姉が住んでいたのは割と田舎のほうで、田んぼがあったりカエルの合唱が聞こえたりとのどかな所だった。

    そうなってくると夏なので、当然「カブトムシ狩り」が流行りだす。
    長姉の子は当時小学生の女子2人だったけど、義兄がカブトムシ大好きで網やらカゴやら買ってきて、夏休み中暇さえあれば娘二人連れてカブト狩りに精を出していたらしい。

    私が遊びに行った時も、次姉の子(男子2人)を連れて朝早くから森へ出かけて行っていた。

    昼頃私が気づいた時には玄関に置かれたいくつかのカゴにカブトムシ含め虫が何匹かすでに入ってて、こりゃすごいもんだなー、なんて関心していたんだけど義兄と姪2人ははなんか顔が暗い。
    どうしたんだろうと思って聞くと

    「今までも何匹か捕まえてきたけど、すぐタヒんじゃうんだよね、なんでだろ」

    とのこと。

    523 :名無しさん@HOME 2014/01/30(木) 21:21:56 0
    あの日のことは忘れない。梅雨明け間近の6月後半のことだった

    仕事が終わり愛する妻の待つ自宅マンションへと車を走らせる。
    雨雲が垂れ込め外は雷雨。帰宅ラッシュが重なり道は混雑気味。
    雷か・・・梅雨明けが近いな。これからもっと暑くなる。と、思いながら
    エアコンの設定温度を下げBGMを流し気を紛らわせる。
    そしてやっと混雑を脱し自宅マンションへと着く。
    駐車場に車を停め共用廊下へと走るがそれだけでびしょ濡ふ。

    そして自宅玄関に着き鍵を開け中へ入る。「ただいま。」・・・しかし何の返事も無い。
    いつもならリビングかキッチンから「おかえりなさい。」と元気の良い返事が帰ってくる筈だ。
    「〇〇?」妻の名を呼びかけて見るが返答が無い。妻の車は駐車場に停まっていたはずだ。
    明かりも点いている。
    胸騒ぎを感じた。神経を尖らせ耳を澄ませてみるが何も聞こえない。
    一際大きな雷鳴で不安が増幅される。俺は勇気を出してゆっくりとリビングへと向かった。
    そしてリビングを恐る恐る覗き込む。
    妻が硬い表情でフローリングの上で座布団も敷かずに正座をしていた。
    非日常的な光景を目の当たりにして俺は頭が真っ白になった。
    そして妻と目が合った。

    続きます。

    182 :おさかなくわえた名無しさん 2012/10/25(木) 11:13:56 ID:ubj0ckX/
    自宅の月桂樹を剪定した時、近所の人に分けてほしいと言われたのであげた。
    「香りが良かったわぁ」と感謝してくれたのに気を良くして、残った枝を玄関先に出し、
    『ご自由にお持ちください。カレーやシチューなどの煮込み料理に入れるといい香りがします。
     ただし、消毒をしていませんので虫喰いにご注意ください』
    と厚紙に書いてフェンスに張り付け、剪定ばさみまで置いておいた。
    2、3日雨も降らなかったのでそのままにしておいたらほとんどなくなっていた。

    数日後、ポストに月桂樹の葉と手紙が…
    「お宅のローリエに毛虫が付いていて刺された。近所迷惑なことをするな」と。
    葉っぱは毛虫付きだった。


    ついでにもう一つ。

    斜向かいの家族が自治会に入会したいというので、役員さんから入会届を預かり持って行った。
    留守だったので、汚れないようちょうど(たまたま)家にあった茶封筒に入れ、ポストに入れておいた。

    後日、別のご近所さんから斜向かい宅がうちの悪口を言い回っていると聞いた。
    自治会活動を利用して、会社の宣伝をしていると。
    確かに渡した茶封筒には、先日お参りした神社の名前が入っていたかも。
    それを宗教活動的な宣伝と取るとはあまりに理不尽な…

    他のご近所さんはわかってくれているから助かったが、
    むやみに名入り封筒を使うととんだ誤解を招くと学習した。

    そのためか?周囲から少しずつ距離を置かれている斜向かい宅の所業(毛虫)と思われる。

    このページのトップヘ