6 :名無しさん@おーぷん 2018/07/01(日) 14:35:28 ID:dEF
    今朝ベランダで洗濯物を干していたら
    カラスが飛んできて、手すりの上に何かデカキモイ芋虫を置いて行ったんだけど
    酷い、私が一体何をしたって言うんだ。

    8 :名無しさん@おーぷん 2018/06/08(金) 02:00:01 ID:NxN
    グロとかじゃないけど、少し虫注意な話


    長姉家族が北関東に住んでいて、夏休みに遊びに行った時のこと。
    長姉が住んでいたのは割と田舎のほうで、田んぼがあったりカエルの合唱が聞こえたりとのどかな所だった。

    そうなってくると夏なので、当然「カブトムシ狩り」が流行りだす。
    長姉の子は当時小学生の女子2人だったけど、義兄がカブトムシ大好きで網やらカゴやら買ってきて、夏休み中暇さえあれば娘二人連れてカブト狩りに精を出していたらしい。

    私が遊びに行った時も、次姉の子(男子2人)を連れて朝早くから森へ出かけて行っていた。

    昼頃私が気づいた時には玄関に置かれたいくつかのカゴにカブトムシ含め虫が何匹かすでに入ってて、こりゃすごいもんだなー、なんて関心していたんだけど義兄と姪2人ははなんか顔が暗い。
    どうしたんだろうと思って聞くと

    「今までも何匹か捕まえてきたけど、すぐタヒんじゃうんだよね、なんでだろ」

    とのこと。

    523 :名無しさん@HOME 2014/01/30(木) 21:21:56 0
    あの日のことは忘れない。梅雨明け間近の6月後半のことだった

    仕事が終わり愛する妻の待つ自宅マンションへと車を走らせる。
    雨雲が垂れ込め外は雷雨。帰宅ラッシュが重なり道は混雑気味。
    雷か・・・梅雨明けが近いな。これからもっと暑くなる。と、思いながら
    エアコンの設定温度を下げBGMを流し気を紛らわせる。
    そしてやっと混雑を脱し自宅マンションへと着く。
    駐車場に車を停め共用廊下へと走るがそれだけでびしょ濡ふ。

    そして自宅玄関に着き鍵を開け中へ入る。「ただいま。」・・・しかし何の返事も無い。
    いつもならリビングかキッチンから「おかえりなさい。」と元気の良い返事が帰ってくる筈だ。
    「〇〇?」妻の名を呼びかけて見るが返答が無い。妻の車は駐車場に停まっていたはずだ。
    明かりも点いている。
    胸騒ぎを感じた。神経を尖らせ耳を澄ませてみるが何も聞こえない。
    一際大きな雷鳴で不安が増幅される。俺は勇気を出してゆっくりとリビングへと向かった。
    そしてリビングを恐る恐る覗き込む。
    妻が硬い表情でフローリングの上で座布団も敷かずに正座をしていた。
    非日常的な光景を目の当たりにして俺は頭が真っ白になった。
    そして妻と目が合った。

    続きます。

    182 :おさかなくわえた名無しさん 2012/10/25(木) 11:13:56 ID:ubj0ckX/
    自宅の月桂樹を剪定した時、近所の人に分けてほしいと言われたのであげた。
    「香りが良かったわぁ」と感謝してくれたのに気を良くして、残った枝を玄関先に出し、
    『ご自由にお持ちください。カレーやシチューなどの煮込み料理に入れるといい香りがします。
     ただし、消毒をしていませんので虫喰いにご注意ください』
    と厚紙に書いてフェンスに張り付け、剪定ばさみまで置いておいた。
    2、3日雨も降らなかったのでそのままにしておいたらほとんどなくなっていた。

    数日後、ポストに月桂樹の葉と手紙が…
    「お宅のローリエに毛虫が付いていて刺された。近所迷惑なことをするな」と。
    葉っぱは毛虫付きだった。


    ついでにもう一つ。

    斜向かいの家族が自治会に入会したいというので、役員さんから入会届を預かり持って行った。
    留守だったので、汚れないようちょうど(たまたま)家にあった茶封筒に入れ、ポストに入れておいた。

    後日、別のご近所さんから斜向かい宅がうちの悪口を言い回っていると聞いた。
    自治会活動を利用して、会社の宣伝をしていると。
    確かに渡した茶封筒には、先日お参りした神社の名前が入っていたかも。
    それを宗教活動的な宣伝と取るとはあまりに理不尽な…

    他のご近所さんはわかってくれているから助かったが、
    むやみに名入り封筒を使うととんだ誤解を招くと学習した。

    そのためか?周囲から少しずつ距離を置かれている斜向かい宅の所業(毛虫)と思われる。

    111 :おさかなくわえた名無しさん 2004/10/21(木) 10:18:12 ID:GsW/l4RW
    今日寝てるときに、鼻の辺りがモゾモゾッとした感覚がして目が覚めた。
    その直後息を吸い込んだ瞬間、「フヒュッ!」と何かが一緒に吸い込まれた。
    「!?」暗闇の中慌ててティッシュを探して、鼻をかんでみたが一向に出てくる気配がない。
    しょうがないので指でとれないかと悪戦苦闘してみたけど、それらしいものは出て来ないうえに
    息を吸い込むたびに鼻の奥が、神経を直接刺激されるような
    チクチクした痛みが走る・・・、いつのまにか隣で寝てただんなが
    心配そうに背中をなでてくれてた。申し訳ないと思いつつむせ返ってみたが
    やっぱり出てくる気配が無いので仕方なく、しばらく横になっていた。

    10分後くらいに何かが鼻からのどのほうに抜けてきた感じがしたので
    ティッシュにその「何か。」を吐き出してみると・・・何か黒い・・・足・・・?

    明かりをつけてティッシュの上に見たものは、既に絶命している
    「ハエトリグモ」でした。・・・・・・おえぇぇぇええぇえぇぇぇ・・・・・・。

    ショックで今まで寝つけなかったよ・・・orz

    30 :名無しさん@HOME 2017/02/19(日) 00:15:37 0.net
    ※虫嫌いの方は飛ばしてください。

    中学生の時雑種の仔犬を飼いはじめた。
    我が家に来て1週間後に健康診断したところ
    "犬回虫"なるもにがいるとのことで虫下しのお薬をその日からエサに混ぜてあげていた。

    で、3日くらいしたある日トイレを失敗しないように見守ってたら
    ウ○チした後お尻が気になるような仕草をしたので見たら細長い糸みたいなのが出てて
    最初はイタズラして飲み込んだ座布団の飾りだと思ったのね。
    テッシュで取ってやると予想より長くてミミズみたいなもの…。

    まさか寄生虫触る体験ができるとは思わなかったよ…( ノД`)…

    508 :名無しさん@お腹いっぱい。 2012/09/17(月) 08:24:37
    ほんの1時間前の出来事

    今日は燃えるゴミの日だったので
    生ゴミと、昨日俺が抜いた庭の雑草を
    家の外で袋に入れていた嫁が、突然
    「うわーーーーーーーん」と叫んだ
    何だどうしたと駆け付けると

    「こおろぎさんがゴミ袋に入っちゃったー」

    うちは田舎なので、普通にコオロギがいるのだが
    抜いた雑草の中にコオロギが隠れてて
    そのままゴミ袋に入れ、中で飛び跳ねてることに
    気付いたそうだ

    「こおろぎさんがゴミ処理場で焼けタヒんじゃうから助けて!」
    と言って、コオロギ入りゴミ袋のゴミ出しを拒否
    嫁は、虫全般が苦手、もちろん触れない
    はいはいわかりましたよ、とコオロギ救出
    ありがとーと言ってゴミ出しに行った

    虫苦手なくせにw

    102 :名無しさん@おーぷん 2017/10/02(月) 18:29:23 ID:???
    スーパーにいったら、今年最後だろうゴーヤーが二袋残っていた
    一つはそこそこ大きいものが2本入って130円
    もう一つはでっかいのが1本入って130円

    どう見てもでっかい1本は、2本入りの2本を足した以上の大きさで、
    これは大きい方を買うしかないと思い、1本入りを買って帰った。

    ゴーヤーチャンプルーにでもしようかと包丁をいれたところ、
    中に緑の芋虫が何匹もコンイチハしてて、
    これは舌切り雀に出てくる、欲深ジジババが大きな葛籠を選んでひどい目に合う的な展開じゃない。
    あ~あ、なんでこんなことに。欲書きすぎたかな

    683 :名無しさん@おーぷん 2017/08/30(水) 13:40:50 ID:EDH
    今年のお盆に兄が婚約者を連れてきた
    家は北陸のF県、超田舎
    婚約者さんは大阪生まれ大阪育ちのとてもおっとりした女性だった
    和やかに実家で食事は進んでいたんだけど、玄関を開けたり閉めたりしているうちに大きなバッタが室内に侵入し、あろうことか婚約者さんの顔に止まった
    その瞬間、婚約者さんは悲鳴を上げて気絶した
    人が気絶するの初めて見て衝撃だった
    ちなみに婚約者さんはすぐに目が覚めて、一応病院に行ったけど異常なしだった
    母親と謝り合戦してた

    416 :名無しさん@おーぷん 2016/07/29(金) 02:18:20 ID:iEH
    誰もいないうちに
    数十年前にあった業者の勘違いから発生した自分的には衝撃的だった事。
    虫苦手な方はスルーでお願い。

    新婚当時、コンビニもないような田舎で暮らしてました。
    浄化槽みたいなのが各家庭にあって、上下水道の人が月に一回薬剤を集金後に入れていく。
    ある夏の日、トイレの水を流すと大量のカブトムシの幼虫みたいなのが
    流れてきて、虫が苦手ではなかった私でも鳥肌がたった。
    流しても流しても虫は消えず、パニックになったまま水道局に連絡。
    地域担当の人が来て浄化槽の蓋を取ると大量の虫が湧いていました。
    どういう事なのかと問い詰めると
    「先月分の料金を支払わないから薬剤を入れなかった」
    とのこと。
    支払った時の領収書を見せ、薬剤を撒いてもらいましたが謝罪はされず。
    「どこかの家と勘違いしちゃったかなぁ」
    と悪びれもせずヘラヘラした様子に怒りを感じるよりも、虫がいなくなる安堵感で謝罪を求めるのを忘れていました。
    今は別の場所に住んでいますが、あの光景が衝撃的すぎてトラウマになっています。

    このページのトップヘ