虐め

    750 :本当にあった怖い名無し 2012/08/29(水) 11:53:43 ID:Xzt+JeL30
    復讐の中に、障害者に対する酷い行為が含まれていますので
    嫌いな方はスルーしてください

    中学に入ったばかりの頃仲良くなった同級生A子は、身体障害者だった。
    障害といっても軽いもので、歩く時に少し足を引きずったり、喋る時にわずかに声が震える程度。
    頭の良い、優しい子だった。
    ところが、クラスの女王様気取りのB子とその腰ぎんちゃくC子が、A子をターゲットにして陰湿な虐めを始めた。
    A子の歩き方や喋り方を真似してゲラゲラ笑ったり、A子が話してると馬鹿にしたり、虐めの内容はとても幼稚なものだったが、
    とにかく1日中ネチネチ絡んでる。
    見かねて、いい加減にしなよと止めたら、私のことも虐めてくるようになった。
    私の容姿や、ちょっとした癖などを嘲笑ったり、聞こえるように悪口を言ってくる。
    身体的な危害を加えられるわけじゃないし、スルーしておけばいいやと思ったけど、
    多感な中学生にとっては、こんな幼稚な苛めでも毎日やられると結構精神的に堪える。
    それを見ていた他の人たちも、A子をかばうと自分まで虐められると思ったらしく、A子から離れたり、便乗して虐めたりするんで
    A子の周りには私をはじめごく数人の友人しか寄りつかなくなった。

    662 :名無しさん@おーぷん 2017/11/04(土) 21:36:17 ID:A6n
    小学校時代、男子A、Bにいじめられてた。
    テンプレ一通りのことはされてて、自杀殳することも何度かよぎった。
    体格も声量も劣る俺は、毎日奴らの良いようにされてた。

    ある日、ABに連れられて人里から離れた丘陵にある廃坑跡に行った。
    虫やら蛇やらが出る場所で、途中には野生動物の出没注意の看板もあるような場所。

    宿舎みたいな小屋の横に深く大きいため池があったんだが、な ぜ か ABはそこに落ちた。
    足が届かず、「おい俺!早く助けろ!」ともがきながら叫ぶA。
    近くにロープが落ちていたのを見つけたが、
    う っ か り ロープを全部投げてしまい助けられなかった。

    やがて先に沈むA。苦しむAに足を掴まれ水中に引きずりこまれるB。
    はしごもないし、四隅は垂直のコンクリ製。どうやっても自力では上がってこられない。
    水しぶきが聞こえなくなるのに時間はそこまでかからなかった。
    ドラマとかで見る溺タヒ体って浮くものだと思ってたけど、実は沈むんだってことはびっくりした。

    AB。ごめんね助けられなくて。
    俺、ズブでノロマで役立たずのひょろもやしだからさ。

    890 :可愛い奥様@\(^o^)/ 2017/01/29(日) 22:56:49.54 ID:hu++LxG30.net
    あたしが見た因果応報

    高校時代→男子にモテモテ、校内アイドル。

    短大卒業後→CAに。地方の有力代議士の息子に見初められ、玉の輿結婚。


    性格悪い女で、貧しい家の子やおとなしいブスを陰で虐めてた。言葉や態度で見下し、ネチネチと。

    そのまま要領よく、代議士の妻として、勝ち組人生とやらを歩んでいくのかと思っていた。

    ところが!

    結婚後数年で病気になり、子供取り上げられ、離縁されて実家に戻されていた。

    家柄が違い過ぎて、元旦那の親族にネチネチと言葉と態度で見下されつづけたのが病気の原因だといわれていた。

    寂れた実家で、ひっそりと息を引き取った。

    虐められていた子たちは、たぶん「ざまあw」と思ったはず。

    356 :おさかなくわえた名無しさん@\(^o^)/ 2016/02/08(月) 11:42:18.11 ID:hHCrrYyS.net
    今日何となく夫と昔の話をしたので厄落としとして書き落とします

    だいぶ前の話ですが、子供を身籠ってお腹も大きくなった頃
    後ろから「あのーすみませーん」と声をかけられ振り向いたら思いっきり真正面から殴られ
    咄嗟にお腹を押さえ、殴られた勢いのままに後ろに倒れて
    そこから記憶があやふやだけど誰かが叫んで何か聞かれ続けてぼんやりとしたまま答えていたら視界が暗くなって気が付いたら白い服の人達に囲まれていた
    それが病院の人達だと気付き、自分は助かったんだと安堵した

    落ち着いた頃に夫と遠方から来てくれた両親と義両親と会い、「本当に運が良かった、奇跡的に赤ちゃんも無事なのよ」と言われ初めてそこで泣いた

    その後色んな人に色んな事を聞かれた
    勿論事が事なので K察 の方とも何度かお会いした
    ここで初めてはっきり自分に起こったことを知った

    続きます

    218 :おさかなくわえた名無しさん@\(^o^)/ 2016/06/23(木) 21:08:12.39 ID:hTjpP78d.net
    小学1年の時田舎に引っ越してきて余所者+チビだったために苛められていたA
    (私はピザだったので同じく苛められていた)

    Aは高校で引っ越したために約9年苛められていた
    虐めの内容としては暴言暴力物隠し物壊し。
    そんなAがこっちに遊びに来るというので駅まで迎えに行った
    駅には当時のいじめっ子(代表をBとする)達が遊びに行くかなんかで集まってた
    やばい!と思う間もなくAが駅についてしまいB達と鉢合わせしてしまった
    B「あれ〜う〇このAじゃんw」(彼はいつもAをそう呼んでいた)
    A「……」
    B「相変わらずちっちぇなw」(Aは今年21だが146cm)
    A「……」
    B「なんかいえよw」
    うざ絡みするB。
    周りはBくん止めなよwって感じ
    で、下を向いてたAが顔を上げた
    A「言っていいんだ?じゃあ言うね」
    A「あんた21にもなって恥ずかしくないの?
    あんたのお兄ちゃんをコロした奴らとおんなじことしてんだよ?悔しくないわけ?」
    A「それとも優秀なお姉ちゃんを構いつつ
    忙しく働くお母さんに振り向いてもらいたかったからまだこんなことしてるのかな?」
    A「可愛そうな人だね。あの時私はあんたのお兄ちゃんのようにシんでやろうかと思っていたよ」
    その場の全員ぽかーん
    後で聞いた話によるとBは兄がいたけど、偏差値の高い高校に行ってから酷い虐めにあいジサツ
    それがきっかけで両親は離婚した
    だがそうなると近所に対する外聞が悪いので、そのあたりの地区の人々は口を閉ざしていたのこと
    A「よかったね、私らがシななくて。お兄ちゃんは虐められてシんで、私達を虐めてシなせたって言われるところだったね」
    B「な……あ……」(口ぱくぱく)
    A「でも、私がそこの人らにお兄ちゃんのことばらしちゃったね。秘密にしてたのにね?ごめんね?可哀想なBくん。じゃ、行こうか私子」
    私「アッハイ」
    私はチキンなところがあり言い返すなんてことは決して無かったからスーッとした
    と、同時にめちゃくちゃに言われて泣いてたAはもういないのね、となんか母親のような気持ちでもあった

    272 :名無しさん
    私は3人姉妹の末っ子で他の姉妹とは10歳くらい離れてます。
    小さい頃のお下がり(習字道具など)が汚かったりキャラクターが古かったりで恥ずかしかった。
    恥ずかしい反面・・・文化祭や運動会、部活で活躍する姉妹が自慢だった。
    だからみんなにはイヤイヤ言いながら大切に使っていました。
    そんなある日、姉が高校で野球部のかっこいいキャプテンと付き合い出すと・・・『なんかムカつく』『持ち物が汚い』『臭い』という理由で気の強い姉ではなくて私がターゲットになりました。
    最終的には卒業記念にと放課後、イジメの主犯の6年生(A子)が『お腹がすいてるでしょ?』とゴキ0リを口の中にin。
    そいつが卒業するとイジメはパッタリとなくなり他の子とも仲直りできた。
    どうやらみんなはAに言うことを聞かなければお前が食べろと脅されていたそうです。

    月日は流れ。私は高校を卒業して就職、結婚、妊娠、出産間近ということで里帰り(産休)した。
    A子はと言うと、推薦で大学へと進学したものの在学中に妊娠したため大学を中退、中絶、ニート。
    たまたま出掛けた先でA子に遭遇して、向こうから離しかけてきた。

    要約すると『あんたはキモイ』『すぐに離婚する』『子供も障害者だろ!嘘つきめ!!』『結婚式が身内だけなんて寂しい奴(笑)』『子供を預けて働くなんて虐待だ!』などなど。
    私は相手が誰だか気が付かず、『これが鬼女?キチガイ??』『赤ちゃんが危ない!!』と逃げようとしたが腕をつかまれ引きずり倒された。
    お腹にけりを入れられ動けなくなる私。A子は腕を振り回し私のかばんをひったくると走って入り口へ。

    そして入り口を出た途端・・・鳴り響く警報。

    A子は普段からこの治らない病気が発作的に発病していたが、親が権力持ちなのでみんな泣き寝入りしてました。
    が・・・今回の事件でで檻つきの病院に入院が決定した。
    私はご先祖様が残してくれたありがたい教えを守っただけ。
    『三つ子の魂百まで』ってね。

    651 :おさかなくわえた名無しさん@\(^o^)/ 2015/03/08(日) 10:56:13.18 ID:t9Lnk2Cb.net
    小学生の時、今でいう性同一性障害の男の子A君がいた。仕草が女っぽくて元々からかわれがちだったが遠足の時に間違えて女子トイレに入ってしまったらしく、その日を堺に「オカマ」と呼ばれていじめがひどくなった。
    ある日の道徳の時間、先生が「今日は特別授業です。先生をお呼びしますね」と言って教室を去った。数分後、ドアが勢いよくがらりと開いて、強面に厚化粧をし、ふりふりのケバいドレスを着た、漫画に出てきそうな強烈なオカマさんが登場。
    唖然とする私達を前に「こんにちは、本物のオカマでぇす。しのちゃんって呼んでね(はぁと)」としなを作りながらオカマさんは自己紹介。
    A君は元よりクラス全員が唖然とする中、しのちゃんの授業が始まった。
    自分が体は男なのに心は女であることに気付き、いじめられ続けたこと、おかしいことではなく個性だと思い、オカマになって稼いで見返してやろうと思ったこと。
    性別で人を区切るのは愚かで悲しいこと、人と違ってたっておかしくないということなど、涙で化粧が落ちるのも構わず真剣に語りかけた。
    みんな真剣に聞き入り、涙を浮かべている子もいた。
    授業の後で何人かがA君に謝り、翌日からいじめはぱたりと止んだ。
    しのちゃんは先生の元同級生だったらしく、その筋では有名なオカマさんらしかった。あれから二十年以上が経ったが、あの授業は今でも忘れられない。
    A君は今では学校の先生をしていると聞いたが詳しくは知らない

    501 :おさかなくわえた名無しさん@\(^o^)/ 2014/12/03(水) 16:37:39.24 ID:fTl7OEEp.net
    ここいらでいいかな?
    苛められてた頃の話、語ってもいい?
    スーッとはしないかもしれない。

    このページのトップヘ