蕁麻疹

    349 :おさかなくわえた名無しさん@\(^o^)/ 2017/08/08(火) 01:18:38 ID:ZOVS6m4H.net
    米アレルギーだった
    お寿司を食べると具合が悪くなるのでずっと生魚が駄目なんだと思ってた
    ある日親子丼を食べて具合が悪くなった時「そういえば以前オムライスを食べて具合悪くなったこともあるし卵も駄目なのかな」と思い、
    これを機にアレルギー検査をしよう、と病院へ行った
    しかし検査結果は問題なし
    そこで昔まとめサイトで米アレルギーの話を読んだことを思い出し、もっと細かい検査をしてもらったらビンゴ
    目から鱗が落ちるような気持ちと今までのいろんなことに合点がいく衝撃だった
    結婚以来蕁麻疹が出やすくなったのも、恐らく一人の時は炊飯の習慣がなかったのを夫の食生活に合わせて食事時お米を食べるようになったから
    ずっとダニか?埃か?と神経質に掃除して、それでも改善しないから引っ越しを検討してた
    検査はちょっと高かったけど無駄な引っ越しを考えたらだいぶ安く済んで良かった

    329 :名無しさん@おーぷん 2015/03/07(土) 18:45:11 ID:VD5
    彼女の家にチョコパイと缶のココアとハイチュウ(青りんご味)とビスケット(動物の絵のやつ)がたくさん置いてる時期があった。
    安売りで買い溜めしたんかなーと特に何も言わなかった。ある時アポなしで遊びに行ったら顔の半分点々が沢山出来てる彼女とご対面。
    「ありゃ、どうしたの?」ってお前それどころじゃねえだろーよと病院へ。医者に事情聞かれて答えたのがもうね……。
    「前に一度4ついっぺんに食べた時に蕁麻疹出て。でも単体で食べると蕁麻疹出なくて。組み合わせを変えて試してたら、やっぱり4ついっぺんに食べた今日蕁麻疹出た。」
    しかも左半身だけ。信じて貰えないかもしれないけど、大体綺麗に身体の半分に蕁麻疹。
    本人至って元気だったけど、医者に「分かってんなら試すんじゃねえ」とキツく怒られてた。
    本当もう……。アホ過ぎて……。俺の卵アレルギーには随分気を使ってくれるし、アナフィラキシーにも理解あるし、他人のアレルギーには細か過ぎるくらい気を配るのによりによって自分の体を実験台にするとは……。
    血液検査したけど小麦、卵、乳製品、その他オールオッケー。取り敢えず二度と実験はさせん。
    チョコパイ全部食ってやった。太った。どんだけ買い込んでたんだろうな本当……。

    575 :名無しさん@HOME 2012/09/09(日) 12:25:49 O
    アレ関連で一つ!

    身体の調子が良くない時に魚介類や甲殻類、苺を食べると蕁麻疹が出る
    呼吸困難とかまでいった事ないけど怖いから体調悪い時は気を付けてる
    で、私は上記が大好物

    それをトメウト旦那私で話してた

    ある日、私が体調悪くしてたらコトメが来てくれた。実の妹みたいに甘えてくれてたので、看病しに来てくれたのが嬉しかった
    そして、コトメが私に「はい、お母さんから苺。後、蟹雑炊の材料渡されたから作るね!」と言った
    慌てて「体調悪い時は蕁麻疹が出るから食べれないの。ごめんね」と謝ったらじゃあ違うの作るね、苺は体調良くなったら食べて、と

    そして帰ってからコトメがトメにそれを言うと、トメは
    「普段は大丈夫なのに体調が悪いから駄目なんて聞いた事ないわよ、嘘に決まってるでしょ。本当でも蕁麻疹程度ならタヒなない」と言ったらしい

    それにコトメ、切れたらしくトメを殴ったらしい
    ウトが来て事情を聞いたら「あの時一緒に聞いただろ、コ□すつもりか!」とぶちギレ
    それを聞いてコトメが更に切れて大変だったらしい

    それからはトメは毎日卵を出されるらしい。これで知ったがトメは卵アレルギーだったらしい。卵料理少ないと思ったらそれかと納得したが、アレ持ちでやったのかと恐くなった


    私自身はしてないが、コトメはトメが素直に謝るまで続けるらしいです。下手したら杀殳人だよと思いつつも止める気はない分ドキュかな

    349 :名無しさん@おーぷん
    この前母がうちにきた。私は子育て中でストレスからか生理が止まって蕁麻疹出てるんだけど、あんたの環境でストレス溜まるわけない、あんたがおかしい。掃除しないから蕁麻疹が出ると言われた。
    年子育ててるからそりゃストレスも溜まるし、掃除機も毎日かけて掃除もしてる。
    何より、四年前に引っ越した母と祖母のアパートで掃除機を一度もかけたことのない母に言われたくないよ
    なんでわざわざ誕生日にきてそれ言ってくかなー

    このページのトップヘ