蒸発

    5 :名無しさん@HOME 2017/08/10(木) 09:51:17 0.net
    初めて書き込みます
    見にくかったらすみません。

    結婚して1年
    1人っ子である旦那のアルバムを見させてもらっていると
    同じ男の子とうつってる写真が何枚もありました。
    「この子は?従兄弟?近所の子??」と聞くと
    「兄だよ」と返されました。

    1人っ子だと聞いていたのに兄????

    どうやら義兄は結婚して家を出たものの上手くいかず
    4年前に嫁と子どもを置いてどこかへ消えてしまったそうです。

    以降、義実家では義兄は最初から居なかったものとしているらしく
    嫁である私には話す必要すらないと考えられていたそうです。

    蒸発した兄がいる場合、嫁には黙っておくのが常識なのでしょうか?
    私的にはかなりモヤモヤです…

    615 :名無しさん@おーぷん 2016/04/06(水) 11:20:08 ID:fWL
    もう10数年前になるけど、今でも鮮明に覚えてること

    義父は私と夫が結婚するずいぶん前にタヒ去していたはずなのに
    いきなり本人がひょっこり現れて
    「ただいま」なんて言うもんだから、義母がびっくりして卒倒した
    ショックで人間が白目剥いて失神するところ初めて見た
    支えようとして下敷きになって足首ひねって痛かった記憶w

    義父はその20年くらい前に行方不明になって、ぼろぼろになった服だけが近くの山で見つかってた
    認定タヒ亡が使えなくて、7年待ってから失踪宣告という流れだったそうだ

    いつの間にか別の土地にいってどうにかこうにかして暮らしていて、
    最近になってふともともと暮らしていた

    住所の近所に来てしまい、
    懐かしさのあまり家を訪ねてみたらまだ家族が住んでるっぽい→ただいま!
    という感じだそうで、
    息子大きくなったなぁ嫁(夫の母)も相変わらず綺麗だなぁとか、ぽろぽろ泣いてた

    どうやって暮らしているか言わなかったけど、
    小奇麗な見た目だったのでそれなりに食べていけてるんだなと思った

    義父が失踪した理由はギャンブルで作った借金で首が回らなくなってのことだったらしくて
    本人がいないし遺体も見つからないから何もできなくて、
    たちの悪い借金取りが何年も家に来てたそうだ

    それで夫と義母はとても苦労してたって聞かされてた
    その苦労の元凶がのこのこ現れたもんだから、
    最初は生きてた喜びがあったみたいだけど、そのうち反省してない

    義父を見ているうちにふつふつと怒りがわいてきて、怒鳴り合いの喧嘩みたいになってしまった
    義母は数年前に良縁があって再婚してたんだけど、それも義父は気に入らないみたいで怒ってて
    でも義母にしてみれば唐突に借金残して蒸発した夫をようやく忘れて、
    子供を育て上げてやっと自分の幸せをつかみなおしたところだったので、
    元凶本人から浮気だ不倫だと責められてぶちきれてた

    結局、義母夫が義父を叩き出して、
    以降その話題には触れないようにという空気になってしまった

    多分ちゃんと失踪宣告の取り消しとかしなきゃいけないと思うんだけど
    、誰も何もしないまま10数年経過

    生きてれば70歳近いけど、どこでどう暮らしているやら

    142 :名無しさん@おーぷん 2016/02/11(木) 18:35:20 ID:MFM
    幼い頃蒸発した父親が生活保護の申請をしたそうで
    私の方に役所から扶助するようにという連絡が来た

    父親の口座に毎月5千円を振り込んでる
    たったこれだけでも娘からの援助があるとみなされて
    生活保護の申請が通らないらしい
    役所から再連絡があったら、その月だけ2万円入れて
    次の月は3千円とかにしてる

    色々あって父親から私へ直接接触してくることは
    ほぼ不可能

    腰が悪くてまともに働けないらしいねお父さん
    でもまあ5千円もあればしばらく食べていけるからね
    ありがたく受け取って
    クソ親父苦しめ

    899 :名無しさん@おーぷん 2015/08/17(月) 08:49:24 ID:TJK

    姉に育ててもらったのに、その姉の夫を好きになってしまったのが修羅場。
    墓の中にまで持っていかなければならないことなので吐き出したくて来ました。
    私=男。
    注意ゲイネタ。

    元々母子家庭だったが私が七歳のときに恋人ができたらしく母親が蒸発。
    専門学校に通っていた当時十九歳の姉が私と兄(当時十二歳)を育ててくれた。
    母方の祖父母もいたけど、年金暮らしの高齢者で金銭的には頼れなかったから姉は学校を辞めて昼は事務、夜は居酒屋で働いていた。

    浮いた話のなかった姉が結婚したのは私が高校生になった時。その頃には祖父母は亡くなっていて、兄は高卒で家を出ていたから姉と二人暮らしだった。
    当時の私は自分のセクシャルを自覚する前で、姉のご主人に男の理想象からか憧れた。
    実際姉と同世代の人だったからとても大人で、姉夫に父親を求めたのかもしれない。
    気が付いたら姉夫を好きになっていた。

    それからは毎日自分の中で修羅場だった。
    苦労ばかりしていた姉がやっと幸せになったって、最初は嬉しかったはずが段々姉が憎たらしくなっていった。
    姉に無意味に突っかかったり、せっかく作ってくれた弁当をわざと持って行かなかったりと、今思うと幼稚な反抗を繰り返した。
    何より、自分の感情が恋だって認めるまで時間がかかったし、認めてからはどうしていいかわからなくなった。

    姉が原因の不妊だとわかったとき、心の中で「ヤッター」って思った自分を糸交めこ○したくなった。不妊が原因で別れるんじゃないかと期待した。
    女だってだけで姉夫と結婚できた姉が妬ましかった。
    ただ、姉夫を誘惑する度胸はなかった。

    当時の私は姉に対する罪悪感と嫉妬で半分基地外になっていたと思う。
    姉と姉夫は反抗期だと思っていたみたいだったけど、姉と一緒に出掛けるたびに「階段から突き落とせば」とか、「姉がタヒねば姉夫さんは私を見てくれる」とか、基地スレにいそうな思考回路をしていた。
    高卒で家を出た兄は地元の工場に就職して一人暮らしをしていた。このまま家にいたら何をするかわからないと自分が自分で怖くなって兄のところに転がり込んだ。
    最初は追い出そうとした兄だけど、追い出そうとすると私がヒステリーを起こして暴れるからそのうち何も言わなくなった。
    兄とは殴り合いのケンカになることも珍しくなかった。
    何も言わずに家出同然で兄のところに行ったから、姉夫婦にも随分心配をかけた。
    誰にも相談できなくて毎日が辛かった。

    たいしたことじゃないかもしれないけど、あのときの自分の基地ぶりが修羅場。
    いまだに女性に興味を持てなくて、恋人を作っても全員同性。
    姉夫婦とは飛行機の距離に暮らしているから年単位で会ってないが、たまに電話がかかってきてそろそろ結婚しないの?って聞かれるのが地味に痛い。
    育ててもらった恩を忘れて姉不孝ばっかりしているから。
    姉夫を好きだったことも、同性愛者だってことも、カミングアウトできないから墓まで持っていくつもりでいる。

    25 :名無しさん@HOME 2014/10/25(土) 18:15:39.43 0.net
    ちょっと前の話で解決済だが、いまだに義弟嫁に恨まれてる話を書きます。
    義実家は裕福だと思う。義父はサラリーマンだが地主の長男だったので
    土地がありマンションやアパート経営をしていて、義母が管理会社を経営してた。
    今は義父が定年退職して義父が社長で義母が社員。たいした仕事量ではないので
    長男の旦那も義弟も大卒後普通に企業に就職。

    結婚は義弟が最初で、かなり反対されての結婚。と言うのは義弟嫁になった人は
    かなり貧しい生い立ちで母子家庭で生活保護をずっと受けていた。
    義弟嫁も高校は定時制で中卒後働いていた。定時制も続かなくて中退してる。
    差別ではないけどあまりに家庭環境が違うし、義弟嫁の母は義弟嫁の父親と離婚後シングルで子供を設けていた。
    ちょっと男にだらしない人で始終男出入りがある人らしくて、義弟嫁父との離婚理由は
    義弟嫁母の不倫だったことを義父が興信所入れて突き止めたしまったので
    それを踏まえの反対だった。

    でも今まで挫折なんて知らない義弟は、反対で燃え上がってしまって勝手に籍を入れてしまった。
    義父は激怒して義弟が結婚したら、名義を変えていくつもりだったものは全て凍結。
    義弟の給与だけで社宅で暮らしてる。
    義弟夫婦は孫が義父たちの心を溶かすと信じ切っていて、まだ就職したばかりで
    安給与なのに年子で子供を産んで、お金はきつきつだったらしくて
    孫が生まれたことを義実家に意気揚々と報告しに来たらしいですが
    怒りがとけていない義両親に締め出された模様です。当時まだ結婚してなかった
    旦那にもお祝いと言う援助依頼が来たぐらいです。義弟嫁が働けばよかったのですが
    年子の上誰も見てくれる人がいない。保育園は激戦区で職が決まった無かったため
    順位が低く入れない。入れても定時制中退の義弟嫁が稼ぐ給与では保育園代に足りないぐらい。

    そんな時に長男の旦那と私が結婚しました。私達は反対されることも無く、私が結婚前に
    不動産会社に勤めていて資格があったので、義父の管理会社に社員として入社しました。
    同時期に義弟嫁母が義弟嫁の年の離れた妹二人置いて蒸発しました。

    このページのトップヘ