腰痛

    437 :おさかなくわえた名無しさん@\(^o^)/ 2016/06/11(土) 16:57:42 ID:O4m/6L0l.net
    腰痛で行った病院の帰りに牛丼屋に寄った
    カウンタで待っていると突然背中にまるで丸太で殴られたかのような重い激しい衝撃を受けた
    「ヴゴガッ!」と今まで出た事のない悲鳴を上げ背中を丸めて痛みに耐えていると、足元に転がりこちらを見上げているオッサンと目が合った
    どうやら入口の段差に躓いて全体重をヒジにでも載せて俺の背中に倒れ込んだらしい
    「す、すみません」と謝るオッサンに「大丈夫ですか?」としか言えなかった
    すぐに牛丼が運ばれてきたが背中と腰の痛みですっかり食欲は失せていたがペコペコ恐縮するオッサンを前に一口も食べずに店を出るのも当てつけがましいようで、半分ほど無理に食べてから帰った

    7 :名無しさん@おーぷん
    会社での昼休憩
    同僚「腰が痛くてね…痛くて夜中に目が覚めるくらい」
    私「ええ?そりゃ大変だね、湿布貼ってる?早く病院行ったほうがいいよ。◯◯病院なら割りと遅くまでやってるし、帰りに行けばいいんじゃない?」
    同僚「うーん…でも息子(高校生)も足が痛いから病院行きたいって言うし、行くなら一緒にいかないと。でもあの子忙しいんだよねえ、部活(バスケ)とか塾とか」
    私「(バスケできるなら大したことないんじゃね?)とりあえず自分だけ行ってきなよ」
    同僚「だって連れてけって言われてたのに一人で行ったら『お母さんだけ行ったの!?』って言われないかな?」
    私「そんなこと言うの!?」
    同僚「いや分かんないけど…」「ご飯作ってても皿洗っててもさあ、腰痛いって言っても誰も手伝ってくれないんだよ」
    私「そりゃ痛いっていいながらやっちゃうからだよ、痛くてできないからやってよって旦那にでも言いなよ」
    同僚「旦那に言うと姑が替わりにやっちゃうんだよねえ」
    私「いいじゃんやってくれたら『やってもらえたラッキー』で」
    同僚「でも姑がやるときれいに洗えてなかったりするんだよねえ、洗い直ししなきゃならなくなったりするし」
    私「んじゃもう病院行ってさ、どっかで弁当でも買って帰りなよ、そしたら洗う手間もないし」
    同僚「うーん……」

    本当はもっと色々やり取りがあったけどこれでもはしょったくらい
    同僚には同僚の家庭の事情があるのだろう
    同僚は私にうんうん大変だね、って聞いてほしいだけなのだろう
    でも夜中に目が覚める程腰が痛いって言われて病院勧めない人は滅多にいないと思うんだ
    あーもうイライラするー
    私はまだまだ修行が足りません

    このページのトップヘ