育児

    778 :名無しさん@おーぷん 2016/07/27(水) 01:55:17 ID:Ynx
    今日、仕事帰りによったスーパーで迷子になった子を見かけてふと思い出した。
    いくつくらいだったか正確には覚えてないんだけど、多分3歳とか4歳とかだったと思う。

    それくらいの時に休日遊びに行ったデパートで親とはぐれて、ウロウロしてたら店員のお姉さん声をかけられて
    案内所まで連れて行かれて親呼び出して貰って、涙目で慌ててやって来た母ちゃんに
    「ん、ごくろう」って言ったらすっげぇグーパンチを頭に食らって泣いたんだけど、
    その「泣く」は「迷子になって泣く」や「迷子になった時に親が見つけてくれて泣く」に含めても大丈夫ですか?

    母ちゃんがタヒぬまで文句言ってたな。
    「あれほどムカついた事は人生で他になかった」とまで言われた。
    スーパーの子は、すぐお母さんに発見されてました。

    375 :名無しさん@おーぷん 2015/09/16(水) 13:59:26 ID:???
    あーもーやられた。
    母子手帳びりびりに破かれた…表紙も中数ページもびりびり。
    予防接種とか今後使うところは無事だったけど、なんかもう思い出全部びりびりにされた気分。
    1番悪いのは子の手のどとく所に置いておいた自分って分かってるけど、やられたって気持ちが大きすぎて怒ってしまった。叱るんじゃなくて怒っちゃって自己嫌悪…。
    しかしまさか先日まで開けられなかったチャックを開けられるようになってるとは…。
    今度の休みにマステ買ってきて表紙だけでも直そうと思うんだけど…なんかもういろいろ悲しい…。

    717 :名無しさん@HOME 2018/10/07(日) 19:44:09 0.net
    旦那が義実家一家と昼から出掛けてまだ帰ってこない

    新生児いるんだから早く帰ろうとか早く帰そうとかないのかよ
    そもそも嫁いびりして会わなくていいってなったんだから、私の機嫌が悪くなることくらい分かってんだろ
    本当に一家揃ってデリカシーないわ

    347 :名無しさん@おーぷん 2015/08/22(土) 22:35:11 ID:???
    ごめんなさい、吐き出し。

    ムスメ@1歳児がダンナがどうもダメ。抱っこしても泣くし、あたしがトイレに立った瞬間から泣き出すくらい。
    じじばばに対してはそんなことないんだけど…。
    げんいんはあるよの。
    ムスメの嫌がること(顔に息をかけ続けてみたりとか、泣いてるのにもう知らないとか言ったり…)をしたりとか。で、あたしも嫌がってるからやめなよって言うんだけど…

    今日、俺とムスメ一緒にいないほうがいいよね?俺のこと嫌いだろうし、抱くだけで直前まで機嫌が良くてもギャン泣きするし。
    と言い出した。
    それって違うんじゃないの?って言っても聞かず。
    で、周りにはムスメは俺のこと嫌いだからと言い回し。

    なんかね、疲れた。どうしたらいいのよ。
    そもそも、大人だって、お前のこと嫌いだって言われたら壁作るじゃん?

    失礼しました。

    975 :名無しさん@HOME 2013/05/24(金) 13:29:23 0
    ねーちゃんの出張のとき、親がねーちゃんの子どもら預かったこと。
    可愛がってやるつもりでいたのに、あいつらが宇宙人みたいで、
    まともなコミュニケーションが全くできなかったこと。
    うちの母親が作る料理を全部「なにこれ」「マクド」と言って食べず、
    数日間、マクドと菓子パンとジュースだけで暮らし、
    母親が作ったごちそうが、ほとんど生ごみになったこと。
    休みだしどこか連れてってやると言っても、面倒がって顔も洗わず、ずっとDⅤD流しながら、
    DSしていたこと。
    子どもが3人もいるのに、DⅤDの音だけしかせず、家の中が不気味なほど静かだったこと。
    声かけても、誰も返事もせず、「マクド」「なにこれ」「ウザ」しか声聞いた覚えが無いこと。
    一番下(一年生)が最後ちょっと心開いて寄ってきたから、
    近所の公園連れて行ってブランコ乗せたら、カカシみたいで、こげなかったこと。
    帰ってきたねーちゃんに「一年生なのにやばくない?」とその話したら、
    「公園とか行きたがるとウザいから、そういう余計な事しないで」と怒られて、
    「いやそれおかしい、子どもは遊びたくてあたりまえじゃん」と言ったら、
    「母親失格だって言いたいの!」とヒステリー起こして泣かれたこと。
    親に「お前が謝れ」と言われたこと。

    このページのトップヘ