義弟嫁

    622 :名無しさん@おーぷん 2015/03/04(水) 07:37:14 ID:FQ6
    うちは夫より義弟の方が結婚は早かった。
    私たちが結婚した時、義弟夫婦は結婚3年目で子供はまだいなかった。
    結婚して2ヶ月ぐらい経った頃のこと。
    義母からコソッと「私ちゃんには言いにくいことなんだけど・・・」
    と前置きしたうえで、「A子さん(義弟の奥さん)がね、私ちゃんたちに
    できればしばらく子作りは控えてくれるように頼んでくれって」と言われた。
    私が鈍いのか最初は意味が分からなかったけど、
    義弟夫婦は子供ができなくて悩んで、最近不妊治療を始めたんだけど
    ストレスは大敵だから、あとから結婚した私たちが先に妊娠したら
    物凄いプレッシャーになる。だから控えて、ってことみたい。
    そんなこと言われても私は当時28歳だったし、
    夫とも子供が最低でも2人は欲しいねって言い合ってたし
    せめて一人目は早く欲しいって思ってたからその通りに義母に話した。
    実はその時点で生理が遅れてたから、もしかしてって思ってたんだ。
    ていうか、そんな伝言引き受けるなよーと、ちょっと義母に対してイラッとした。
    夫にそのまま話したら「そんなことは遠慮することじゃない」と一蹴。
    そして私の妊娠が判明したんだが、A子さん荒れること荒れること。
    あとから来たくせに先に妊娠して無神経!嫌な女!って、そのまんま言われた。
    かなり凹んだし、ショックだった。
    初めての妊娠がなんか変な空気になって、まぁそれだけが原因でもないんだろうけど
    赤ちゃんの心音が止まった・・・。
    それから半年ほど経って、不妊治療が功を奏しA子さんが妊娠した。
    そして順調に女の子を出産し、母になった。
    幸せそうに赤ちゃんを抱いて義実家でみんなで迎えたお正月、
    そのA子さんに「私さんも早く赤ちゃん産まないと。もう年も年なんだから」って言われた。
    生まれてこれまでの人生であんなに人を殴りたいと思ったことはなかった。
    が、幸いにもその年の暮れに妊娠が判明。
    大事に大事をとり、夫の協力もあって
    安定期まで妊娠のことは伏せたまま実家で過ごし、男の子を無事出産。
    義父母も喜んでくれてるけど、A子さんだけが「今どきはやっぱり女の子よね。
    女の子はかわいいもん。男の子なんてどうせどっかの女に盗られちゃ牛」とかって難癖つけてくる。
    Aさんと会うと、とにかく何かひとつケチつけなきゃ気が済まないのか
    その後もいつもそんな感じで面倒臭いのによっちゅう義実家に入り浸ってるので
    夫と相談して義父母とは義実家に行くんじゃなくて
    外で食事に誘ったりうちに呼んだりして孫と交流してもらうことにした。
    夫と義弟は元々あまり仲の良い兄弟じゃないので、夫もそれでいいと言ってくれるし。
    そして今、私の方はお腹に第2子がいる。女の子らしい。
    今回も大事をとって息子と一緒に実家にいるが、今回は義父母には報告済み。
    生まれるのが楽しみだけど、ちょっと怖い。とりあえずA子さんとは更に距離を取ることにする。

    453 :名無しさん@おーぷん 2015/12/14(月) 11:04:37 ID:NNo
    私26歳主人28歳、25歳の義弟が結婚したんだけど義弟嫁が53歳バツ2子供5人孫2人。
    ウトメより歳上ってどういう事だよ。
    立場的には間違ってないけど事あるごとに「おねえさぁ~ん(はあと」って言われるのがなんかイヤ…。
    そのくせ掃除やら料理やらには糞トメ根性.丸出しで「おねえさんの為の善意のアドバイス」(と言い張ってるけどただの嫌味)をしてくるのもイヤ。
    義弟嫁の子供と孫達をダシにしてウトメに「お義父さん達にいきなりだけど孫と曾孫まで出来てよかったですね♪そういえばお正月もうすぐだ~うふっ」と暗にお年玉渡せと要求してんのも気持ち悪い。
    義弟は義弟で歳上だから義弟嫁に何かと注意しにくそうなウトメと、
    義弟嫁に逆らえない私達夫婦(実際はただ関わりたくなくて放ってるだけ)という状況を見て自分がこの中で1番偉いかのように勘違いしてて面倒臭い。
    もううちに来んな!

    552 :名無しさん@HOME 2019/02/27(水) 13:31:37 0.net
    この前、旦那の親戚の葬儀があった。
    義弟嫁が1歳の甥をサイズの合わない抱っこひもで抱っこしていて
    (義弟がかなり背が高く、義弟嫁は150ないくらい小さい)
    辛そうだなと思ったので、
    「もしよかったらうちの子で使っていた抱っこひもを貸そうか?うちのはだいぶ使ってくたびれてるけど使ってみてよければ、買ってもいいし」
    私は標準身長なのでMサイズの抱っこ紐でしたが
    義弟嫁は背が低かったのでちゃんとサイズがあったものの方がとも思っていました。

    義弟嫁が「じゃあ、明日もってきてもらっていいですか?」と言ってくれたので帰宅後引出から引っ張り出して
    (義弟が義弟嫁と結婚したあとに「育児用品とっといてねー子どもが生まれたら御下がりしてよ」と言われていて、
    もうその段階でだいぶ御下がりでママ友さんにあげてしまっていて抱っこひもしか残ってなかった)
    ダンナに「あーやっぱりだいぶ色あせてるやー、、、大丈夫かな?」と確認
    ダンナも「明日一日でしょ? 向こうも使ってみて欲しくなったら買うでしょ?」
    と、そうだよねーくらいの気持ちで持っていきました。

    持っていき、「あ、これ、昨日言ってたやつもってきたよー」とわたすと
    義弟嫁は「あー、、、だいぶくたびれてますね」と。。。。

    まぁ、うちの子が2人、が首が座ってから2歳まで。合計4年はガンバってくれていた品物で、
    洗濯できるものだから使う度に洗濯してたし、そこから3年ほど引出で眠ってたし。。
    グッとこらえ。。。。。  


    きれず
    「まぁ、うちの子で4年は頑張ってもらったしねー(笑)でも、使ってみるとけっこう楽よ?」
    と言っちゃいましたよ

    256 :名無しさん@HOME 2012/01/08(日) 23:22:08 I
    義実家に行って来た。
    私たち夫婦と1歳10ヶ月の息子(喋れない)
    トメはコタツでダラダラし、私たちは息子の遊び相手をしていた。
    すると、車の音が聞こえたので義弟夫婦が到着がわかった。
    荷物の搬入を手伝うために玄関まで出て行ったら義弟夫婦と対面した。
    簡単に挨拶をすませたら義弟夫婦が息子に大好きなおもちゃを持ってきてくれていた。
    狂喜乱舞になる息子…

    私「息子!ちゃんとお礼してからでしょ!」
    義弟嫁「まだムリだよねぇ~欲望のままな歳でしょ?」
    私「本当にありがとうございます。」(息子を捕まえてお礼させる)

    トメ登場

    トメ「この子はお礼も録に言えないの?!」
    トメ「お礼っていうのは人として最も大切なことなのよ!」
    トメ「こんなんじゃ先が思いやられるわね。はあぁ~あ!(ため息)」

    私「すみません…」

    義弟嫁「あっ!トメさん、あけましておめでとうございます。」
    義弟嫁「これ、頼まれてた○○の大福です。」

    トメ「あらそう。冷蔵庫に入れといて。」

    義弟嫁「トwメwさwん!挨w拶wおw礼w人wとwしwてw大w切wなw部w分w部w分!」
    義弟嫁の爆笑タイム

    今回はトメが正論だったとは言え、何かあったら言い返す準備はしてたのに。

    やっぱり、つっこみが盛んな国出身の義弟嫁は頭の回転が凄まじく早い。

    636 :名無しさん@HOME 2017/11/07(火) 10:26:00 0.net
    義弟嫁と才柔めたわ。
    私は悪くない。

    才柔めた理由が、ある日突然クール宅急便が届いた。
    「山田太郎(夫の名前)様方、田中花子様」あてで。
    田中花子なんてウチにはいません、と言うと
    困った顔で荷物を持って帰ってくれた。
    それから数時間後に義弟嫁から
    「荷物届きました?今から取りにいきまーす^^」と連絡がきた。
    その時になって、田中花子は義弟嫁の旧姓(現在や山田花子)なことに気付いた。
    事情を説明したら受け取り拒否した私が悪い、と怒るし
    名前で気付かないのもおかしい、と怒るし
    すぐ運送会社に連絡して再配送の手続きをして、と言われるし。
    いや、荷物届くなんて聞いてないし、そもそも何故ウチに?となったんだけど
    義弟に内緒の荷物だったのでウチを勝手に取り次ぎに使ったみたい。
    事前の連絡もないからわからないよ、って言ったら
    じゃあ事前に言ったら取り次いでくれたの?って聞かれて「いや、それは……(嫌だし)」となって
    ほら、見ろ!と何故か勝ち誇られた。
    腹がたったので、二度とウチを使わないで。今回も再配送は頼まないって送ったんだけど
    義弟嫁は「家に一日いる専業なんだから、それくらいしてくれてもいいでしょ」って理屈で押してきてうざい。
    ちなみに内容物はお取り寄せの何かだったらしい。

    元々ウザかったけど、今回のでもう絶縁するわ。

    このページのトップヘ