義姉

    747 :名無しさん@おーぷん 2017/03/21(火) 19:44:14 ID:rdN
    夕方、何を書いても~に間違って投稿してしまった内容なのですが。

    義姉との付き合いで悩んでます。
    5月に義姉が挙式披露宴をするんですが、その件で義姉にキレられてるようです。
    前提として、我が家は1歳になったばかりの子供がいます。
    挙式が行われるところは新幹線の距離。挙式は神社で行い、場所を変えて披露宴をされるそう。
    また夫と義姉は昔からあまり仲良しではありません。

    以前から、お互いの家族対応はお互いで、と夫婦で決めていたので義姉とはほとんど話したこともなく、今回も夫が義実家対応をしてました。
    子供がとても長時間大人しくできそうにないし、挙式時間がちょうど昼寝タイムだから、夫だけ挙式に出席して、
    昼寝から起こした後に私と子供は披露宴に出席すると夫や義母と相談して決めて、義姉には義母から伝えました。
    それが義姉の不興を買ったようで、
    ・三人揃って挙式披露宴ともに出席すべき
    ・そもそも連絡が夫→義母→義姉なのはおかしい。直接私→義姉とすべき
    ・親族になったのに会ったのが2、3回っておかしいでしょ?
    といった内容の超長文メールが送られてきました。

    正直、そんなの夫に言ってくれー!と返したい。
    こっちは四月に保育園入所&復職が控えていて、準備に忙しいんだよ…。
    1歳児の昼寝を自在にコントロールなんてできないし、挙式・移動・披露宴とおよそ5時間もの間、周りに失礼のないよう対応するなんて考えただけでもキツイ。
    普通、厳粛な挙式はむしろ㲗幼児遠慮しろって言われますよね?
    夫は出るんだから、披露宴だけでどうか勘弁して欲しい。

    挙式参列断った人はどういう風に断りました?
    また、実際に㲗児連れで参列した人はどれくらい大変だったかよければ教えていただけないでしょうか。

    770 :名無しさん@おーぷん 2016/05/29(日) 01:17:21 ID:ihm
    私現在40歳。夫は34歳。
    6年前に夫実家に結婚の挨拶に行った時、姑と出戻り同居中の義姉に猛反対された。
    「34歳の嫁なんてとんでもない」って。
    義父は3年前にタヒ去していた。義姉は小さい子供が2人いて働けず、姑もまだ年金もらってなかったため、当時の夫実家の大黒柱は夫。
    結婚前に自分は実家から出れないから結婚後は実家で同居してもらうと夫に宣言されていたけどどうしても姑と義姉と同居できる自信がなく、月10万私の給料から姑に仕送りすることを条件に別居させてもらった。
    私の勤め先は中小を通り越して零細企業で給料から10万を差し引くと小遣いしか残らなかったがそれでも節約して夫の給料だけでしのいだ。

    781 :名無しさん@HOME 2013/01/15(火) 09:57:22 i
    今妊娠中なんだけど最近近所に越して来た旦那姉が「30で産むって怖くない?」
    やら「妊婦って体型笑えるよね」とか
    色々言ってくる。
    毎回言われる訳じゃ無いからなんだよこの人と思いながらスルーしていた。
    でもこの前久々に偶然会った時第一声が
    腹でかっ、怖!で子どもの障碍考えたら
    高齢出産しないと思う、自分さえ良けれ
    ばいいんだと言われたので
    「義姉さん不妊治療成功して子ども出来たらどうするんですか?30でダメなら40の
    義姉さんもっとヤバいですよね」
    と言ったら呆然としていた。

    5 :名無しさん@HOME 2010/05/28(金) 17:52:30 0
    3人目出産時、一番上の小学校の入学式とかぶるので里帰りナシ出産。
    無事娘も生まれたそんなある日、義姉さんがアポ無し凸。
    …と言ってもこの方はとっても良い方で、
    その日も義姉トメ方からの貰い物のおすそ分け、しかも調理済み、さらに超メシウマ、
    そしてなんと玄関先で帰る気満々だった。
    玄関でお礼を言って、「体大事にね」とさっさと帰ろうとする義姉さんが
    ハッとなってマジマジと玄関にある靴を眺めた。
    そして「…いいかしら、ちょっとお邪魔して」と言うので
    「どうぞどうぞ!!!!!」と迎え入れたら、義姉さん速攻で
    娘の横で寝っ転がっていびきをかいてるトメを起こし、
    低い声で寝ぼけ顔のトメに
    「あんた何してんの…赤ちゃんいるのに…嫁子さん大変でしょうが…」
    トメ、焦りながらも
    「違うわよ、お手伝いしてたのよ」と言うが
    「寝腐ってたくせに…寝るなら家で寝なさい。
    姑がいたらママは休もうにも休めないでしょ!」
    トメ「そんな事ないよぉ…ねえ嫁子ちゃん?」
    「嫁が姑に向かって言いたい事言える訳ないでしょうが!
    それが嫁と姑!分かった?さ、赤ちゃんねんねしてるからさっさと帰るわよ。
    ただでさえ夜中起きて授㲗して、昼は昼で○男ちゃん達(上の子)の面倒見て、
    疲れきってるに決まってるでしょうが。
    嫁と姑はスープが腐って乾いて粉になる位の距離でいいんだよ!バカね!」
    私「申し訳ないですが、お手伝いといっても何もしてくださらず、
    何もかも私がして、お母さんのしてる事と言えば娘の寝顔を見てるだけですから…」
    「そんな風に思ってたの?」と軽く切れられたけど、「ええ、はい、ホントの事ですよね?」
    ウダウダ言ってたけどトメ回収~~w
    今度は自分で言えるようになろう…

    818 :名無しさん@おーぷん 2021/06/14(月) 18:42:31 ID:Vb.ms.L1
    しょうもない愚痴だけど、疎遠にしてる義姉が今更すり寄って来ててウェ~って感じ。
    内容は義母のこと。
    義母は所謂『自然派』
    冷凍食品なんて論外。市販のおやつやレトルトには発がん忄生のある添加物が!電子レンジの電磁波には~ってそんな事ばっかり言ってるタイプ。
    外食でもそういうお店を調べて来て、自然派ルールを守ったお店にしか行かないの。
    お肉はきちんと飼育されているものじゃないと!とか国産無農薬野菜を選んで買う!とか、世の中の為になるような事もしているし、
    時間や手間をかけて頑張ってるのは確かだから頭ごなしに否定するつもりは無い。
    ワクチンは毒!!とかそういう事は言わないし。

    ただ、それを押し付けてくる所があるのが私は無理だった。
    結婚当初から、「そんなもの食べてたら子供に悪いわ!(妊娠してない)」と
    自宅に来て食品を捨てまくり、お説教。
    そこで旦那がキレて以降、距離のある所に転居して住所も教えてない。
    夫は健康科学を大学で学んでいたし、余計にムカついたみたい。

    私たちの結婚から数年後、夫兄が結婚。
    結婚式が済んでから、正月に義実家に顔を出した時、またしても義母の『健康講習』が始まった。
    あーあー、そんな新婚なのに義姉さんやばいんじゃないの、ドン引きでしょ。
    と思ってたんだけど、先に到着した義姉には私について色々と吹き込んでくれていたようで、
    「この人ったらズボラでレトルトとか冷凍のばっかり使うのよ~私が何度教えてあげてもだめなのよ」
    「お肉とかお野菜とか健康のことだって全然気を遣わないのよ~」
    「実は、結婚して3年経つのに子供まだなのよ。多分治療してるんだと思うんだけどね。やっぱり食生活だと思うのよ。」
    って台所で聞こえる声で義姉と笑ってた。
    その上、二人きりになった時に義姉から、
    「ひょっとして、お料理苦手なの?教えてあげようか?レトルトなんて使わなくても簡単だよ」
    「オーガニックは高いもんね、治療してると家計もね…」
    と言われた所でムカついて適当に理由付けて帰った。
    それ以来、義実家にも私は顔出して無いし、義母にも会ってない。
    夫兄がヘラヘラしながら「嫁が『私さんのプライドを傷付けるようなこと言っちゃったかも』って言ってたけどなんかあった?ごめんね~」って電話してきたのが更にムカついた。

    そこからまた数年流れて、うちは夫が転職して義実家からは飛行機と車の距離で子供もまだ小さいから相変わらず顔出てない。
    夫がたまに電話して生存確認。行事の写真くらいは送ってる。

    実は義姉と夫兄、不妊症って訳じゃ無いんだけどなぜか子供が出来ないらしくて、しばらく病院に通ってるみたい。
    田舎だから、長男夫婦に子供が出来なくて病院通ってるって有名みたいで、義母の健康!健康!に拍車がかかってるらしい。
    夫兄は相変わらずヘラヘラしてのらりくらりで盾になんかなってくれなくて、義姉は「もうおかしくなりそう!」って実家に逃げたらしい。
    義姉実家から、「お願いだから義母さんと夫兄くんを説得して~」って泣きの電話が入ったけど、知らんなー私は義実家の電話番号知らないし育児に家事に忙しいからごめんねーで切っちゃった。
    色々思うところは無くは無いけど、忙しくて考えてる暇ないからごめんよって感じ。
    その後今日になって長文の手紙が届いて、
    「あの時は長男の嫁として義母さんの言う事を聞く他~、私さんには悪いことしたとその後反省してー、酷いこと言ってごめんなさいー、」って書いてあったけど、知ーらないっと。

    このページのトップヘ