義妹

    46 :名無しさん@おーぷん 2016/12/15(木) 07:46:08 ID:Eh2
    神経というか、知能がわからん話

    義妹(妻の妹)から
    義妹の姑の妹とやらが離婚したと留守電に入っていたが、
    関係がないし忙しいしで放っておいた。
    が、知らない女がうちに押しかけてきて
    「この家を早く明け渡しなさい!」とバカ騒ぎしたため、
    弁護士に対応してもらっている間に警察に通報した。
    現在、隣の家と裁判しているのだが、簡潔に言うと
    うちの土地に犬小屋を建てようとしたくらいの話なので、うちが負ける可能性はない。
    で、押しかけて来たこの女は、予想通り義妹の姑の妹。
    離婚で金も住居もなくなったらしいのだが、
    「裁判したからには引っ越すことになるんだから、
    アタシがこの家に住んであげるわ」とおほざきになられた。
    隣家の往生際が悪く、弁護士はほぼ日勤、警察にも2日に一度は来てもらっていたので、
    ちょうど来ていた弁護士と、すぐに来てくれた警察に囲まれて、
    バカ女はとりあえず騒ぐのはやめた。
    裁判の関係者ではないのが隣家の証言もあって警察は引き揚げたが、
    弁護士から「こちら(俺んち)が引っ越すことは、
    今回のケースではありえません」と説教されたバカ女は、不思議なことをおほざきになられた。
    「裁判をしたからには、勝敗を問わず両方が現住所から引っ越さなきゃいけないのよ」
    正気なんだろうか、とは思ったが口に出すのは控えた。
    俺が言わんでも弁護士さんが「そんなバカな話はありえない」とはっきり突っぱね、
    バカ女のほざく寝言をことごとく論破し、
    1時間後には当初の威勢のよさが消えうせたしょげ具合で大人しくなった。
    その過程で、バカ女とうちは親戚関係にはないともはっきり突きつけたので、
    バカ女は肩を落として、どっかへ去っていった。

    32 :名無しさん@HOME 2018/07/13(金) 14:20:14 0.net
    義妹から結婚報告のハガキが届いて
    お決まりの「お近くにお越しの際はお寄りください」の一文を真に受けて
    アポなしで押しかけた義兄嫁
    義妹夫婦が留守だったらしく「どうしよう」と半泣きでうちに電話が来た
    多分義兄嫁は発達障/害だと思う

    212 :名無しさん@HOME 2015/06/03(水) 14:45:50 0.net
    相談スレに書くとネタ扱いされて、一蹴されそうなのであえてこのスレに書く。
    正直な話こんな話読んでも私も実際体験していなかったらネタだとしか思えないから
    ネタだという指摘は止めて。ネタだと思うならレスしてくれなくて良い。
    私は夫実家で義家族と同居中。夫実家は2世帯住宅で一階部分に私たちが
    二階部分に義両親と高校生の義妹が住んでいる。
    義妹はちょっとギャル入ってて、喪女の私にはちょっと苦手なタイプだったので
    一緒に住んでるのに殆ど会話が無かった。
    それが2,3日前から義妹が夜中にこっそり出て行くんだよね。
    でも30分もしないうちに帰ってくる。
    30分なら非行かどうか微妙だし、夫は出張中だから
    チクッたって言われるの嫌だし、義両親に言うかどうか迷ってて
    ずっと悶々してたんだ。
    それでもそもそも30分もしないうちにってここらは田舎で何も無いのに
    何してるんだろう?って気になって、叩かれるかもしれないけれど
    尾行してみた。内容によって義両親に報告するかどうか決めようと思って。

    101 :名無しの心子知らず 2017/10/29(日) 16:58:32 ID:XGFg+pZX.net
    義妹の子に「パパとママどっちが好き?」と聞いたら義妹にブチ切れされた
    普段は大人しい義妹だから驚いた
    そんなに怒らんでもモヤモヤ

    174 :名無しの心子知らず@無断\(^o^)/ 2015/06/01(月) 12:33:26 ID:m6OeFzbF.net
    いつも、義妹に娘のお下がりを渡していた。
    クレクレもされないし、よく着せてくれるし
    着る着ないは別に、選別しないでとりあえず全部渡せるから
    渡すのは何とも思ってなかったんだけど
    娘が間違って洋服にペンでピーっと書いてしまい
    それを見ていた義妹が
    「うちに回ってくるんだから、綺麗に着てねー」って娘に言った

    は?
    あなたの娘に着せるために買ってるわけじゃないし
    一気にイラついた

    このページのトップヘ