義両親

    82 :名無しさん@おーぷん 2016/06/05(日) 17:01:52 ID:Ap7
    下の子が今月で一歳。そろそろ家族旅行したい!と思い立つ

    乗り気でない夫に、ネットで調べた「赤ちゃんウェルカムのお宿」などを含めた旅行プランをプレゼンする。

    夫乗り気になる。近距離別居してるウトメも連れて行きたいと言い出す。ウトメ好きの上の息子(2歳)も喜ぶ。
    私、渋々承諾する。

    ウトメも喜び、一緒に行くことになる。旅行予定日決まる。

    旅行前前日になって、下の子が風邪引く。私、旅行の延期を提案する。却下される。

    ウトメと夫と上の子、今朝旅行に出発。 ←今ココ

    592 :名無しさん@HOME 2017/07/23(日) 03:44:48 0.net
    数年前に、トメとウトの結婚周年かのお祝いをやるみたいだけど
    旦那が気を利かせて、話を聴いた瞬間に私は不参加にしたら
    義弟の嫁も孫も不参加になってワロタw
    結局、義両親と兄弟の4人で食事w

    40 :名無しさん@HOME 2019/05/06(月) 23:10:38 0.net
    義実家同居なんですが、この10連休、コトメはずっと家にいた
    友達がいないのか、1歩も家を出なかった
    ただ、トメが用事でご飯の用意が間に合わなかったらしく、「私は稼いでんのよ!三万も入れてやってんのにご飯もできないの!」と怒鳴り声が聞こえてきた
    物を投げたらしく、トメが片付けてた
    連休後半は何かと不機嫌でいつも何か怒り声が聞こえてきた
    旦那には出ていけとトメ経由で怒ったらしい

    コトメの言い分としては、ここは私の実家だから自分の思うような暮らしがしたい。嫁や嫁子は気を使うから出ていってほしい。
    家事は金を入れているのだから全部やってほしいし、自分の好きなタイミングで寝起きしたいから気を付けてほしい。
    親の介護は自分達で何とかしてほしい。近所付き合いもなぜやらなくちゃいけないの?…だそうです
    ちなみに大ウトメの介護はしていない(オムツや食事、送迎や入院などの書類一切はトメと私たちで)
    親は親で、そのうち嫁に行くだろう、と構えているが、もうすぐ40才で体型もヤバイ。

    明日から会社だから平和だ

    697 :名無しの心子知らず 2018/10/08(月) 09:44:05 ID:phEOj6nk.net
    やっと旦那が義父母はうちの子には興味がないってことに気がついて一安心
    今年息子は満3歳だから七五三をやるからと一応誘ったら他の男の子孫たちは3歳なんてやってない
    やったとしても上の子ついでだからわざわざやるなと早口で怒られた
    旦那が、今は3歳は男女ともにやるし七五三全部やる男の子も多い
    と説明してもこんな大きさで神社なんか連れて行っても落ち着きがないから迷惑だから止めろの一点張り
    「衣装代も高いしねぇ?勿体無いでしょう?他の孫たちは誰もやってないのよぉ?」ととにかくしつこい
    衣装は私実家の代々受け継ぐものを貰って自分でリメイクしたからお金はかかってない
    うちの子はどちらかというとマイペースタイプだから神社に行くくらいで特に支障はない
    そう言ったらずっと怒ってたよ
    落ち着きなくて親も注意しなくて結婚式もぶち壊された子達と一緒にしないでほしい

    505 :名無しさん@おーぷん 2016/03/18(金) 21:14:18 ID:SOB
    ひと区切りがついたので、ちょっと吐き出し。
    舅と姑のこと。

    夫の両親に初めて会った時は、どちらかというと男尊女卑的な夫婦関係の私の両親とは
    全く違う雰囲気の、仲睦まじく対等な夫婦関係のカップルで、理想的だなと思った。
    舅が2歳下の姑に猛アタックして射止めた恋愛結婚だと聞いて
    ますます良いな、私たちもこうなりたいなと思った。

    ところが、両家の打ち合わせなどの段取りを決めるために何度目かに訪問した時
    舅から衝撃的なことを聞かされた。

    ・夫は舅の子ではなく、姑が不倫して妊娠した、いわゆる托卵の子であること
    ・舅は姑を許し、夫を我が子として育ててきた。愛情に変わりなくこれからもそのつもりであること。
    ・こういう経過から、夫側は両家の親族とは疎遠で参列者も少なくなることをご容赦願いたい

    というものだった。文に書くと立派な舅だけど、この時、実は夫も初耳で
    大きくショックを受け、式の延期を考えるくらい落ち込んでいた。
    普通は、夫婦にいきなりじゃなくまず実子に話すものだと思うけどね。
    そういうこともあって、特に疎遠にしたわけではないけど、
    私たちと義実家とは精神的な壁ができてしまった。

    結婚1年余り後、私が妊娠中に姑が急病で入院。夫が義実家に通った。
    ずっと後になって、自杀殳未遂だったと知らされた。
    妊婦に負担をかけるな、と義伯母(姑の姉)から口止めされていたらしい。

    その後、何も知らなかった私が訪問した時には、また仲睦まじい夫婦になっていた。
    私たちや子供達のことも、折節の訪問とか贈答はあったけれど、基本的にふたりの人生を
    楽しんでいるようで、ほどよく不干渉な感じだった。

    それから10年余り経ち、舅に進行ガンが見つかった。
    手術に抗がん剤、放射線といろいろな治療をして、舅は入退院を繰り返した。
    その間、姑はつきっきりだった。
    私たちが見舞うと、姑は舅を気遣い「お父さんはこんなところで終わってはいけない」と
    必タヒで世話していた。舅がいない時に舅の苦しみを慮って泣いていたこともあった。
    舅も、姑がいないところでも姑への感謝の言葉がくり返し出てきて、
    「母さんと一緒にどこそこに行きたい、もっとふたりの人生を楽しむんだ」と言っていた。

    しかし、甲斐無く舅は70前で亡くなった。姑は「どうして」とくり返し泣きはらしていた。
    余りにも落ち込みがひどいので、極端に言えば後追いも心配され、一人にしておけないと
    いうことになった。でも唯一の実子世帯の私たちは、子供が難しい年頃で
    姑が落ち着ける場所もなかったので、大きな姑実家を継いでいる義伯母のところに引き取られた。
    しかし、そこも居心地があまり良くなかったのと、
    まだ60代なのに軽い認知症の気配もしてきたため、
    姑自身の希望で、舅の遺産と義実家を処分したお金で、今後介護が必要になっても対応できる
    遠方の上等な有料老人ホームに入ることが決まった。
    無事に引越しが終わったのが先日。

    このページのトップヘ