祖父

    457 :名無しさん@おーぷん 2017/05/14(日) 00:03:52 ID:Oi8
    うちのじいちゃんは郵便局で小包配達してたんだけど、配達先のマンションで悲劇に見舞われた。

    その日、大き目の荷物を抱えてエレベーターに乗り込んだじいちゃん。
    ドアが閉まった直後、じいちゃんは思った。
    「屁が出そうだな…。誰も居ないからいいか…」

    その場でじいちゃんは出した。でかいのを2発。すると…

    「──おじちゃん…。おならしないで、臭いから…」
    「っ!!!!!!?」

    驚いて背後を振り向くと5歳くらいの女の子。
    どうやら、一緒に乗り込んだらしいが、荷物がタヒ角になって見えなかったようだ。
    ちなみにじいちゃんの屁は物凄く臭い。

    女の子「……(何とも言えない渋い顔)」
    じっちゃ「………あー…ごめんねぇ、お嬢ちゃん。臭かった?(苦笑)」
    女の子「……(無言で頷く)」
    じっちゃ「そっかぁ…ごめんねぇ…(苦笑)」

    やがてエレベーターは目的の階へ到着。じいちゃん降りる。女の子も降りる。
    じいちゃん、配達先の部屋まで歩き、ドアの前で止まる。
    女の子も後から着いてきて、同じ部屋の前で止まる。実は配達先の娘さんだった。

    じっちゃ「………えーと、お嬢ちゃんのお家?」
    女の子「うん(頷く)」
    じっちゃ「……ママ居る?」
    女の子「うん、いるー」
    じっちゃ「……呼んで来てくれるかな?お届けものだから」
    女の子「はーい!(女の子、ドア開ける)」
    じっちゃ「…あと、おならした事、ママには言わないでね。おじちゃん、恥ずかしいから」
    女の子「わかったー」

    じいちゃんは無事に配達完了してマンションを後にした。
    帰り道、「小さい子は言うだろうなぁ…」と遠い目をしたらしい。

    その予感は的中し、後日再びそのマンションに荷物を届けに行ったら、
    ちびっ子たちから「おならの郵便屋さん」というあだ名を頂戴したらしい…。

    890 :可愛い奥様@\(^o^)/ 2017/05/11(木) 14:36:04 0.net
    認知症の祖父を助けなかったこと。
    母親と二人で見てたけど言うことも聞けなくなるし失禁や徘徊などがあってあまり記憶がないけど大変だった。
    真夜中に庭を徘徊する祖父を見たときは本当におかしくなってしまったのだととてもショックだった。
    祖父が風邪を引いてしまったとき、体調のせいか特にグズついて母親が困ってた。
    その日の夜中、祖父の部屋から苦しんでいるような声が聞こえた。
    私はうっすら命の危険があると気づいていたけど何もしなかった。
    次の日の朝、母親がうろたえて祖父が息をしてないというようなことを報告しに来た。驚いたけど心のどこかでやはり…と思った。救急車や警察が来て亡くなったと確認された。
    母親はもっと何かしてあげてれば…と後悔して泣いていたけど私は少し安心してしまった。
    今でもあのときの判断は人には言えないけど間違ってはいなかったと思うし、長年介護で疲弊している人には適当に風邪でも引かせて放っておいても良いのではと思っていること。

    512 :可愛い奥様 2013/06/09(日) 21:11:37 ID:lwVOLMOX0
    義父の四十九日と娘の遠足が被った…
    一年生で初めての遠足だし、正直行かせてやりたい…
    まったく話したことない祖父より遠足行きたいのは分かるんだよなあ
    旦那はダメに決まってんだろ!ひどい奴だなお前はって娘に切れてそのままキレっぱなし
    いやでも気持ち分かるんだよなあ…
    泣きまくってるよ

    • カテゴリ:
    910 :名無しさん@HOME 2009/12/25(金) 11:57:11 0
    愚痴。

    以前に
    兄の嫁「俺って結婚しないの?」
    俺「とくに今のところ結婚する気なし」
    兄の嫁「なら財産は全部兄嫁子のもの♪」

    っと言われ状況的にキレるわけにもいかず今に至る・・・。

    ↑の発言って普通なのかな??

    486 :名無しさん@おーぷん 2018/01/26(金) 01:29:29 ID:qgS
    認知症15年選手で90超えた祖父が去年あたりから体を壊して度々入院するようになった
    親が同居していて祖父は主に母が面倒を見ており、孫である私達(三姉妹)は皆遠方にいるけど入院のたびに必ず駆けつけてた
    文字も絵も書けない、身内の誰の顔も認識できない祖父が、孫達を見るとハッとしてすごく喜ぶし、それで回復してるような兆しさえあったから
    「やっぱり実の孫はどこかでわかるのね!こんなに嬉しそうなおじいさんは久しぶり、元気になってくれて嬉しい」
    と祖母も両親も喜んでた。孫パワーすごい!みたいな
    でも年末にまた肺炎で入院した祖父の元に駆けつけた時、祖父が孫をみて元気になってたのは単純に若い娘に興奮してただけだとわかった
    私の手から腕から嬉しそうに触ってきて、綺麗だなあと連呼、弱々しく覚束無い細腕で私の服を脱がせたいような素振り
    また、年配の看護師さんには無反応なのに、20代くらいの可愛い看護師さんにあれこれされてるとすごくニコニコして元気そう
    当初は喜んでた母も薄々感づいてきて「あんたたちみたいな若い娘がくるとおじいさんも元気になるからまた来てやって…」と力無い一言

    祖父はお国から勲章を頂いたような人で、人格者だし誠実な人だった
    祖母のことも大事にしてたし、周りの人間みんなに敬愛されてた
    紳士的な祖父が格好良くて大好きだったし、色々な人から慕われていたのに
    母はシモの世話までつきっきりでしているにも関わらず、祖父は無反応
    おしめも替えられない、ただ数日顔を出すだけの孫の私達や、身内でもない若い看護師さんにニコニコして元気になる祖父を見てたら
    なんだかものすごく遣る瀬無くなった。男の本能ってこんなもんなんだなって
    心から尊敬してた祖父だけど、結局オスの生存本能って若い女に尽きるのかと思ったらとても悲しくなった
    今の旦那も私のことを物凄く大事にしてくれるけど、老いて態度が変わったり、結局は若い女の子がいいような素振りが見えたら
    正直母のように甲斐甲斐しく介護したり、介護まで行かずとも心から支えようという気にはなれないと思う
    どこかで仕方ないとは思いつつ、男の性根というか本能的な部分に心底がっかりしてしまった

    このページのトップヘ