看護師

    71 :名無しさん@そうだ選挙に行こう! Go to vote! 2016/07/10(日) 11:00:06 0.net
    上が女の子、下が男の子の2人の子持ちです。
    先日2人とも同じような症状の風邪を引いて病院行きました。
    薬を飲ませていたら元看護師の薬大好きなトメが
    病院でそれだけしか薬(熱冷ましの粉薬、咳止めと痰を出すシロップの2種類)しか貰えなかったの?抗生物質すら出ないとかヤブじゃないの?かわいそうに。
    よく見たらその薬ジェネリックじゃない!娘はどうでもいいけど息子はジェネリックなんて危ないから飲ませちゃダメよ!
    とお怒りになりました…
    薬を必要以上に大量に出す医者の方が怖いし抗生物質なんてウイルス性の風邪にはいらないのですが。
    そもそも娘と息子の扱いの差は何なのでしょうね。

    574 :名無しの心子知らず 2009/04/15(水) 13:30:52 ID:BLo7mzNT
    流れ見ず投下

    妊婦検診にやむを得ず4歳息子も連れて行ったんだけど
    その日は貧血検査の採血の日だったんだ。
    注射器登場の時点で注射嫌いの息子は軽くパニクってた。
    「かあちゃん・・・痛いするの・・・?」とややオロオロしてる。
    本人はエコーでお腹の赤を見るのを楽しみについて来てたわけで予定外だったもんで。

    採血の準備中、あわあわなってる息子に
    「見たくないならドアの方むいてな。それか廊下にでてなよ」と声をかけてたんだけど
    その間も看護師は黙々と準備。淡々と「手握ってくださいー」「針入りますー」ブスッ
    息子もろ見てしまってアワワ

    まぁそれが仕事だし、看護師は何も悪くないしいいんだけど、その後
    「かあちゃん大丈夫?痛くなかった?かあちゃんになんてことを・・・」とか
    思いつく言葉を並べ盛大に心配?してくれる息子にその看護師がなんと舌打ち。
    見た目茶髪でパツン前髪のお団子頭で可愛らしい子だったんだけど。

    怖い・・・

    681 :名無しの心子知らず@\(^o^)/ 2017/08/29(火) 23:15:38 ID:m4j4NmmA.net
    生後2ヶ月後半の子が夜中に38度以上の発熱。#8000に相談した上で夜間救急に行き、当直の看護師に問診してもらったときのこと
    便について聞かれたので「今日は朝と夕方の2回です」と答えたら
    「母親でしょ、3回以上出さないとだめじゃない」と言われカチン
    さらに、「あーあ、かわいそうに、お母さんが便出させないからきっと入院になるわな」と言われてものすごく腹が立った
    子は新生児期から一日に1~3回くらいしか出ない。体重は一日30~40グラム増えているし飲みもいいのに出ない
    綿棒浣腸やマッサージも効果がない。病院でも健診の時に診てもらったが体質だろうと言われた

    そのあと診察待ちしていたら、その看護師は他の患者さんにも同じような嫌味を言っていた。あの看護師イライラして患者に当たりすぎ。
    まだムカムカしてる
    ちなみに入院にはならなかった

    127 :おさかなくわえた名無しさん@\(^o^)/ 2017/04/15(土) 09:28:30 ID:cDHrg546.net
    底辺女子大の看護学科に通っていた。
    看護だけは、そこそこの偏差値があったけど
    そこまで高くなかった。
    同級生Aは「私は宮廷の医学部に受かってたのに
    親が共学はダメ、女が医師なんて生意気だと
    言うせいで底辺女子高、女子大しか行けなかった。」が口癖の嫌われ者。
    ツンツンしてて性格も悪い。
    「みんな馬鹿ばっかり」とすぐ口に出す。
    だから、誰も話を信じてなかったんだけどね。

    私たちも就職して社会人になって、
    彼女を忘れた頃、国立大付属病院の看護師に
    なった友達から衝撃的な話を聞いた。
    彼女が医学部の学生になっていると。
    看護師の国家試験との勉強を両立させて
    卒業後すぐに医学部に入ったらしい。
    コンプレックスが消えたためか
    穏やかな性格になって頑張ってるらしい。

    841 :名無しさん@おーぷん 2017/09/19(火) 19:28:21 ID:0eB
    母の職場の同僚が、面識もないし名前も知らない私と自分の息子さんを結婚させたがってて神経わからない。

    精神・知的な障害があってずっとニートしてる男忄生 を養って面倒みながら、将来的にはその同僚さん夫婦の介護までしろとか無理過ぎ。
    「看護師さんなら十分に稼ぎがあるし、息子の病気も理解してくれるだろうし、ゆくゆくは私達の介護もお願いできるし」って言ってたそうだけど、それでオッケーすると思ってるのがすごい。

    22 :名無しさん@HOME 2014/11/07(金) 09:06:17.54 0.net
    義弟嫁の意図がわからないので相談

    義弟嫁は元看護師で現在は専業主婦で私も義弟嫁も子が二人
    職業柄医師を見る目が厳しいらしく
    いくつもの小児科をまわっては
    「あの医者は子供が高熱出してるのに座薬もださない!ダメ!」とか
    「あの医者は簡単にステロイドを出すからだめ医者!」とダメ出しした結果
    隣の市にある小児科をかかりつけ医に決めた
    ちなみにこの小児科はうちのすぐ近くでうちのかかりつけ医でもある

    で、その医者から出された薬に何故か義弟嫁が毎回ダメ出しする
    最初はたまたま義実家で会った時に、最近子が風邪引いて・・という話から
    「どんな薬出されたんですか?」と聞かれたので答えたところ
    「あー。そんなの出されちゃったんだ〜。まあありがちな選択ではあるけどちょっとなぁ」と何故かダメだし
    その後も事あるごとに「どんな薬を出されたの?」「えー。そんなの飲ませてるの?」とダメ出し
    私は医療知識はないし、医師に言われたものをそのまま医師の指示通り飲ませるタイプで(一応調べるけど)
    それにダメ出しされると何故かイラッとしてしまう。

    旦那通じて情報がいくので、旦那に一応口止めしたんだけど
    旦那は「隠すことじゃないし向こうはよかれと思ってアドバイスしているんだから過剰に反応しすぎ」と指摘されて
    それもモヤッとしている
    毎回ダメだしされてイラッとする自分もダメなのかもしれないけど
    そもそも何のためにダメ出ししてくるのか理解できない

    155 :名無しさん@おーぷん
    突然にすみません。

    数年前、激怒しながら爆笑した。それから、涙を流しながらガッツポーズをした。

    大昔、高校を卒業する時、毒父が「働け、女は学問不要」と言って進学が出来なくなりそうになった。
    父に言いなりの母は「ごめんねえ」と言うだけだった。
    その時、母方の祖母が学費を出してくれた。「これで、手に職をつけえ。いつでもどこでも働き口が見つかるようにせえ。
    そうしたら、女でも世の中渡っていける。嫌な男の元で嫌々暮らして我慢して生きていかんでもようなる。」そう言って、
    少ない老後の蓄えから学費を出してくれた。そうして、私は看護師になれた。

    それから数年後、結婚したけれど、エネ夫、極悪ウトメの絶望セット。
    「なんで、こんなのと結婚したのか」、「一瞬でも良く見えたのか」と当時の私を問い詰めたい。
    ウトメは結婚当初から、「お前が看護婦だから結婚させた、それ以外に価値はない」「誰のお蔭で働かせてもらっていると
    思っているかあ」と言いたい放題。ウトメはその根拠は不明だけど、ものすごいプライドの塊だった。私や私両親だけでなく、
    近所の人、あらゆる人達を見下し、悪口ばかり言っていた。
    嫌がらせも今思えば、一つの症例かと思うほどテンプレ通り。私物を捨てる汚す、ジャブのような嫌がらせの言葉。夜勤明けで
    寝ていたら「だらけて怠け者の嫁だ」と窓を開けて近所に聞こえるように大声を出す。お金が溜まるまでということで、子供を
    作らなかったら「石女!」
    初めの頃は夫もまともだったので、ウトメを〆てくれていたが、だんだん面倒になったのか、「お前が気にしなければいいんだ」
    「言うだけ言わせておいて、こっちは聞き流したら良い」と見事にエネ化。そして、お決まりの浮気。
    「おまえが妻としてなってないから息子ちゃんが外に女を作らざるを得なかった。自分の不出来を謝れ!」とトメに怒鳴られ、
    最後には「看護婦の女なんか、世の中掃いて捨てるくらいいる、偉そうにするな」とエネ夫、ウトに言われて、「じゃあ、
    仕方ないね」と言って離婚を言い渡した。
    あっさり判をつくかと思ったら「病院の医者と不倫しているのに違いない」「汚い女」と事実無根の言いがかりをつけてきた。

    「そんな言いがかりをつけるのは私に未練があるからででしょ?」「本当は私を失うのが惜しくなったのでしょ?」と彼らの
    プライドを刺激すると「馬鹿にするな」と発狂して、あっさり判をついた。

    つづきます。

    68 :名無しさん@HOME 2015/02/25(水) 23:28:35.80 0.net
    義弟嫁は私より物凄く年下で
    実家が貧乏なため、早くに看護師の資格を取って頑張って家にお金を入れていた健気な子なんだけど
    義弟と結婚してすぐに、もう看護師の仕事はしたくない、本当はやりたい仕事じゃないんだと言い出し
    義弟のお金で専門学校や習い事に通いだした
    ただ、方向性が決まってないのかOL育成コースみたいなとこで初歩のPCやエクセルを習ったかと思うと
    英会話や日舞や茶道や華道ならったり
    カラーコーディネーターの資格とりに行くと言い出したりして
    結婚4年目で気がついたらもともと少ない義弟の貯金がスッカラカン
    義弟に怒られて何故か私に助けを求めてきた
    私さんならわかってくれますよね、って
    意味わからん
    ・・・と思ったら、全部私が通った道だった

    義弟と義弟嫁がまだ恋人だった頃に何度か遊びにいったりして
    その時に何かの話の流れで、持ってる資格の話をしたり習い事の話をしたんだけど
    私がその昔OL育成コース的な専門学校を卒業したこと(当時はそれなりに需要があった)
    それと並行して英会話に通っていたこと(需要あるかと思ったけど案外なかった)
    また、小さい頃に日舞と茶道を習わされ、中学では華道部だったこと
    会社員になってから仕事の絡みでカラーコーディネーターその他の資格を取ったこと、を話したため
    義弟嫁が何故かそれを片っ端から真似してきたみたいで
    義弟にも私が唆したと思われているみたい・・・

    旦那通じて誤解はといてもらうけど、何で真似するのかまったくわからん
    看護師やりたくないのなら、自分がやりたいことやればいいのに

    304 :名無しさん@おーぷん
    実祖母の言動についての愚痴。
    先日、実祖母が白内障の手術で2泊3日の入院をした。
    人生初の入院が85歳で色々不安←理解できるから孫である私が付き添った。
    入院初日の午後から手術で、瞳孔を開いたりする目薬を14時から4種類点眼する事に。
    その説明用紙に書いてある「患者氏名・右or左眼の表記」が間違ってた。
    氏名は〇〇〇子が〇〇〇美の1文字違い。左目が右目と書いてあった。
    点眼する目薬は説明書通りだし、左右どちらの目でも同じ目薬なので問題なし。
    ただ、書き間違えだと思うけど「氏名と左目」は担当の看護師さんに伝えようね。と言った。

    ここまでなら普通の祖母に見えると思うんだけど、リアルで接していると普段から難ありまくり。
    怒鳴ったりとかはしないけど、一般常識というものが欠落してる。
    致命的に空気が読めない。相手の気持ちを考えるという行為ができない。
    言葉選びが下手。聞き方も他者を不愉快にさせる。こういった言動が年がら年中ある。
    加齢によるものではなく、若い頃からそうだったらしく、実子である私の父は基本関わらない。
    (だから今回の入院も私が付き添い。孫に注意されればまだ聞く耳持つから)

    で、間違いがある事を看護師さんに伝える時、私が言うからと言ったにもかかわらず、
    「名前が間違ってる。眼も右じゃない」と祖母が唐突に伝えた。
    看護師さんは「え、本当ですか?!」でカルテ開いて確認。
    「申し訳ありません。間違えてしまって・・・すぐ直しますね」と言ってその場で直してくれたのに
    祖母「こういう間違いがあると目薬も間違ってるんじゃないかって思う(笑)」と余計な一言。
    祖母はあくまで冗談のつもり。でも間違いを指摘されてすぐ謝って訂正してくれた看護師さんに
    完全なる追い打ち。
    看護師さんだって人間。間違えてしまう事だってあると思う。
    (現にその日は、祖母を入れて6人の新規入院患者が居たようで、病棟全体がバタバタしてた)
    大事になる前に気が付いて訂正できたんだから、追い打ちかける必要はないと思う。
    案の定看護師さんは「それは私を信用して頂けないという事ですか?」
    「信用して頂けないのであれば、私は点眼する事はできません。他の看護師に変えますか?」と。
    祖母はここでやっと”看護師さんを怒らせた”事に気付き「いや、そういうわけじゃ・・・」とモゴモゴ。
    逆切れ?する看護師さんもどうかと思うって方もいると思うけど、その場にいた私からすれば
    完全に祖母の余計な一言がいけないと思う。
    祖母の失言を阻止できなかった私も力不足だった。
    書き慣れない文章でワケわからんってなってたらごめんなさい。
    でもいい加減祖母のストッパーポジションに疲れてきて・・・
    でもリアルで吐き出したら薄情者って思われそうで、ここで愚痴垂れ流し。
    お目汚し失礼しました。

    このページのトップヘ