330 :可愛い奥様 2010/01/10(日) 09:15:22 ID:jpXeGmrP0
昨日、ひとりで買い物してて
なんかコーヒー飲みたくなったのでショッピングセンター内の
喫茶店に入ろうとしたら、入り口でバッタリ知り合いに会った。
結構遠くに住んでる人だったので、まさか会うとは思わず
ビックリしてしまって、「一緒にお茶しよ」ってのを断りきれなかった。
その人、一年前までは一応“友人”だったのだけど、
あることがあって、FOしていた相手。(なので今は“知り合い”)
席に座ってしばらく近況の質問攻めに遭ったけど
当たり障りのない返事しかしてなかったら、
「一年ぐらい前から避けられてる気がするんだけど、
 なにか悪いことしたならハッキリ言ってくれない?
 気持ち悪いから」
とズバッと聞かれた。
元々彼女とお茶する程度のことさえ嫌だからFOしたわけだし
言っちゃえ!と思って話をした。
私の実母が癌になって2年ほど闘病していた。
私は兄弟もいないし、父親も亡くしてて身内は母ひとりだった。
だから余命なんて信じたくはないし、必タヒだった。
その間、彼女なりに心配してくれたんだろうとは思うけど
言うことがあまりにも無神経過ぎだった。
彼女はお姑さんとの折り合いが結婚当初から悪かったんだけど
そのお姑さんが脳溢血で倒れ、2ヶ月ぐらい看病した後亡くなった。
その2ヶ月の間、病院に泊り込んだりして大変だったらしい。
その経験を元に「わかるわ~」と言ってくる。
「自分の生活だってあるのに、かかりっきりで大変よね、わかるわ」
「たまには生き抜きしたいでしょうに、できなくてイライラするでしょ、わかるわ」
「時々早く逝っちゃえばいいのにって思うことあるよね、人間だもの、わかるわ」
「入院も長くなるとお金だってかかるのにね、どうせタヒぬのにね、わかるわ」
と、全てがこんな調子だった。