171 :名無しさん@おーぷん 2015/03/16(月) 22:05:27 ID:???
    数年前不思議な保険屋の女性.にあった、
    ちょくちょく顔を出すので、仲良くなった、
    ある時、手相を習い始めたので、いろんな人の手を見たい。見せて欲しいと言うので見せた、
    手をじーっと見ては、小さく頷く、
    ふと顔を上げたかと思うと、肩の上辺りを見て、
    また手を見るを繰り返していた、
    手相占いの結果は、
    女の子のが産まれやすいとか、
    困った時にふと誰かしらの助けが入るとか、
    そんなようなことを言われた、
    そして、この先大きな病気をするかもしれないので、
    ちょっと、今入ってる保険を見直しといた方がいいよと、
    自分が入ってる保険屋のでいいから、先進医療の保険を手厚くしといた方がいいと言われた、
    結局はそれかと思ったが、彼女は、自分のとこのは勧めてこなかった、
    ちょくちょく、見直しましたか?とメールが来るので
    見直してみようかなと思い、先進医療が手厚い保険をつけた、彼女のとこで保険に入らなかったからなのか彼女は来なくなった、メールもエラーで返ってくるようになり、結局はそれかと思った
    それから、1年後、私は癌になった、
    あの時、彼女がいてくれたから、家族に金銭面で負担をかけなくて済んだ、
    彼女にお礼を言いたくて、彼女の勤めていた保険会社に連絡をしたが、彼女は3.11の災害から連絡がつかなくなってしまったらしい。

    つい最近、2歳の娘が誰もいないとこに向かって、おねーちゃんバイバイと手を振っていたので、様子を見に来てくれ他のかな?と 思ったので書き残し、



    187 :名無しさん@HOME 2013/04/25(木) 21:00:50 0
    流れ豚切り失礼

    スレ違いでしたら誘導お願いします。

    アラフォー夫婦。結婚3年。娘1歳。それぞれの実家とは別居、どちらも車で1時間。
    この度、私に癌がみつかった。
    タヒ亡率は低いのでそんなに心配してないが、入院が長くなる模様。

    娘の預け先で旦那とモメて口きいて貰えなくなった。

    旦那は、ひととおり家事は出来るが、拘束時間の長い仕事をしてるので、時間的に保育園の送り迎えが出来ない。
    うちの実家は毒親で軽い汚宅。
    良トメ(ウトは妻にだけモラハラ野郎)にお願いして、旦那・娘ともに居候させてもらう話で、まとまっていた。

    すいません、続きます。

    391 :名無しさん@HOME 2017/10/25(水) 20:33:33 0.net
    舅が肺癌ステージ4で今月はもう持たないと言われ続けて早半年…
    ホスピス入居決まったのはいいが我儘がウザすぎる
    毎週1回は仕事の後旦那見舞いによこせ、なぜかうちの実家に来たがって(舅は自分が1番えらいと思ってるからうちの家族に説教ばかりするから来て欲しくない
    )
    もうタヒぬだろうから引き延ばそうと思ったらきのう怒りの電話がきて旦那と1時間喧嘩してた
    こっちがおかしくなりそうだわ
    こんなに他人に早く逝ってほしいと思ったの初めてだ

    140 :本当にあった怖い名無し 2014/03/11(火) 22:42:25 ID:rxub0KwN0.net
    どなたか分かる方がいらっしゃったらアドバイス下さい。

    家はよその家に祟られるというより、家族内でこ○し合いをする家系だったらしく、先祖が子孫を攻撃
    するタイプだそうです。(家族や親戚も自己愛系のサイコパスが多いです)母親がガンを患っていて何度か
    霊視に行ったのですが、5件ほどそういわれました。人生において色々邪魔をするようで、仕事や結婚もうまく
    行かないだろうとの事。半ば諦めているのですが、去年御○山の神社の方で除霊してもらったところ「先祖から
    攻撃されないようにしておいたから。」と最後に言われました。それから少しですが、良くなってきたように感じます。
    同じ神社でも良いのですが、個人的に犬が好きな事もあって、大口真神の神社が気になるのですが
    三峰の方でも祟り系のお祓いはあるのでしょうか?またおすすめのお祓いなど分かる方がいらっしゃった
    ら教えて下さい。

    61 :名無しさん@おーぷん 2018/05/21(月) 14:33:24 ID:RGx
    >>15さんを見ていて思い出した、神経わからん話。

    理系の大学の4年生だった時のゼミの担当教授の神経わからん話。
    私は一人っ子で大学のある町で一人暮らしで父は単身赴任をしていた。
    そんなときに電車で2時間の距離で実家に住んでいた母ががんであることが判明した。
    4年で就活も終盤、卒研も忙しい時期だったけれども
    手術や投薬治療を一人でがんばっている母をなんとか支えようと、
    担当教授に話をしてできる限り週末は実家に帰りたい、と相談したところ、
    「俺の嫁も同じガンになったが、5年経ってもピンピンしている。
    ちょっとガンになったくらいで休むとか怠慢だ。お前に紹介した会社の内定を辞退させるぞ」
    と怒鳴って脅された。
    (当時、私の通っていた大学は教授に紹介された企業に入社する、というようなものが多かった)

    それでも母のことが心配で教授の言うことを無視して実家に帰っていたところ、
    いつのまにか、就職先の話はなくなっていたし、その後行われるゼミの情報もシャットアウトされ、
    危うく卒業できなくなりそうなところだった。
    幸い、卒研を見ていてくれた助教授が好意的な方で、なんとか論文は出すことができて卒業できたけど、
    未だに出身大学の名前を見ると、その教授のことを思い出してうんざりするし、
    正直出身だとは言いたくないし、子供にも行かせたくない。
    自分の経験していないことは絶対にありえない、って考える人間は本当に滅びてほしい。

    ちなみに、母は予後があまり良くない乳がんだったため、大学を出た次の年に亡くなった。
    (乳がんと診断されてから1年半でした)
    母の病気で今で言う「アカハラ」みたいな被害に遭うことになったけれども
    母の看病をしたことは後悔はしていない。

    このページのトップヘ