病気

    676 :名無しさん@お腹いっぱい。 2012/05/10(木) 10:15:04
    専門家に相談する前に書き捨て。
    嫁が浮気していた。同棲か最悪結婚している。
    確かに別居して離婚届に名前書いてハンコ押して渡した。
    本当に出すとは思わなかった。
    前に会社に勤めてたパートのおばちゃんとばったり会って俺に「ご近所だったんですね」と言って発覚。
    地元の役場で子連れの嫁と会ったらしい。で、当然俺もそこに住んでいると思ったんだろう。
    別居して8年。届はいつ出したのか知らない。別居先は探し出して押さえていたが
    5年前から連絡が取れなくなっていた。まさかとは思ったが本当に籍が抜けていた。
    騙されたと思った。別居した時は子供はいなかったが俺の子かもしれないし違うかもしれない。
    俺の両親激怒。結婚式にかかった費用と慰謝料を取れ、裁判起こせと言う。俺は一人っ子だし。
    まず、両親に離婚届は無効だと言うことを説明(自分の名前の線を一本書かなかったから不完全)
    してなだめた。住宅地図でおばちゃんの家を調べ、特定。おばちゃんの家を何度か訪問するが不在で
    まだ詳しいことは聞けていないが、一軒ずつ訪問していけば嫁の家に行き当たるから大丈夫。
    離婚届無効でよりを戻すか、慰謝料だけ取って別れるか、慰謝料と子供も取れるか
    まだ心が揺れている。裏切られたって気持ちが強い。

    844 :名無しさん@おーぷん 2016/04/19(火) 17:09:07 ID:mdA
    私には遺伝性の病気があるから、自分は絶対に妊娠できない、しちゃいけないと
    小さい頃から思い続けて、行き過ぎて妊娠恐怖症と言っていいくらいになった
    それを承知の男性と結婚して、ピルとゴムを併用しての避妊に協力してくれてる
    本当は卵管を縛りたいんだけど、私の持病のせいで避妊手術はなるべくしないほうが
    いいと言われているので、そういう方法で避妊せざるを得なかった
    でも身近でピルを飲んでいたりゴムをつけていても妊娠した例があって
    「私もいつか妊娠するかも」ととても怖かった

    結婚1年目、生理がとまり、吐き気がするようになった
    他にも身体的な変化が現れて、症状を調べたら妊娠にすごく近くてショックだった

    ほとんどパニックになりながら病院にいったら、想像妊娠と診断された
    妊娠を恐れる場合にも想像妊娠する可能性があるといわれて衝撃だった

    しばらく心療内科でカウンセリングを受けて、落ち着いたら生理が復活したけど
    本当に人間の体は不思議だ

    448 :名無しさん@HOME 2018/04/03(火) 15:36:03 0.net
    姉が個人商店の跡取りと結婚した
    お姑さんの手作りの惣菜も売っててとても評判が良かった
    お姑さんが病気で倒れて店に立てなくなったので
    姉夫が姉に惣菜のレシピを教えてやってくれと頼んだら断られたらしい
    「私のレシピは私がタヒんだらそれでおしまい
    私のレシピで嫁がお客様に褒められるのは絶対嫌だ
    私の作ったものの方が美味しかったってずっと言われたい」
    と言って本当にそのまま亡くなった
    その後姉たちは個人商店からコンビニに転換して仕入れた弁当・惣菜を売ってる
    「自分で作るよりこっちのほうが絶対楽、教えてもらわなくてよかった」
    と料理ベタな姉はホッとしてるようだ
    最後の嫁いびりのつもりが嫁孝行をしたお姑さん、お疲れ様でした

    138 :可愛い奥様@\(^o^)/ 2017/05/18(木) 20:01:49 0.net
    付き合って半年ぐらいの同棲中の時旦那の病気が発覚した、タヒにはしないけど完治もしない病気
    1年くらいして病気も落ち着いて仕事も日常生活も普通に送れるようになったので結婚した
    美談みたいに周りは思ってるけど本当は病人を捨てた人って思われたくなくて付き合い続けてたこと
    今はすごく後悔してる逃げればよかった

    641 :おさかなくわえた名無しさん 2014/02/18(火) 20:06:34 ID:sL+DbK3h
    正直、修羅場が多過ぎて感覚麻痺してきたから適当に並べてみる

    ・実父からの身体的虐待
    (髪が生えている所だけ拳で殴る)
    ・物心付いた時から、実母とその母(祖母)の諍いの取り成しをし続ける
    (嫁姑クラスに仲が悪い。本当の姑とは割と上手くやってた)
    ・小学校中学校といじめに遭う
    (暴力も振るわれたが、実父のより余程マシだから喜んで学校行ってた)
    ・実母に「あの人と別れてください」と土下座するも、「私にも実家が無いから」と断られる
    (この頃はまだ、実母はマトモだと信じてた。自分の馬鹿さ加減に笑うしかない)
    ・10歳未満の頃から、通う大学まで決められてた
    (受験前から卒業式に着る袴まで買ってあった。受かったからいいけど)
    ・大学一年の時、実父が「もう人の下で使われるのは嫌だ」とニートを志す
    (そしてネトゲ三昧。授業料は免除で乗り切った)
    ・実母の「絶対全額(自分たちが)返すから」という言葉を信じて、毎月の奨学金を渡してしまう
    (計240万。自分が必要な物は、バイト代で賄ってた)
    ・就職し、奨学金の返済書類を持って行ったら、実母「は?アンタが返すんじゃなかったん?」
    (ついでに「私(実母)が一度でも殴られてたら、即離婚してた」発言というオマケ付き)
    ・友人宅で一晩泣き明かし、帰宅(既に別居してた)。出勤中に事故る。
    (台風の日に徹夜して、フルスロットルで走ってからある意味当然)
    ・事の顛末を聞いた実父が、奨学金の返済を引き受けてくれる
    (よく考えれば当然。ここで「再構築できるかも」と思ってしまったのは、我が人生最大の汚点)
    ・手術の日の夜、枕元で保険金の話をされる。
    実母「しっ、聞こえたらどうするの!」
    実父「どうせ、麻酔で朦朧としてるしわからんだろ」
    ・他県に移住し、自分なりの幸せを築き始めた矢先、遺伝病と診断される。
    (常染色体劣性遺伝だから、両親は健康体。しかも特定疾患)

    なんで生まれてきたんだろうな自分・・・。
    「親の存在なんて忘れよう」と思ってきたのに、こんな形で思い知らされるとかねーわ・・・。

    このページのトップヘ