28 :名無しさん@HOME 2009/12/13(日) 06:47:32 0
    この時間なら書けるかな

    猫を飼っているんだが、私が気に入らないのかこの間「捨ててきたから」とトメとコウトに言われた
    それが夫も居る時に言っちゃったもんで、夫激怒。あの時ほど夫婦で息の合う瞬間は無いだろう、って位に蹴りがピッタリだった
    その後場所を吐かせて探して帰ってきたら、ウトが帰ってきてて夫と一緒に説教中
    コウトとトメは顔が腫れ上がってた
    ちなみにウトはいい人なのにトメは何故か糞。あと何故か長男教
    その庇護下にいたコウトは素晴らしいニートと化していたため、私の蹴りであっさりと倒れた

    で、夫とウトも激愛してた猫を捨てられたことに対するDQN返し
    昨日の留守を見計らって部屋にふやかした猫の餌をバラ撒いてきた
    トイレから回収した猫の糞も夫が追加でトッピング
    元々近距離別居だったから家には被害無いし、協力者であるウトはこっちに避難済み


    昨日の深夜から電話とメールがうるさいから寝不足気味
    まぁ今は転んで電話線抜いちゃって、携帯も電源切ったままどこかに無くしちゃったから静かだけど

    470 :名無しさん@おーぷん 2017/09/07(木) 18:37:12 ID:S7K
    数ヶ月前に、動物病院で猫を2匹引き取った。
    先日知人の内の1人に「赤ちゃん産まれたら貰いたい」と言われたが、既に避妊&去勢済み。
    それを伝えたら知人は「勝手に赤ちゃん作れなくするなんて酷い!」と喚き、周りに「(私)は引き取った猫に虐待をしている!」と振れ回った。
    それを聞いた他の知人友人は各々の反応。中には説教や説得も。
    事実を伝えたら概ね理解してくれたから良いものの、いい迷惑だ。
    避妊をしない、という選択そのものを否定するつもりは無いが、勝手に虐待呼ばわりをした知人の神経を疑う。

    863 :名無しさん@おーぷん 2016/07/07(木) 15:50:07 ID:???
    先程、アパートの入口付近で普段見かけないきれいで可愛いネコと遭遇した。
    人に慣れてるのか、俺と目があうとネコは寄ってきて、にゃあと鳴いた。

    のらネコかと思いきや、よく見たら首輪をしていて、
    首輪には樹脂製のプレートがぶら下がっていた。
    名前でも書いてあるのかと座ってプレートを確認してみると、
    ひらがなでただ2文字、「ねこ」とだけ書いてあった。

    俺がそれを確認したのを見届けると彼は再びにゃあと鳴いて、満足感に歩いて去って行った。

    飼い主やあの子はいったい何を主張したかったのだろうか。

    670 :名無しさん@おーぷん 2017/08/10(木) 10:52:28 ID:OUJ
    事情があって引き取った子猫がいるんだけど、生まれつき足が悪い
    治療の甲斐あって普通に生活できる程度には動けるようになった

    夫が学生時代の友人数名を家に招いたとき、猫は2階に隔離してた
    友人の中に猫好きがいて、猫を見たいと言うので他の友達に猫が平気か確認してから
    リビングにつれてきた(猫は人馴れしていて初対面の人にもすりすりする性質)
    猫の歩き方を見ていたある女性が「この子障害があるの?」と聞いてきた
    生まれたときは歩けなかったけど、こういう治療をやって歩けるようになったんですよと
    軽く話したところ、「猫って単純なつくりだからちょっとしたことで歩けるようになったんだ。
    そんなことをえらそうに話すなんて恥ずかしい。猫なんかにお金かけちゃって馬鹿みたい」
    とこのまんまのことを言われた

    さすがにびっくりしたけど、その女性は夫の友人の嫁という初対面の関係だったから
    あははと笑ってごまかして猫を2階に戻した
    リビングに戻ってきたときには女性とその夫である夫友人が口論みたいになってて
    女性が私の顔を見るなり「猫なんか!」と叫んで、それに夫友人が怒鳴りつけてカオス
    夫友人が彼女を押さえつけて、夫に平謝りしながら帰っていった
    何があったかさっぱりわからなくて、残された人たちで顔を見合わせた

    あとから夫友人が改めて謝罪してくれたところによれば、夫友人の嫁はバツイチで
    前夫のところに残してきた子供が1人
    その子は生まれつき足が不自由で治療が必要だったんだけど、離婚に際して
    「おまえのところじゃ経済的に満足な治療を受けさせられない」という理由で
    前夫に親権を取られてたらしい
    自分に経済力があれば子供を引き取りたかったのに、と子供を手放したことを後悔した
    その後再婚したけど子供に恵まれず、前夫との子供にも面会できずにいたところに
    うちの猫を見てしまい、妬みとか色々な感情が噴出して、あの暴言に至った
    ということらしい
    直接謝罪したいと夫友人嫁からも言われたけど、あの発狂振りが怖かったので辞退した
    気持ちはわかるけど、猫の悪口を言う神経がわからん

    566 :名無しさん@HOME 2015/03/03(火) 11:51:23 0.net
    流れを止めて失礼します。ご意見お願いします。
    猫が調理台の上にある猫用の水を飲むため、義母さんが調理している最中でもまな板を横切ります。
    食卓に上がりご飯を狙います。たまにご自分の箸で分けて猫に分けています。
    数年間洗っていない猫です。外にも行く猫です。料理の中や飲み物の中に毛を見つけるとげんなりします。
    洗ってもいいかと尋ねたら、猫を洗うことを舐めているだろと、どれだけ大変か知らないんだねと。
    それでは自分でお金を出しますので、ペット美容室に連れて行きたいですと尋ねたら、寿命が縮まるから良くない、と。
    わたしが潔癖症扱いされていますが、いかがでしょうか。宜しくお願いします。

    306 :名無しさん@おーぷん
    言われるまで気づかなかったけど、約束事の話が難しくなると私は一旦は必ず粘るらしい。
    遊びに行く約束してたけど相手が都合が悪くなってキャンセルにしたいと言ってきたらいつも私は
    「そうなんだ、じゃあその用事が終わった◯時からならどう?」
    とか、「別の日にしようか?」と調整するとか。
    そんなの意識してなかったし当たり前の事だと思っていたけど相手からしたら
    この話は無しの方向かなと思う予定すら私が代替え案を出してくるらしい。

    で、ある日友達が「飼っている猫が具合悪くて正直いつタヒぬかっていう状態だから今度遊びに行く約束、キャンセルさせてほしい」
    と言われて「わかった」と返事したらしばらくして「そんなに冷たい人だと思わなかった」とか言われて
    え?何が?ってパニクったら
    上の私の説明された後、「それなのに今回、遊びの約束キャンセルしたのにいつものように「じゃあ猫の具合が良くなったら遊ぼうね」とか言ってくれなかった。猫がタヒねばいいと思ってるんでしょう。」
    とか言われた。当然そんな事微塵も思ってなかったし代替え案出さなかったのはたまたまだと思う。
    猫が弱ってて友達も弱ってるのかもしれないけど
    私がそんな風に言われる筋合いない。
    表面上は「そんな事ないよ」って慰めて励まして友達も「うん落ち着いたら連絡するね」とか言って収まったけど
    もう会うつもりはない。

    977 :名無しさん@おーぷん
    豚切りすまん
    散々避妊手術しろ、飼うな家の中で!という忠告も
    そんなの可哀想だから、不自然だから(?)と聞き流されていたトメ家のネコが5匹も子ども産んだ
    引き取り手居るの?飼うの?と訊いても
    う〜んとかフーンとか言ってまともに取り合わない。
    うちはわたしが猫アレもちだからだめだよと釘を刺した。
    久しぶりに義実家に行ったらすっかり離乳した子ネコたち
    アレルギーでぐずぐずする鼻を我慢しつつ
    で、猫どうするか、飼い主決まったか尋ねたら
    朗らかに「どこかその辺捨ててくるから〜」と微笑まれた。
    このトメ捨てたいまじで。神経わからなすぎる。

    580 :名無しさん@おーぷん
    今になってよくよく考えたら驚いたこと。長いです。

    昔は小学校に空き缶回収ボックスがあって、定期的にそこに捨てに行ってた。
    ある日、いつものように空き缶捨てに行ったらミィミィ鳴いてるのが聞こえて
    ずっと鳴いてるもんだから探してみたら
    空き缶回収ボックスの下にある小さなスペースでチャトラの子猫がいた。
    目も開いてるし歯も生えてたから生後3ヶ月くらい?母猫はいなかった。
    腹が減ってずっと鳴いてたのかも。
    一旦は帰ったんだけど気になってまた来てみたらまだ鳴いてた。
    当時小学生だった自分は飼う気満々でうちに連れて帰ったけど
    犬とハムスターがいて飼えるわけないでしょ!と
    正論とは言え母からバッサリ。腹が減って鳴いてただろうに
    このまま元の場所に返すのもかわいそうで、
    しかも愛護団体に預けることも思いつかず、単身里親探しを始めた。
    昔ペットがいて今は何も飼ってないと零してたご近所さんとか
    愛犬ネットワークみたいな形でよく同じ公園に集まる飼い主さんとか
    色々あたってはみたけどうちでは無理と断られた。
    途中から友達の妹さん(以下A)も一緒に探してくれてたけど
    探し始めてから数時間経ってて門限も近くなり焦り始めたところに
    Aの同級生の子(以下B)が通りかかった。
    事情を話すと、心当たりがあると言う。
    ちょうどB祖母が飼い猫を亡くしてしまったらしく
    また新しく猫を迎えたいので近々探す予定だったらしい。
    確認も兼ねてBがB祖母に電話してくれて、
    そういうことならと快諾が得られ、数日後にB祖母の元へ行くBが一旦引き取り、
    数日後B祖母の元に引き取られる手筈になった。
    無事B祖母の元に子猫が引き取られていったことをBから聞いて本当に安心したのを覚えてる。

    でも、今の時代小学生が数時間走り回った程度で里親なんて見つからないよなぁ…。
    愛護団体の里親募集掲示板とか見てると本当に思う。
    何か不思議な縁が働いたような気がして今になって驚いた。

    このページのトップヘ