17 :名無しさん@おーぷん 2019/01/01(火) 21:25:14 ID:Jwd
    暮れの大掃除してて、裏庭の手が付けられないぐらい繁殖したミントを
    思い切って一気に除草することしたのね。
    ブチブチ抜いたあと、掘り返して根っこをできる限り抜いて、その後除草剤撒いて・・・の予定で。
    多分それでもまた出てくるんだろうと思うけど、あまりに酷いことになってたから。
    で、掘り返してたら骨がゴロゴロ出てきた。
    人骨じゃないのは大きさで分かったけど、頭骨もしっかり出てきた。しかも3体分。
    友人に生物の先生やってる人がいるので、写メ送ったら「たぶん猫」ってレスポンスが。
    うち、5年ほど前に中古で買った戸建なんだ。
    前の持ち主が飼ってた猫がタヒぬ度に裏庭に埋めてたのかな。
    出てきた時は無茶苦茶ビックリしたし怖かったし、正直ちょっとちびったけど
    昔から言われてる“動物のタヒ体を庭に埋めると不幸になる”みたいな迷信は信じてないし
    タヒんだ猫ちゃんには何の罪もないので、ブランケットに包んで埋めなおした。
    場所が分かるように墓石代わりの石も置いた。
    家を買った時から裏庭はミントが繁殖してたけど、もしかしたらこれを隠したかったのかな。
    猫のことは何とも思わないけど、飼い主にはちょっとムカついた。
    でもよくよく考えたら、埋めなおしたりせずにどこかで供養してもらった方が良かったのかも。

    433 :名無しさん@おーぷん 2016/01/23(土) 17:15:53 ID:???
    うちの猫(18)も「りく」だw
    当時はそういう名前の子ってあんまりいなかったから
    特に何のこだわりもなかったんだけど
    去年義妹が出産して子供に「りく」ってつけたせいで
    こっちは何も悪くないのに険悪になったw

    154 :おさかなくわえた名無しさん 2019/02/28(木) 09:25:19 ID:RbhKnFKU.net
    以前住んでたマンションの隣の部屋にはアラフォーの夫婦が住んでた
    小さくて可愛くて愛想のいい猫を飼ってた
    ある日念願叶って妊娠したとかで、もう少し広い所に引っ越すって出ていったんだ
    んで引っ越し当日の夜に外に出てみると猫、置き去りにされてた
    部屋の前でドアを開けてくれるのをずっと待ってるらしかった
    翌朝出掛ける時にもまだ座ってて、夜帰ってくるとまた座ってた
    嫁に聞くと昼間はどこかへ出掛けてて、夜になるとドアの前でずっと朝まで座ってるらしかった
    そんな事が一ヶ月くらい続いたんだけど、子供が出来たから猫を手離す気持ちは分からんでもない
    でも他に方法は無かったんだろうか

    960 :可愛い奥様@\(^o^)/ 2016/12/20(火) 00:35:00 ID:w+29R10w0.net
    グロ話

    旦那が飼ってる猫が腐ってて臭いメチャクチャ臭い
    旦那の部屋からヤバイぐらい臭ってくる
    一応消毒はしてるみたいだけど他の対策とか考えたりしないし病院には夏から行ってない
    ヘビースモーカーで鼻がきかない旦那は腐った猫と一緒に寝てる
    寝具に滲出液が付きまくってるし当然旦那の寝間着にも付いてるだろう
    たまには部屋の掃除しろって言っても無視
    病院行けって言っても空返事
    あんな汚部屋でも平気な旦那にもう我慢の限界
    荷物まとめ終わったから早朝出発する

    312 :おさかなくわえた名無しさん 2018/11/02(金) 19:21:25 ID:X+wUfba4.net
    かなり前になるけど、兄が結婚したい彼女がいると家に女性.を連れてきた。
    兄は既に実家を出ていて両親、私/弟(双子)で出迎えた。猫を飼っているので、事前に猫の話をしたら『猫大好きって言ってる』と
    兄が話していたので、安心した。
    猫は左目があまり見えなくて眼球が白っぽくなっているんだけど
    それも事前に話しておいた(兄が)。
    彼女は小柄で細くて美人で優しい感じで良かったな、と思った。
    彼女から「何て言う種類ですか?」と聞かれて
    「シンガプーラっていいます。実は夜逃げしたペット屋さんから引き取った猫で」
    兄が里親が決まらないシンガプーラを引き取りたいと言って
    飼う事になったんです、あれで結構優しいんですよ、と話した。
    彼女はそうなんだ、とニコニコ聞いてくれた。
    挨拶後に兄と彼女は兄の部屋で卒アルを見ていたのでケーキを持って廊下を歩いていたら
    猫も付いてきてしまい、弟を呼ぼうとしたら彼女が廊下にきて苛ついた声で
    「ダメだよ、あっちいって。ほら汚いから」と私の手前にいた猫の背中を
    軽くトンッと蹴った。猫は驚いて逃げた。
    そのナチュラルな蹴りに驚いてしまってそのままケーキを彼女に渡して
    猫を見に行ったら、私の部屋のベッドに隠れてしょんぼりしていた。
    怪我してない?ごめんよ!と猫をボディーチェックした。
    でも激しく蹴った訳でもないし…と思い直したけど悲しかった。
    兄には話すか迷っているうちにその後すぐに彼女と別れてしまった。
    理由は猫とは全然関係ない事だったんだけど、別れた事に安心した。
    あれが「大した事ない」のか「酷い事」なのか今でも判断がつかない。
    猫は10才になるけど実家で元気に暮らしている。

    このページのトップヘ