父親

    139 :おさかなくわえた名無しさん@\(^o^)/ 2017/08/08(火) 06:24:10 ID:qv2NiaWF.net
    俺が大学生の時にあった修羅場。

    当時はまだ実家暮らししてたんだけど、その実家の近所に中学生の息子が住んでる家があった。
    その家、少し前から息子が父親に暴カふるう様になってたんだけど、居酒屋のバイト帰りにその家の前に通った時、玄関先でその父親に馬乗りになって顔面を毆りまくってるところに遭遇した。
    事情の方もちょっと察してただけに、流石に見て見ぬ振り出来なくて仲裁に入ったが、その息子がまた体格が良くさ。しかも完全にキレてて、思いっきり顔毆られた。
    とりあえず息子を落ち着かせて、父親とその息子は家の中に戻っていった。
    二人とも俺に謝ってくれたけど、毆った息子の方は許せても、父親の方は俺はどうしても許せなかった。

    上にも書いてあるけど、その察してた事情が原因。ちなみに息子が反抗期とか、そんな理由じゃない。
    俺はその父親が不イ侖しているのを知ってた。近所だから、その家の家族の顔は見知ってたし、何度か俺のバイト先の近くにあるラブ𣎳に、その父親が奥さんじゃない女と入っていくところを見たし、隣県で真っ昼間からその女と腕組んでデートしてるっぽい姿を見た事もあった。
    息子が父親に暴カふるう様になる前から俺はその事知ってたんだけど、あくまで近所で見知ってるだけだったし、他所の家庭に俺があれこれ言うのもよくない気がして、ずっと黙ってる事しか出来なかった。
    だけど、何がきっかけは知らないけど、息子も父親の不イ侖に気付いたんだろうな。だって息子の暴カが始まる前までは、普通に仲の良い親子って感じで、怒鳴り声が聞こえる様になったのも突然だったって、俺の母親が言ってた。

    230 :名無しさん@おーぷん 2016/09/17(土) 16:20:19 ID:UQB
    自分が二十歳の時に母が他界してからしばらくして大分落ち着いた頃に母の友人だった人から、母が生前家族にビデオレターを残していたとの事で
    それを父、兄、姉と一緒に見ることになった。
    初めは父に対して色々な思い出を語っていて、父も込み上げる何かがあったのか、半べそ状態で見いってたんだ。
    んで、兄、姉の事を話始めて、最後に自分の話になった。
    お世辞にも兄、姉と比べて良い息子だったと思えなかったし、勉強もあまり好きな方ではなかった。
    母には迷惑ばかりかけてしまったんだけども、そんんな事は気にしていなかったようでホッしたのも束の間
    最後の最後で、自分が父との間に出来た子じゃないという衝撃な事実をカミングアウトした。
    それを聞いて父と顔を見合わせたけど、父も知らなかった様子で
    父も兄も姉もパニック状態、自分は呆然としたままだったと思う。
    ただ、ビデオレターの中で悲劇のヒロインぶって泣いてる母が凄く気持ち悪いと思えた。

    とはいえ、20年も一緒に家族として過ごしてきたわけだし
    事実がそうだったとしても、いきなりよそよそしくなる事もなく
    とんでもない母親だったんだなということで
    ただただ、残された自分達が胸くそ悪くなるだけのビデオレターだった。
    で、自分が28になって結婚が決まったときに、ビデオレターを持ってきた母親の友人だった人から
    自分が父親だと告げられた瞬間が8年越しでの最大の修羅場だった。
    怒りに任せてぶっ飛ばしてしまったけども・・・

    736 :おさかなくわえた名無しさん@\(^o^)/ 2016/04/18(月) 14:52:41 ID:52P45NTu.net
    俺が20歳の時に母親から、俺が親父との子じゃないって
    聞かされ、俺が1歳なるかぐらいに離婚した本当の
    父親がいるという事。衝撃ウケた。

    母親からアンタが1度でもあってみたいと思ったら会えばいい
    と言われ住所と携帯番号書いた紙わたされた。
    3日ぐらい悩んだけど会ってみようと思い電話した。

    709 :恋人は名無しさん 2009/09/28(月) 00:23:03 ID:p4ryfQLA0
    2年前に起きた修羅場。フェイクあり

    ある日、俺の父親(51)の彼女のAさん(38)から大事な話があるので実家に来てほしいと連絡が入った。
    指定された日時に実家を訪ねて、玄関を開けると父親と俺の婚約者のB(26)が二人揃って土下座してた。
    思わず固まってしまった俺(25)にリビングのドアから出てきたAさんが「これはほっといていいから、向こうで話しようか」と
    父親とBをゴミを見るかのように一瞥した後、俺をリビングへと促した。
    この時点でなんとなく察しがついた俺は黙ってリビングへ移動した。

    Aさんの話の要約
    ・俺から婚約を報告された直後に、父親から突然別れ話を切り出された。
    ・Aさんは納得いってなかったけど、よく話し合った結果、別れることになった。
    ・しかし別れた後、腕を組んでシティホテルに入っていく父親とB(Aさんと面識あり)の姿を見かけてしまった。
    ・ホテルで俺と待ち合わせてる可能性もあるので、念の為に俺に連絡入れてみたら、俺は仕事中だった。
    ・式場の下見なのでは?とも考えたが、もやもやが消えないので興信所に調査を依頼した。
    ・真っ黒だったので俺を実家に呼び出す一方で、父親とBにも証拠を突きつけ、呼び出しておいた。

    話が終盤にさしかかる頃にはAさんは平静を装いながらも時折嗚咽を漏らしていた。
    証拠を確認したら、ひどいなんてレベルじゃなかった。
    日帰り旅行に始まり、ラブ𣎳前でキス、勿論、実家にも連れ込んでた。

    小さい頃に病気で母を亡くして以来、父一人子一人だったわけですが
    まさか父親(以下、屑)が息子の婚約者に手を出す屑だとは思ってもみなかった。
    気づいたら、土下座してる屑をゴルフクラブで毆ってた。
    Bがこの時、失禁してたのをよく覚えてる。そしてそんなを見てBは「杀殳してやる」と
    半ば本気で言ったところでAさんが止めに入ってくれて、その後の事を話し合った。

    話し合った結果、B親に報告するのは早い方がいいということで、その場でB親に連絡を入れ
    先方の了解が取れたのですぐに会いに行くことになった。
    家を出る時、屑が玄関のところで丸くなってうめき声をあげていたので
    Aさんが傍らで泣いてたBに「救急車呼んであげれば?」と声をかけてた。

    801 :名無しさん@おーぷん 2017/01/23(月) 02:20:34 ID:5CP
    昔、婚約者と婚約者実家にあいさつに行った時のこと
    最初は普通に話してたんだが、途中で婚約者父が俺の左腕が無い事に気が付き
    「お前、カタワかよ! ふざけんなよ! カタワなんぞに嫁にやるために育てたわけじゃない 今すぐ出て行け!」
    と、ぶん殴られて追い出された

    婚約者は追いかけてきたんだが「カタワなんぞといたらお父さんに怒られるぞ」と言ったらすごすごと帰って行った

    後日、書類をそろえて医療費と慰謝料 計3000万を請求に行ったところ
    ちょっと殴られたぐらいで3000万とかふざけるのも大概にしろと顔真っ赤にして怒りまくり
    いやぁ人間って都合の悪いことは本当に簡単に忘れちゃうもんなんだね

    「先日殴られた件ではなく、2年前にあなたとあなたの娘さんが事故で私の左腕をすりつぶした件ですよ」
    と、ここでようやく思い出したらしくオロオロし始め「あれはもういいって事じゃなかったのか」とか言い出す
    「あなたの娘さんと結婚するのなら半分は家計が同一という事で処理して、残りの半分はひとまず保留としていただけですよ」

    当然、結婚に反対された以上は全額払ってもらうという事で話を進めるも
    おやじさんは話が違うとごねるし、元婚約者はどうしてひどいと泣くしでなかなか話がまとまらない
    強引に分割で回収するように話を付けてようやく先日、全額回収できたのだが

    何故か、元婚約者のなかでは全額払ったらよりを戻せると言う事になってたらしく
    どうしてひどいと泣かれて俺の方が悪者にされてしまった

    何でみんなこう自分の都合のいいように記憶を改竄できるのか不思議で仕方ない

    このページのトップヘ