190 :名無しさん@おーぷん 2014/11/07(金) 16:18:51 ID:FkbKCyRy0
    私の両親の話です。フェイクあり
    父の実家は当時その地では割と有名な着物店だった。母方祖父はそこの従業員。
    母は16ぐらいから好きあって交際していた男性がいたんだけど、父がたまたま弁当を届けに来た母を見かけて一目惚れ。
    父方祖父母が我が子可愛さに母の気持ちや都合を無視して結婚しろ子供を作れとしつこく迫ったらしい。
    結婚しなければ母方祖父をクビにすると脅され、警察に駆け込むが門前払い。
    どうやら警察上層部と深い関係があるらしくて警察に縋っても無駄だと鼻で笑われた。
    母は泣く泣く父と結婚して姉をもうけるが、何故男を産まないのかと詰られまくり。父は嫁を支配する立派な男子だぜフフンといった感じで助けることもしなかった。
    父は、もう一度チャンスをやる。次こそ男梅と、いかにも女を産んだ失敗を許したうえにもう一度チャンスをやる心広い優しいボクチンな態度をとったという。
    しかし孕んだのは女だった。それが私。
    母は無能だ無能だと罵られ、挙句の果てには浮気。
    母は泣いて浮気を責め立てるが、浮気した証拠がない、名誉毀損だと妊娠中の母を追い出した。慰謝料はいらんけどそれ相応の責任を取ってもらうと母方祖父を解雇。
    母方祖母は専業だった為、食うにも事欠く生活を強いられる母一家は、父の浮気と不当な解雇を訴えようとしたが、あそこの家は専属の弁護士がいるし関わったら職を失うと父一家の名前を出すだけで断られた。
    お金もないしどっちにしろ訴えはりなんてできないんだけどね。

    831 :名無しさん@おーぷん 2019/10/28(月) 13:35:54 ID:0p.8q.L1
    自分の感情が分からないから客観的な意見を聞かせてほしい

    還暦くらいの父のこと
    私が小学2年生のときに両親が離婚
    お酒に弱く記憶がなくなるタイプの父は、外で深酒した深夜帰宅後に母や物相手によく暴れていたらしい
    離婚の決定打となった日は帰宅時に上手く自転車が停められなかったことに腹を立て、ショートヘアの母の髪を掴み引き連りまわし鎖骨の骨を折ったそう
    当時の私から見た父は、機嫌が悪いと物や人に当たる人、という認識ではいたけど
    深酒で暴れる平日は夜寝てて顔を合わせないし、休みの日には近所の友達まで一緒にアクティブな遊び場へ連れて行ってくれる
    カッコイイ自慢の父でもあった

    滞ることなく決まった養育費も支払われ続け、特段好きでも嫌いでもないけど父と子は会うものだという認識で、離婚後もよく父とは会っていた
    だけど成長するにつれ、親子と言えど一緒に暮らしていない分価値観の相違も多く、叱咤されることや
    母にした仕打ちの酷さの理解から父のことが憎く疎ましくなった
    成人後は祖母に会うためだけに年1程度会いに行き、その時も父とは極力会話をしないようにしていた

    そして現在は新幹線の距離に嫁ぎ子どももいる
    父とは違うタイプの人、と思って結婚した旦那も蓋を開けてみれば
    自分の機嫌を自分で取れない私の記憶の父と酷似したタイプだった

    妻という立場で夫を見ると、そのキレやすい性格は育成環境の悪さが垣間見れて同情する面もある
    キレやすく子どもにイライラをぶつけたりすることもあるけど、一方子供への愛情が深いのも見ていたら分かる
    私の娘はというと「パパってほんとに怒りんぼだね、でも私のこと大好きなの知ってるし私もパパ大好き」と言ってる

    そんな旦那と娘を見てると父への罪悪感がすごい
    父は母にとっていい夫ではなかったけれど私の父としてはどうだったんだろう
    父なりに私を愛してくれてたのがわかるから
    娘の結婚式にも呼ばれず、孫にも会えない今の状況を想像すると可哀想でならない

    歩み寄りたい気持ちでその先を想像すると、結局面倒臭くて考えるのを止める、のループに陥ってる
    そのループからそろそろ今一歩踏み出したいので、客観的に見て自分だったらこうするとか、父の立場から見ると、など何でもいいのでご意見頂けたら嬉しいです
    長文初めてで改行おかしかったり、何か不備あったらごめんなさい

    184 :おさかなくわえた名無しさん@\(^o^)/ 2017/02/05(日) 14:48:05 ID:33E3fdBt.net
    ついさっき父と母と歩いてて
    父がJK風の女の子二人組とぶつかって、お互いにぶつかった感じだったけど一応謝ってた。
    そしたら、オッサンに触られたー痴/漢じゃね?キモーみたいな反応されて
    父、(´・ω・`)←こんな顔になってた
    それを後ろを歩いてた母が見て、そのJK風の子に「違うわよーあのオジサン面食いだから。安心して」って爽やかな笑顔で言っててフイタ

    361 :名無しさん@おーぷん 2019/10/15(火) 21:47:13 ID:k9W
    時期的に不謹慎な話題でしたらすみません。

    千葉寄りの埼玉住みなんだけど、台風15号が通り過ぎて5日ぐらい経った頃に旅行に出掛けた。
    旅行と言っても、余命宣告されてる父が今ならまだどうにか旅行も可能ってことで
    みんなで(母と兄一家と我が家)父の生まれ故郷に連れて行ってあげようってことだった。
    前々からタヒぬ前にもう一度行きたいと言ってたので。
    出発する前日、回覧板持ってきたママ友のAに玄関に置いてあったスーツケースを見られて
    「旅行行くの?」って聞かれて「うん」と答えたら「どういう神経してるの?」って言われた。
    「千葉がこんな大変な時に旅行に出掛けられる神経が分からない。そんな時間があるならボランティアにでも行けばどう?」と。
    Aは元々房総の出身らしいとその時知った。ご実家が恐らく大変なんだろうと思う。
    そんな時に・・・と言われると返す言葉もないが、うちにはうちの事情があって
    全員のタイミングを合わすのに結構苦労したんだよね。
    それに父の状態のいい日がいつまで続くか分からないし。
    詳しくは話さなかったけど「父が余命宣告されてて、たぶん最後の家族旅行なんだ」とだけ話した。
    それでも「だとしてもこんな時期に不謹慎」と言われて
    「そう言う無神経な人とは友達を続けられないよ?いいの?」って言われた。
    ママ友は友達ではない。私の中では。子供の幼稚園繋がりで交流があるだけ。
    もちろんそれだけの関係でも、中には個人的にLINEし合って友達になった人もいるけど
    Aの場合、同じマンションで、子供同士のそういう繋がりが無ければ決して付き合いたいと思うタイプではなかった。
    自分が中心にいなければ気が済まない人で、自分が全て決めて回りが合わせるのが当たり前と思ってる人。
    「仕方ないね」とだけ言ってドアを閉めた。
    旅行から帰ってくると、態度が余所余所しいママ友が何人かいた。
    ああ、根回りされたんだなと思った。
    でも私と似たような感覚のママ友も結構いて、変わらず接してくれた。
    そのママ友さんから聞いた話によると、“病気の父との最後の旅行”の部分は端折られて
    「隣県が大変な時に浮かれまくって旅行に出掛けてる」と触れ回ってたみたいだ。
    結果、Aの周りには自分を持たないイエスマンだけ残っている。
    そしてその中のひとりが今週末計画していた旅行にAの目が怖くて行き辛くなって困ってるそうだ。
    こんな言い方は語弊があるかも知れないが、被災者の精神的な疲労や現実的な肉体的疲労は
    本当に大変なものだろうと思うしお気の毒だと思うが、
    私には私の現実があって、それは比較にならないものだと分かってはいるけど
    じゃあどうすればいいのってことになる。
    ボランティアって簡単に言うけど、小さな子供がふたりいてどうしたって現実的ではない。
    災害義援金の箱を見るとできる限り協力しているけど、当然そんなもので足りることでもないだろう。
    だけどもし自分が今回のような被災者側になった時、
    余命わずかな父親との最後の旅行を、見ず知らずの自分の為に取りやめて欲しいなんて絶対思わない。

    このページのトップヘ