698 :可愛い奥様 2008/06/21(土) 20:04:44 ID:5C1QypEB0
    うちの母の歳の離れた叔母(母の妹)は15歳の時から10年くらい、
    うちの父と不倫というか遊んでたらしい。
    それを知ると、叔母と私達に暴力の八つ当たりをするも父には黙認。
    叔母は結婚後もうちの父と続き、流産(父のこかもしれない)、
    借金から逃げるように旦那と上京。
    その後の父の性のターゲットは姉(実の娘)と姪(父の実弟の娘)
    母はそれを10年以上黙認。それどころか姉と姪が父をたぶらかした発言。
    くだらない弟がいるんだが、そいつが父そっくりのことをしでかしてた。
    それを最近知る事となり、因果ってあるんだなと思った。
    叔母は40歳の時駅で倒れそのままタヒ亡、父は58歳でタヒ亡。
    弟もろくなタヒに方しないだろう。

    773 :可愛い奥様@\(^o^)/ 2017/01/20(金) 23:21:30 ID:TEBMRb1T0.net
    中・高同級生、両親があまり評判良くなくクラスでも浮いてた子
    いきなり、家電に連絡してきて子供のセカンドオピニオン診察をして欲しいと(父が医師)言ってきた
    姉妹で総合的な病名はダウン症
    頭蓋異常で上の子は手術可能な時期を過ぎてて手術不可能
    下の子は重度頭蓋異常なので手術しても意味がない
    まぁ、最初の病院でも絶望的な診断だったそうで…
    前から検診とかでも言われてだろうに
    見栄っ張りな割に子供自慢しないのが不思議だったけどwポンコツ産んでたのねwしかも手遅れw

    25 :おさかなくわえた名無しさん@\(^o^)/ 2017/01/04(水) 16:41:59.60 ID:gL8NGnMN.net
    父は建設関係の零細企業を経営していた。
    ある日そんな父の所に近所のヤンキーなお兄ちゃん達が「胸がスーっとなるシンナー下さい」と尋ねてきたんだとか。
    ヤンキー達は父からもらったシンナーを吸引し全員病院送りに。
    父が渡したシンナーは業務用の超強力なモノでシンナーを日常的に使用する建設関係者ですらキツいと言わせる逸品。
    ヤンキーから話を聞いた警察が一応父の所に来たらしいが
    「胸がスーっとしたいって言ってたから、ウチで使ってるシンナーをあげただけ。」と言ったので
    警察も「これが本当の胸スー」とか意味不明の応答で済んだらしい。
    ヤンキー達は2度と父の会社には来なかったので、その後は不明。

    554 :おさかなくわえた名無しさん@\(^o^)/ 2017/02/28(火) 03:06:16.99 ID:kBY58PZT.net
    自分がまだ幼稚園児だった頃のこと

    私の記憶は、夜寝ていたときに突然誰かに足を踏まれ、痛くて起きてぎゃーぎゃー泣いたことと、誰かが誰かに殴りかかっている姿をぼんやり覚えている程度
    しかし、大きくなってから父になにかの流れでその話をすると、全く知らなかった真相を聞かされた
    殴りかかっていたのは父で、その相手は母の妹である叔母だった
    叔母は私と弟2人を寝かしつけ、一緒に寝てしまったたところを、父が母と勘違いし思わず殴ってしまったそうだ
    父は飲み会帰りでかなり酔っていたことと、母の不倫に気づき悩んでいたことが重なって、そういう行動に出てしまったらしい
    ちなみに母はそのとき、叔母に私達兄弟を預けて不倫相手に会いに行っていたんだと…
    よく見もせずに酔った勢いで人を殴る父も父だし、母の不倫を知っていながら黙って私達を預かって、結果的に不倫の手助けをしていた叔母も叔母だし、そもそも不倫なんかする母も母だ

    そんなことが自分の家で起こっていたことも衝撃だったし、幼かったとはいえ自分がほとんど何も覚えていないことも衝撃だった

    982 :名無しさん@おーぷん
    高校生になってまもなく、父が私と風呂に入りたがるようになった
    当然拒否はするけど「親子の交流したいのかな?」くらいに思ってて嫌悪感はなかった
    が、次第にエスカレートしていき私が入ってる時に入ろうとしたり、着替えを除いたりエスカレートしてきた(この時は嫌悪感あります)
    ある日、私と父しかいない時に「今日こそお前のいやらしいスニッパを確認しないとなぁ〜?」とニヤニヤしながら言われた
    言葉にできない恐怖を覚えた私は家を飛び出して母方祖母の家に逃げ込んだ
    今では縁が切れてます

    679 :名無しの心子知らず@無断\(^o^)/ 2014/12/12(金) 16:18:04.57 ID:jh/g3Juv.net
    今年ももう終わりなので、今年あった話を。

    初めての娘を今年出産。
    みんな大喜びしてくれましたが、特に喜んだのが私の父でした。
    仕事の合間をぬって3日か4日に一回は娘の顔を見に来る程の溺愛っぷり。
    初めての育児でお昼ご飯もままならない私を気遣い、その日は「外で食べるか!」と外食に誘ってくれました。
    しかし当然娘はまだ小さい(この時5ヶ月)ので近くのファミレスへ行きました。

    そこでご飯を食べていると、眠いのと暑いので娘がグズグズしだしました。
    父は急いで食事を終えると「ゆっくり食べてていいよ」と言い、お金だけ置いて娘を連れ外へ…
    なかなか休まる時間がない私にとってはありがたい事ではありますが、いくら父でもそこまで甘える訳にはいきません!
    ご飯は残さず綺麗に食べ、おまけにデザートまで頼んでしまっていた私…(厚かましい)
    「これを食べたらすぐ行くからね、父!娘ー!」と心の中で謝りながらもドリンクバーへ(厚ry)

    しかし席に戻ると、何故か私のカバンがお隣の子連れママのテーブルに…
    確かに私の席に置いてあったはず…。見慣れたマスコット(娘が気に入ってる)もついてるので間違える訳がありません。
    私「あの、失礼ですがそのカバン、私のだと思うんですが」
    キチママ「は?違いますけど?」

    思いもよらない返事に驚きながらも「いや、間違いなくうちのです!」と食い下がるが引かないキチママ。
    少し騒いだのもあり、周りもザワつき店員も「どうしましたか?」と来ると
    キチママ「あーうざい!なんなのあんた!?うちのだって言ってんでしょ!帰るよキチ子!」
    とか言いながら私のカバンも持ってキチ子の手を引き出口へ向かうキチママ。
    「返してください!」「言いがかりつけんな!」という会話をしていると、よからぬ雰囲気を察した父が店内に戻って来た。

    父「どうした?」
    私「この人が私のカバンを持っていこうとする!」
    キチママ「失礼な!これは私のだって言ってるじゃない!」
    父「……確かにそのカバンは娘のカバンですね」
    キチママ「グルだろお前ら!!こ・れ・は・私・の!!」

    長いと言われたので一旦切ります。

    79 :名無しさん@おーぷん
    二股かけられて男に捨てられた
    最初男の浮気発覚でそれを責め、浮気相手の女も責めた
    (私のマンションでイチャコラしてた)
    そしたら男の本命は浮気相手…つか私が浮気相手で女は本命彼女と判明w
    女は男が私と浮気してるの知ってたんだと…
    私なら「別にいい」らしいw
    スペック的に男とられることは無いからとww

    今なら笑えるが、当時は衝撃で泣いたw
    私の価値は「金」だけだったらしい
    「体」は彼女には劣るけど貰ってやってもいい
    「金」はいくらあっても困らないし、私は稼ぎだけはいいので、
    彼女から男へのプレゼントを私が買ってあげて、浮いた金で彼女と男が遊ぶ、と
    当時もわけわかんなかったけど、私から男へのプレゼントは全部「彼女からのもの」らしいw

    悔しくて悔しくて思わず「父に言いつけてやる!」と口走ってしまった
    男は「あーあのショボくれオヤジ?wどうぞどうぞww」とあざけってくれた
    彼女も「ター君(男)無理やり会わされたんだっけ?wwオヤジとご飯とかカワイソーwww」
    と笑う
    両親を紹介したことも、2人でかげで嘲笑ってたわけ

    こらえきれず2人をマンションから追い出そうとしたけど、「お前が出て行けよw」
    「ここ結構気に入ってるのwwもう何度も使ってるのにwwww」
    男、今回が初めてじゃない、もう何度も留守中こっそり彼女招き入れてやることやってたらしい…

    447 :名無しさん@おーぷん
    父親が発作的に「ドラマのような型通りの父親」役をやりたがる人で困る。
    たとえば俺が小3の時急に「父と子はキャッチボールするものだよな!」と言い出し
    グローブとボールを買ってきて俺を公園に連行した。
    しかし俺は野球に興味がなくミニバスに所属していた為、ヘタクソだしいかにも嫌々という感じでやったので親父は激怒。
    もうお前の為になんか何もしてやらん!と怒鳴ってどこかへ行った(たぶんスロット)。

    中学2年の時は急に部屋に入ってきて「おしべとめしべは」的な性教育を始めた。
    オナニーのやり方等も教えてきた。そんなもんとっくに知ってるし親と下の話なんかしたくないしで
    「エ□情報が欲しいなら友達に頼むわ。親父とそんな話すんのキモイ」とはっきり言うと
    やはり怒ってどこかへ行った。

    また、高校受験日の4日前に突然
    「お前は俺の母校へ進学するんじゃないのか!そんな高校へなんか行かせん!!」と激怒したこともあった。
    この時は母が激怒し返して
    「三者面談の結果決まったことを今更ぶち壊す気か!大体進学先なんか何度も報告してただろう!
    ずっと右から左へ聞き流していたくせに4日前になってなんだ!」
    と怒鳴りに怒鳴って黙らせた。父はまたふて腐れてどこかへ行った。
    ちなみに父の母校より俺の進学先の方がやや偏差値は高く、反対されるような高校ではなかった。

    569 :名無しさん@おーぷん
    会社で嫌な事があると「女はダメ、女はクズ」と演説し出す父。
    おとといはブックオフが大赤字を出したという記事を見て
    「女が社長の企業なんてこうなるのが当たり前だ。男が最初から駄目とわかっていて手を出さない分野に
    女は手を出して案の定失敗する。女はバカだ。家で雑巾でも縫ってりゃいいんだ」
    と気持ちよく演説していた。
    父がこの状態になったら無視するのが我が家の暗黙の了解で
    皆いつも通り父の声はスルーしてテレビを見てた。
    そしたら去年結婚して同居になった兄嫁さんが立ち上がって
    居間を出てまた戻って来た。
    何かプリントアウトしたみたいで紙が全員に配られた。
    その場にいたのは母、私、兄、父。
    ブックオフのウィキの記事とニュースの記事だった。
    私も知らなかったけどブックオフの創業者って男性なんだね。
    有名な女社長は5年くらい前に退いて、今は男性の社長で、元銀行員らしい。
    兄がそれを読んで笑い、母はクスッ。
    父は顔真っ赤にして不機嫌になり居間を出て行った。
    兄嫁さんは母に「差し出がましくてすみません、でも我慢できなかった」
    「スルーしているつもりでも耳は聞こえていてストレスは溜まるもの。
    前から思っていたけどお義母さんの偏頭痛とチックはストレスのせいじゃないか」
    そして兄に「別居したい。いやいやする。私は明日出て行くから」と宣言。
    兄はアタフタしていた。
    そして本当に兄嫁は出ていっちゃった。会社に寮があって前から申請してたんだって。
    「申請が通ったから強気に出られた」と言ってた。
    父はダンマリ。兄は兄嫁さんにずっとメールしてるけど返事がないみたい。
    母はなんかそわそわしてる。
    不謹慎だけど家の勢力図が変わりそうでワクワクしている自分がいるw

    このページのトップヘ