32 :おさかなくわえた名無しさん 2020/05/01(金) 15:17:50
    子供の頃、父方の一族揃って海水浴キャンプに行った。
    伯父と叔母は、祖母の家に寄ってから出発。昼過ぎに着く予定。
    俺の家は、親父の仕事の関係で、半日遅れで夕方到着の現地集合。

    海への山道を進むうちに俺が車に酔った。途中の展望台になってる場所で小休止。山の向こうに目指す海が見えた。
    しばらくすると展望台に一台の赤い車が止まった。
    窓を開けて結構な音量でラジカセかけてる車から出てきたのは、男女2人ずつ。
    記念写真撮ったり騒いだりしたあと、また車に乗って先に行った。
    俺一家も、後を追うように出発。親父に窓を開けたいといったけど、山道で窓なんて開けるもんじゃない。って却下された。
    カーブになるたびに、前の赤い車が見え隠れしていた。
    ドーン!!って音がした。親父が徐行しだして、暫くするとバックして路肩に止めた。
    出るな。と言い捨てて、親父だけ歩いて行った。
    お袋は止めたけど、兄貴と俺は抜け出した。
    赤い車が事故ってた。 親父が路肩に女二人をを座らせて、声かけてた。のがちらっと見えた。
    兄貴が俺の目をすぐに塞いだ。
    何か冷たいものを持ってくる。という声で俺たちは慌てて車に戻った。
    親父がやってきて、タオルとクーラーボックスの缶ジュースを取り出して戻っていった。
    それから展望台まで引き返した。展望台にあった電話で救急車を呼んでいた。
    人気のない高台だからか、離れた場所に止めた車にも聞こえてきた。
    「女性.2名は・・・でショック受け・・。運転・・・車・・出せま。1人・・・です。
    だから、1人行方不明なんです!」

    それから、俺らにタオルケットかぶせて、事故現場を通り越した。お袋は目を閉じてろ。と言われていた。
    橋の袂で救急車とパトカーを待った。親父が合図して止めて、説明していた。
    案内を頼まれたらしく、親父だけパトカー乗って行っちまった。
    親父が帰ってくるまでは、お巡りさんが二人とパトカーが一台残って俺ら兄弟を相手してくれた。
    俺らがパトカー見せてもらってる間に、お袋も事情聴取されたみたいだった。

    その後はよく覚えていない。
    キャンプの思い出も、おぼろにしか覚えていない。
    今でも時々、親父の焦ったような「だから1人行方不明です」を思い出す
    ある曲を聴くと展望台に赤い車が止まった時のことを思い出して苦しくなる。

    745 :名無しさん@おーぷん 2015/08/03(月) 10:36:41 ID:5LF
    私は大学進学のため18で実家を出て上京、そのまま関東で就職した。
    私が大学3年の時、兄が結婚して兄夫婦が両親と同居。
    小姑が泊まるのは兄嫁さんに迷惑だろうと、帰省する時は土産持って1~2時間お茶いただいてホテルに一泊して帰っていた。
    なので実家に8年以上泊まっていなかった。
    ある年、お正月前に母から電話があった。兄嫁さんが都合で実家でお正月を過ごすそうで、大掃除の人手が足りないから
    今年は帰省して泊まってくれという要請だった。いーよと答え、29日に愛車で高速使って田舎へ帰った。
    帰ってすぐ高校時代のイモジャーに着替え、掃除にかかった。
    父が「久しぶりだな~、おまえが家にいると、普段の家じゃないみたいだな」とニコニコしながら寄ってきて
    いきなり私の胸を掴んだ。驚きすぎて悲鳴があげられなかった。
    「え?え?」となっていると母が「もうお父さんたら~」兄が「久しぶりでうれしいんだよ、スキンシップだよ」と…
    「ええええ?」と混乱しつつ「出来心かも。次やられたら絶対悲鳴あげてビンタしよう」と決心した。
    次、棚を掃除してたら後ろから尻にベタっと掌を当てられ、上にベロンと撫でられた。
    気持ち悪すぎてやっぱり悲鳴が出せず、そばの母をマジマジと見ると、母は見なかったふりで目をそらした。
    何この空気?実家ってこんなとこだったっけ?と兄をつかまえて、
    物陰で「いつの間にお父さんはあんなセク八ラ爺になったの」と詰問した。
    兄は「おまえが帰ってきて嬉しいだけ。親父なりのスキンシップ。お前と距離を縮めたいだけ」と繰り返す。

    246 :名無しさん@HOME 2013/08/28(水) 00:58:25 0
    俺の修羅場書く。

    うちの家系は田舎の農家なんだけど、祖父の持ってた畑が
    高速道路の土地になったとかで、国が高額で買ってくれた
    らしく、けっこうな資産があった。
    祖父の子どもは伯父と父だけ。
    祖父は畑を売るちょっと前に、病気で寝たきりになってた。
    父は、俺と弟が生まれてすぐ亡くなったので、
    伯父が祖父の面倒見てた。
    俺達は、母子家庭ということもあり、ほとんど祖父や伯父とは
    会うことないまま生きてきた。俺も弟も、父の法事以外で
    会ったのは5回ぐらい。あとは年賀状や暑中見舞いのやりとり
    ぐらい。

    そんで、ある日祖父が亡くなったんだけど、はじめて伯父に
    相続権がないのが分かった。
    伯父すら知らなかったんだけど、伯父は祖父の兄夫婦の子どもだったらしい。
    養子縁組もしていなかったとか、とにかく色々戦後のごたごたが
    原因のことで、伯父は20年以上祖父の面倒見ていたのに、相続権が
    ない、ってことになった。
    で、ほとんど祖父と面識ない俺達兄弟が、財産を相続する
    立場だから、って呼ばれた。
    財産放棄しても、伯父には財産が行かないらしくって、
    母と俺達パニック。祖母は父よりも先に亡くなってるし、
    伯父は「俺は口を出すことができない」と、相続諦めることやむなし、
    みたいな姿勢だし、正直俺達は財産とか憧れるけど、相続税怖いし
    何よりこれは伯父さんのだろ、みたいな空気にいたたまれなさで一杯だった。

    277 :名無しさん@HOME 2008/01/01(火) 17:35:59 0
    儀実家にちょこっと返しして来たよ~
    御節食べさせてもらえず義実家親類が来た時に
    食い意地が張った嫁子はお腹の虫が騒ぎまくり、目線はテーブルの上の御節にw
    食べないと震えがくるんだけど、グーグーお腹鳴らしながら震えだす嫁子。
    義実家親類ひきまくりで誰も御節に箸付けられず
    嫁子父が挨拶に来たときには嫁子蒼白、アル中のように震える手でお酒を出し
    「どうした、嫁子!」と慌てる父に
    「とうちゃん、お腹空いたよ~、嫁は御節食べちゃいけない家訓だって...」
    とボソる、出来上がってた父と普段静かな母、即爆発w
    俺様家長!って顔で御節を勧めてた嫁子夫を外に放り出し雪の中で乱闘騒ぎ~
    母はウトメに御節ごとちゃぶ台返し、嫁子はいそいそと実家行きの車に乗り込んだ。

    コンビニのアンまん、ピザまん、温かいお茶ウマかったw
    嫁子実家はド貧乏から子供には”食べられない苦労”は絶対にさせない信念で
    這い上がって来た苦労人って夫には何度も話したのにな...鴨雑煮に濁り酒ウマー!

    556 :おさかなくわえた名無しさん 2019/01/21(月) 10:26:57 ID:2i6z4tVJ.net
    父の上司「A子ちゃんは中学生になったら私の娘になりなさい。グヘヘ」
    私「嫌です。」
    父「親に恥をかかせたな!土下座して百回謝れ」私「助けてお兄ちゃん!」
    母「離婚」
    兄「恥を知れ糞親父」

    それから二十年、父とは一度も会ってない。

    このページのトップヘ