143 :名無しさん@HOME 2018/10/07(日) 22:37:19 0.net
    他の方に比べればあれですが人生最大の修羅場でした。少々フェイクいれたので矛盾していたらすみません

    10年ほど前、当時中高一貫に通い、年100万近い学費出してもらっていました
    父はスキンシップ過多なところがあり、頭撫でたりするのはもちろん、お尻触ってでかいなw と言ってきたりもしました
    体重についてからかわれたり(運動部でBMI20切っていた)、お風呂入ってても外から話しかけられたり、部屋に突然入ってきたり...
    単身赴任仕事三昧だったのが転職して自宅から通うようになり、接する時間の長かった小さい頃と娘への接し方を変えられていなかったのだと思います
    それでもある日いつもはイラっとしても受け流せていたのに、限界でカバンをぶん投げて身近なものを投げつけて、キレてしまいました
    逆ギレで「お前なんか知らん! 自分で稼いで学費払え! お前に金は一切ださん!」と言われ、無視して部屋に行きましたが内心怖くて仕方ありませんでした
    中学生でバイトもできないし、お年玉などで貯めた貯金じゃ1年の学費が精一杯、家も追い出されるのでは...
    ですが次の日から過度なスキンシップも言動も突然無くなり、仕事前に突然1万円入った封筒渡され、これは捨てられると本気で思いましたが、父が仕事に行った後、母から色々聞きました
    「昨日の夜父と話した。あなたが本気で嫌がっていたこと、今まで我慢していたこと諸々。今まできちんと言えなくてごめんね」と。1万円は慰謝料的なアレのつもりだそうです
    母には嫌だと思っていることも話していて、時々父に言ってくれていましたが軽く流されていました。私がキレたことで上手く解決した感じです
    あの日の話は父ともしていません。しっかり話すべきでしょうが、カバンぶん投げたことを謝る気にはなれないので、このままスルーしようと思います

    421 :名無しさん@HOME 2016/08/03(水) 05:36:20 0.net
    もうずっと忘れて生きて来たのに
    栃木のキャンプ場孤立のニュース見て思い出した修羅場

    俺が小4、妹が小2だった夏休み
    父親は仕事柄、半年とかの単身赴任や出張が多くて、その時も1週間の出張だった
    大雨が降って、土砂崩れが起きてあるキャンプ場が孤立して
    ヘリが必要な物資を投下しているニュース映像が流れた
    俺と妹は、夏休みの午前中にやるアニメの再放送を見ていたが
    CMの間に、ザッピングしていてそのニュースを見てしまった
    キャンパーの中に父親がいた
    俺はなんとなく察するところがあって、とっさにチャンネルを変えようとしたが
    妹が母親に「ママー、パパだよ!!パパが大変だよ!!」と声をかけてしまった
    同じ部屋で本を読んでいた母親が、映像を見て顔をこわばらせた

    父親は同じ会社の独身女子社員と不倫旅行中に災害に遭っていた
    夏休みが終わっても父親は帰ってこなかった
    学校の皆は、うちの母親の顔は知っていても父親の顔は知らなかったので
    誰も父親の事には気が付かなかった
    二学期の終わりに、母親の名字になって母と妹と三人で母の実家に引っ越した
    両親の間でどういう話し合いがあったのか知らない、父親が再婚したかどうかも知らないが
    俺たちの大学までの学費は援助していてくれたみたいだったので、就職した時に礼状だけ出した

    後で知ったけど、父親は出張が多かったわけでは無く
    不倫してはプチ別居を繰り返していたクズだった

    大人になってからは父親の存在自体思い出す事が無くなってたけど
    子供が学校から持って帰って来たヘチマの鉢と、キャンプの映像を見てたら記憶が蘇った
    離婚直後より数年後、妹が事情を理解して自分を責めて病んだ時が修羅場だった

    288 :Meg 2014/06/24(火) 17:43:14 ID:GqJITiytD
    実家に住んでた頃の話。
    2年くらい前の、今くらいの時期。

    実家の2階に自室があってさ、休日昼寝してた。
    一階から父の声で「おーい」。同時に、階段の壁をコンコン、と叩く音。
    父は私を呼ぶとき、毎度、それをするのな。

    起されたことに苛立ちつつ部屋から「何?」っていうも返事なし。
    「なんだよ!」って起き上がって時計見たら午後4時ごろ。夕飯まで寝てるつもりだったんだけど。
    そんで、一階に降りて居間に通じるドアあけて
    「なんだよ」
    って声かけたら、なんか来客中だったみたいで、私に背を向けて、座布団に壮年の男性.が座ってる。
    顔は見えない。
    そんで父が、床に正座して、深々と、その客人に頭さげて、
    「有難う」って言ってんの。

    何この状況!?と思いつつ、寝起きで喉渇いてたんで、
    「失礼しますー」みたいなこと言いながら、その客人と父の横を通りぬけて居間の奥へ。
    そこからキッチンに行けるんでね。お茶でも飲もうかと。

    そしたら、そこで目に入ったのが、父の遺影と仏壇でね。

    「あ!」
    って思って振り返ったところで自室の布団で目が覚めて。

    「あー、変な夢みた」
    と思って起き上がり、居間に行ったら、母が客用の湯飲みとか、コースターとか菓子器やらを片づけてんの。

    誰か来てたの?って聞いたら
    「葬式には出れなかったけど、って、お父さんの古いお友達が来てくれてね」
    線香のにおいが、まだ部屋に残ってた。

    あー、父からしたら、俺にも挨拶させたかったんだろうなー、と思ったわ。
    そんで、父は、すごく、その人が来てくれたことがうれしかったんだろうなー、と思った。

    父が亡くなって半年後くらいの話。
    「よくある話」って思うかもしれないけど、実体験。

    796 :名無しさん@おーぷん 2017/06/16(金) 10:27:49 ID:e26
    父が近々再婚する。
    私も納得してるし、再婚相手さんの事も大好きだから結婚してくれてありがとう!って感じ。
    なのに周りの親族がうるさい。原因は私達の年齢。
    父(41)、再婚相手(22)、私(18)
    「娘と大差ないような子供を妻にするなんて!」「□リコン気持ち悪い!」「娘ちゃんも本当は嫌がってるに決まってるでしょ!」などなど暴言のオンパレード。
    まぁ初めは「年齢差すげーな。」程度は私も思ったけど、2人ともすごく仲良くしてるし私の事もちゃんと気を使ってくれるし、逆に再婚相手と年齢が近い事で友達のような感じであまり違和感なく付き合う事が出来る事が嬉しかった。
    そして何より、私が4歳の頃に実母が事故タヒしてから男手一つでここまで育ててくれた父に幸せになってほしかったから、「好きな人が出来た。」って言われて涙が出るほど感動した。
    家族が納得してる事になんで周りがとやかく口を出すんだろう。
    再婚相手の親も認めてるのに。意味がわからない。
    父の幸せを邪魔すんな。

    1 :名無しさん 2014/04/23(水) 21:19:03 ID:NX19MgvU6
    スペック
    高2
    帰宅部 アルバイト
    彼女はいない

    さっき色々と話し合いをして久しぶりに訳が分からず涙が出てきた

    俺はクズ人間なんだと思う

    このページのトップヘ