無断

    822 :おさかなくわえた名無しさん 2010/03/26(金) 16:15:28 ID:wTszKdE8
    現場近くの空き地を勝手に資材置き場にしている
    馬鹿金髪ドカタがいたので、注意すると食ってかかってきやがりました。
     私 「(資材を指して)ねえ、ここそういうの置いて良いの?」
    ドカタ「他に置くところ無いだろーが。見ろよ。」
     私 「迷惑ですよ。会社から運んでくればいいんじゃないの」
    ドカタ「無理!馬鹿かおまえ」
     私 「法律で決まってンでしょ?」
    ドカタ「じゃあ、おめえんちの庭貸せよ馬鹿!」
     私 「話にならないですね。ここ、あなたが責任者?」
    ドカタ「知るか馬鹿!」
     私 「(携帯取り出して電話をかけ始める)」
    ドカタ「何?会社に電話すんの?(爆笑)すげえーカッコイー(爆笑)」
    ドカタ「会社にゃ誰もいねーべよ。専務の俺が現場来てンだからよ(笑)」
    ドカタ「(連れてきた職人に向かって)わざわざよ、おまえら快適にするために
         穴掘りにきてやってんじゃねえか」
     私 「あ、水道局ですか?工○課のあ○みさんお願いします。」
    ドカタ「(目の色が変わる)」
     私 「私です。資材勝手に置いてる業者に注意したら
        目の前で私脅迫されたんですよ。」
     私 「(トラックに書いてある業者番号を告げる)」
     私 「多分、おまえんとこ市の指定から外されるよ。」
    ドカタ「・・え、す、すいません。あ○みさん知ってるんですか?」
     私 「うるせえな。すいませんじゃねえんだよ。
        人を散々脅しといてよ。それ脅迫なんだよ」
    ドカタ「(いきなり職人を全員呼びつけ)おい、みんなあやまれ」
     私 「馬鹿か!おい、金髪、てめえだろ」
    ドカタ「はい!すいませんでした!片づけます。」

    902 :おさかなくわえた名無しさん 2006/12/22(金) 00:32:24 ID:f+P1x5Qw
    うちの姉の些細な武勇伝。

    会社勤めの姉は毎朝最寄り駅の近くまで車で行くため、
    駅近くの 月極駐車場を借りている。
    ある朝いつものように駐車場に着くと見知らぬ車が姉のスペースに 停めてあったそうだ。

    そしてその車のワイパーに
    「こちらに電話ください」 と書かれたメモが挟んであった。
    姉が電話したところ駐車場裏の マンションからオバサン2人が悪びれない笑顔で
    「ごめんね~どかすわね。」と やってきた。

    呆れて少々ボンヤリしていた姉を後目にさっさとそのまま去ろうとした時、
    我に返って
    「あなな達どういうつもりですか。
    人がお金を払って 借りている駐車場に勝手に停めた上、
    電話をさせて何様ですか。
    メモを挟んでたって事は人が借りてるスペースだと知っていてやったと いうことですよね。
    無断駐車承知でやったって事ですよね。
    すぐ隣に 100円パーキングがあるのになんてせこいことするんですか。
    大の大人が。 恥ずかしげもなく。常習犯なんでしょう。警察呼びますか?」
    と静かに、一気に 言ってやったそうだ。

    オハサン達はとたんに慌てて真っ赤になってひたすら
    「すいません」連発。逃げるように去っていったらしい。

    姉はまだ20代前半なので小娘だから謝れば言い返さないとなめられて
    いたようだが、思わぬ反撃にあってうろたえたに違いない。

    今日話聞いてちょっと胸がすーっとしたので投下。

    399 :おさかなくわえた名無しさん@\(^o^)/ 2016/08/06(土) 09:20:18 ID:JmqoQ6Ez.net
    うちの夫の職場は敷地が広くて、駐車場は来客ように100台ぶんくらいある
    夫はそこの管理事務所に普段はひとりか二人でいる
    来訪者は基本的にアポイントをとりやってきていて、飛び込みで来るひとは滅多にいない。いたとしたら年配のひとくらい

    先日、出勤したら駐車場の門を無断で開けられ、数台の車が停まっていた。他にも親子連れで自転車も。

    彼らは敷地内をうろついていた。いったい何ですか?と声かけしたら、みんな手にスマホもっているんだって。
    小学生くらいの子供たちは走りながら歓声をあげていたらしい。
    管理事務所ないにズカズカ入り勝手にトイレに入る親子も。
    敷地内にあるテーブルとベンチを利用しお弁当を広げられたときは呆気にとられたらしい。
    全員、今すぐお引き取りくださいと怒鳴ったといっていた
     

    このページのトップヘ