水道局

    188 :おさかなくわえた名無しさん 2018/03/25(日) 20:32:20 ID:J34W+a3n.net
    不用心だったなあと反省した話。
    新卒で一人暮らしをしていた頃、疲労とストレスで思考が完全に鈍ってた。
    その日も疲労困憊で帰宅、ご飯を作ってさあ食べよう!となった夜9時前くらいだったと思う。
    インターフォンが鳴って「水道の件できました」と若くて爽やかなスーツ姿の男性が来た。
    「ご飯食べたいのでちょっと」と断ったら「どうぞ!待ってます!」と元気に答えられたので言われるがままに家に上げた。
    丁度少し前にアパートの水道工事があったから、水道局の人が点検に来たのかと思ってた。
    それで床に正座した男性と雑談しながら1人ご飯を食べ、食べ終わったら水道が見たいと言うので付き合った。
    男「浄水器付いてないですね。水道水はそのまま飲めないじゃないですか。このウォーターサーバーが…」
    私「飲みますけど」
    男「えっ水道水そのまま飲むんですか!?」
    私「普通に飲みますね」
    男「じゃあこのウォーターサーバーは不要ですね…」
    私「で、うちの水道は問題ないですか?」
    男「えっ」
    私「えっ」
    そこでやっと水道局と無関係の怪しい営業マンだと気付いた。
    「僕が言うのも何ですが、女性一人暮らしで知らない男を家に上げると危ないですよ」と言い残して帰ってった。
    時間だけとらせてごめん。私がさっさと断れば1時間も無駄にしなかったのに。
    その後も時々真夜中にインターフォンが鳴ったりドアガチャされたりドア蹴られたりしたけど、
    ちゃんと無視するようになりました。

    822 :おさかなくわえた名無しさん 2010/03/26(金) 16:15:28 ID:wTszKdE8
    現場近くの空き地を勝手に資材置き場にしている
    馬鹿金髪ドカタがいたので、注意すると食ってかかってきやがりました。
     私 「(資材を指して)ねえ、ここそういうの置いて良いの?」
    ドカタ「他に置くところ無いだろーが。見ろよ。」
     私 「迷惑ですよ。会社から運んでくればいいんじゃないの」
    ドカタ「無理!馬鹿かおまえ」
     私 「法律で決まってンでしょ?」
    ドカタ「じゃあ、おめえんちの庭貸せよ馬鹿!」
     私 「話にならないですね。ここ、あなたが責任者?」
    ドカタ「知るか馬鹿!」
     私 「(携帯取り出して電話をかけ始める)」
    ドカタ「何?会社に電話すんの?(爆笑)すげえーカッコイー(爆笑)」
    ドカタ「会社にゃ誰もいねーべよ。専務の俺が現場来てンだからよ(笑)」
    ドカタ「(連れてきた職人に向かって)わざわざよ、おまえら快適にするために
         穴掘りにきてやってんじゃねえか」
     私 「あ、水道局ですか?工○課のあ○みさんお願いします。」
    ドカタ「(目の色が変わる)」
     私 「私です。資材勝手に置いてる業者に注意したら
        目の前で私脅迫されたんですよ。」
     私 「(トラックに書いてある業者番号を告げる)」
     私 「多分、おまえんとこ市の指定から外されるよ。」
    ドカタ「・・え、す、すいません。あ○みさん知ってるんですか?」
     私 「うるせえな。すいませんじゃねえんだよ。
        人を散々脅しといてよ。それ脅迫なんだよ」
    ドカタ「(いきなり職人を全員呼びつけ)おい、みんなあやまれ」
     私 「馬鹿か!おい、金髪、てめえだろ」
    ドカタ「はい!すいませんでした!片づけます。」

    416 :名無しさん@おーぷん 2016/07/29(金) 02:18:20 ID:iEH
    誰もいないうちに
    数十年前にあった業者の勘違いから発生した自分的には衝撃的だった事。
    虫苦手な方はスルーでお願い。

    新婚当時、コンビニもないような田舎で暮らしてました。
    浄化槽みたいなのが各家庭にあって、上下水道の人が月に一回薬剤を集金後に入れていく。
    ある夏の日、トイレの水を流すと大量のカブトムシの幼虫みたいなのが
    流れてきて、虫が苦手ではなかった私でも鳥肌がたった。
    流しても流しても虫は消えず、パニックになったまま水道局に連絡。
    地域担当の人が来て浄化槽の蓋を取ると大量の虫が湧いていました。
    どういう事なのかと問い詰めると
    「先月分の料金を支払わないから薬剤を入れなかった」
    とのこと。
    支払った時の領収書を見せ、薬剤を撒いてもらいましたが謝罪はされず。
    「どこかの家と勘違いしちゃったかなぁ」
    と悪びれもせずヘラヘラした様子に怒りを感じるよりも、虫がいなくなる安堵感で謝罪を求めるのを忘れていました。
    今は別の場所に住んでいますが、あの光景が衝撃的すぎてトラウマになっています。

    このページのトップヘ