鬼女のつぶやき〜2ch鬼女・キチママ・生活まとめ〜

主に2ちゃんねるの鬼女関連のスレッドをまとめています。修羅場、恋愛・結婚、育児関連の記事が多めです。

    毒親

    819 :名無しさん@HOME 2012/06/14(木) 19:16:29 0
    昔あったプチ修羅場
    小さい頃に両親が別れて私は母親に引き取られ母子家庭だった
    しかし母親は毒親で色んな男を取っ替え引っ替えして
    新しい男が出来る度に、自分の家に何ヶ月も住まわせていた
    㬥行はなかったけど、ネグレクトはあった
    もう精神的に耐えられなくてハタチ間近の頃に家を出て縁を切った
    とまぁここまではよくある話なんだけど
    アパートの保証人になってくれたり親代わり?の叔母夫婦の家に遊びに行ったら
    叔母も叔父も下戸なのでお酒は常備していないのに
    その日に限って「○○ちゃんビールあるんだけど呑むかい?」と言われた
    その時点でなにか嫌な予感がしていたんだけど
    叔母「言おうかどうか迷っていたんだけど成人になったし大事な話がある」
    叔母「実は戸籍上の父親は本当の父親じゃなかったんだよ…」
    そう言われて私頭真っ白w
    どうやら実父と付き合っていたけど祖母が反対して別れたらしい
    別れた直後に戸籍上の父親と突き合って妊娠判明
    時期的にも戸籍上の父親の子供ではないので
    祖母も叔母も墮胎しなさいと行ったそうだ
    実の父親も、産むなら相手の男忄生にも失礼だからって
    墮胎費用渡して、堕ろしてくれと頼んだそうだ
    でも毒親は素知らぬ顔で、墮胎費用も貰うだけ貰って
    戸籍上の父親とあなたの子供ですよ~って結婚

    833 :名無しさん@おーぷん 2016/10/13(木) 20:22:19 ID:ia4
    祖父の具合が心配で祖母に電話したらたまたま毒(戸籍上父親にあたるが親とは思いたくもない)が来ていたらしく話す羽目になった。全身痛痒い。過呼吸起こさなかっただけマシと思うことにしよう…

    35 :本当にあった怖い名無し 2013/04/30(火) 01:34:04 ID:g25ovGKN0
    兄貴の復讐?話。フェイクあり、㬥カ及びDQ返しと汚物表現あり注意。
    うちのバカ親父の自慢は家庭内手工業+高齢作業員がいる程度の零細会社の社長の肩書き。
    動乱の戦後を息抜き一代で会社の社長まで上り詰めた俺SuGeeeeeの自分age。
    しかし実際にはどんだけ家庭を犠牲にしたかなんてのは(∩゚д゚)アーアーキコエナイ
    その実、ことあるごとに怒鳴り、手近な物を破壊し、ヒスを起こし、
    聞こえよがしなモラ八ラ独り言を繰り返すだけの純然たる小物。

    502 :名無しさん@HOME 2013/05/30(木) 23:06:29 0
    妹が就職して家を出ることになったとき、母親(毒)が発狂して包丁を持ち出した。
    「就職なんかしなくていいからずっと家にいなさい!」とか言ってた。
    止めに入った私は毆られ、妹は腕を刺された(軽傷だったけど)。
    そのあと私と妹は手を繋いで家を出た。夜行バスの中で、私のケータイががんがん鳴ってた。
    出ると「バカヤローてめー家を出やがって、ぶっ杀殳すぞ!」と。妹がケータイを折って窓から捨てた。
    そのあとは妹と二人で暮らした。一度も実家には帰っていない。
    先日妹が結婚した。

    774 :名無しさん@おーぷん 2016/07/29(金) 04:46:09 ID:???
    小学校高学年の時、家族で居酒屋に徒歩で行った。
    そこで当時低学年だった弟が、知らんおっさんに女の子に間違われた。
    酔っ払った母はそれを笑って、弟がすっかりすねてしまった。
    帰り道、弟がすねて父とくっついて帰路を急いだために、俺は母と一緒にゆっくり歩いて帰っていた。
    そこで母が、「私そんなに酷いことした?」と聞いてきたので、すごく素直に「酷かったと思う。すごく酔っ払ってるんだなって思った」と答えると、母は「酷い。何でそんなこと言われなくちゃいけないの」と言って半泣きになって、俺をほっぽって走って家に帰ってしまった。
    幸い家まで数十メートルの距離だったし、歩き慣れた道だから怖くもない。
    ただ俺は母を泣かせた、大人になんて口きいたんだって罪悪感から泣きながら家に帰った。
    そこでどうやら母は父にもいさめられたらしい。
    帰ってすぐに部屋にこもった俺たちの所に来て母は「私は弟を女の子に間違えたおっさんを笑ったんだ!アンタもそう思うでしょ!?」って俺を怒鳴ったんだ。
    俺は怖くて「はい、そうです」しか言えなくて、でもそしたら怒りの矛先は隣りにいた弟に向かった。
    「アンタが自分が笑われたって勘違いしたから、私はお父さんにもお兄ちゃんにも怒られた!アンタ私のこと嫌いなんでしょ!?」って。
    そこからは「もういい。アンタたちが私のこと嫌いなら私出て行くから」→俺たちは怖くて何も言えなくて黙る→「本当に出て行くからね!」と母が部屋を出ようとする→「待ってお母さん、どこにも行かないで、ごめんなさい」と俺と弟が泣き叫ぶの繰り返し。
    今思い返すと、母が笑った理由が何にせよその結果弟がへこんだらフォローすべきだったし、その後に俺を置いてけぼりにしたり、俺たちを怒鳴ったりしたのは理不尽に思える。
    そうやって消化しきれればいいのに、あの日、走って帰ってしまう母の背中がどうしても忘れられない。
    「酷いことをしてしまった」という後悔や、大人が泣いてしまった衝撃や、自責の念がぶり返す。
    でもどう考えても酔っ払いが理不尽に怒っただけの出来事。
    だから、夜道を歩くときたまに思い出しては、そういった気持ちと理不尽さへの腹立たしさから胸糞悪くなっている。
    そういう気持ちを吐き出したかった。それだけ。

    このページのトップヘ