毒母

    166 :名無しさん@HOME 2015/02/12(木) 15:50:11 0.net
    小さい頃にされたことを自分の子どもにしてみた。ごめん、娘。
    息子(一才)抱いてるときに娘きたから「あんたなんかバイキンなんだから近付かないで」って怒鳴ってみた。そしたら毒婆が、自分の子どもに何てこと言うの!!!!あんたなんか親失格だよ!!!!だってさ。
    へー自分はよくても私はダメなんだ。
    あんたにこれ以外にも理不尽なこと怒鳴られたのが原因でAC診断されましたよ。あんたに預けたくなくて娘を保育園にいれるかどうかの時、あんたと和解したよね。見た目だけ。
    あんた言ったの覚えてないっていって、だから避けてたのね。すごく傷ついた、悲しいって私に言ったよね。
    結局娘はあなたに見てもらうことになって関係修復できたと思ったら、親戚中に私がなんだが1人でできるつもりになって勝手に保育園いれるって言ってた、って言いふらしたよね。
    生きてく自信ないや。息子連れて出ていきたい。だんなと娘はなんとか頑張ってよ。あんたと欲しがってた待望の男の子を離したくて仕方ない。
    触るな。お前こそがバイキンだ。

    20 :名無しさん@おーぷん 2017/09/25(月) 21:39:42 ID:xz8
    母から料理をまったく教わらずに育ったので
    自分でレシピ本を買ったりネットで調べたりしながら何年も掛かって
    やっと人並みに料理が作れるようになった。
    それでも時々は失敗してしまうことがあって母にものすごく馬鹿にされる。

    昨日もちょっと失敗しちゃって、「うわぁ何これ。まっず!」って言われて、
    でも失敗したのは事実だから「まずいもの食べさせてごめんね」って謝った。

    それで今日はいつもより気を付けて作ってたのに
    「昨日はすごいもの食べさせられたわねぇ」って蒸し返してきて、
    「お父さんもお兄ちゃんも黙って食べてたわよww可哀想にww」って笑われて
    部屋に帰ってから涙が出て来た。

    自分はレトルトばかりで何も作らないし料理を教えてもくれなかった癖に
    失敗したらここぞとばかりに大喜びで馬鹿にしてくる神経が分からない。

    167 :可愛い奥様@\(^o^)/ 2015/04/22(水) 11:35:51.49 ID:1WEwLVT10.net
    弱ってくると頼ってくるってのわかるわ。
    私は放置子で、常にお腹がすいてたしいつも叩かれてた。
    小4と小5の健康診断で、身長体重がまったく変化無しだった為、毒母が呼び出されたのを覚えてる。
    その時はなんで親が呼び出されたのか分からなかったけど
    今思うと、そんな成長期の子供の身長体重が一年も変わらないって怖いよね。

    高校になるとバイトをしろ!家に金をいれろ!と金をせびられ続けた。
    少しすると毒母に男が出来て、また家に戻ってこなくなった。
    子供の頃は寂しくてしょうがなかったけど、その時は本当にホッとした。
    そして毒母まさかの妊娠!やった!!と思ったのを覚えてる、解放される!と。
    それから約18年、最近突然連絡をしてきた。心臓が止まるかと思った。
    連絡先は幼なじみに上手い事言って聞き出したようだ。
    「あの子がわがままで言う事を聞かないのよ」
    「お義父さんが定年で、生活苦しくなってきちゃったのよ」
    「おまえは素直で可愛かった」「老後はお前と暮らしたい」

    幼なじみの話によると
    再婚して産まれた娘は、キャバでバイトしてはバンドの追っかけをしているらしい。
    そして近所で毒母は、「これから老後はお姉ちゃん(私の事)が面倒見てくれるのよ
    あの子は小さい頃から素直でいい子だったから」と話してるらしい。
    本当に呆れる。
    自分が放置と暴力をしていた事を忘れているのだろうか。
    ご近所さんだってあんたがしてきた事覚えてるよ、本当に馬鹿な女。
    6月が携帯の更新月なので、携帯番号を変える予定。
    いまだに声を聞くだけで、喉が詰まったみたいになるのが辛い。

    460 :名無しさん@おーぷん
    私の両親はいわゆる毒だったと思う。
    母は虫の居所が悪いと30センチの竹製の物差しで、背中をばしばし叩く。
    高校生になって体格的に私の方が勝つまでずっとこれをやられていて、背中にはいまだに
    内出血の跡が残ってる所があるくらい。夏に水泳の授業があっても、水着になることができずにいつも休んでいた。
    父は、私に興味がなかったのか、母にどれだけ殴られようとただひたすら無視。
    父が母と離婚するまでほとんど話したことがない、いわゆるネグレクトってやつだったんだと思う。
    でも母は、顔と外面だけはよかったから、誰もそんなことには気づかなかったと思う。
    小学校の頃一番仲のいい友達に母のことを言ったけど私が悪いことをしたんじゃないの?と言われてからは誰にも言わなかった。
    それでも父の稼ぎがよかったので、私は大学まで出してもらった。
    大学の時に同じ部に入ってる人と付き合い始めて、25歳の時に結婚した。
    結婚する前にうちの両親とはつき合いたくない理由を話し、疎遠にしてもらうことで納得してもらっていた。
    結婚後は彼の両親とも同居することなく、程よい距離を保ちながらのお付き合いをさせていただき
    幸せだった。

    このページのトップヘ