208 :名無しさん@おーぷん 2016/11/02(水) 23:58:01 ID:Lqm
    私は生まれてからしばらく、ひどい喘息で体が弱かった
    まだ言葉も話せなかった頃から、熱に浮かされ咳が止まらず、苦しくて泣いていた記憶がある
    私が3歳になったころ、母が妊娠してお腹がとても大きくなっていた
    そして8月の暑い日、母と私と買い物して帰っていた
    私はご機嫌でスキップして、母と手を繋いで歩いてた
    いつも降りている長い階段につき、母を見上げたら、次の瞬間が隣をふっとんだ
    母は私の手を離して、階段で転げ落ちてお腹の赤ちゃんが亡くなった
    私は声も出ず呆然とした
    感情がついていかなかったのを鮮明に覚えてる
    偶然その場に近所に住む3歳年上の女の子、たーちゃんがいて、たーちゃんがその時のできごとを見ていたと証言した
    たーちゃんは「あの子(私)がおばさん(母)を落とした」と話した
    母は意識不明で生タヒを彷徨い、周りは病弱で親に甘えてばかりの私が弟か妹に嫉妬して突き落としたんだと考えた
    私は周りから「お母さんを押したの?」と聞かれ、最初は解らないと答えていたけど、きつい口調で何度も何度も聞かれて、私が母をおして杀殳したんだと確信した
    母は三ヶ月ほどして目を覚ましたけど、意識は戻らなかった
    話しかけたら目を開く
    動くものを目で追う
    音がした方に反応する
    そんな基本的な反応はするけど、喋ることも、ましてや私を認識することもできなかった
    そのまま半年が過ぎ、一年が経過し、二年が経過し、三年目で母が目覚めたと聞いた
    聞いたというのは、私が母を突き落としたことで今で言うサイコパスというのか、そんな扱いを受けて、子供の情緒を育てる的な特殊な病院に行っていて、母に会わせてもらえなかった
    動かない母を杀殳すのは簡単だから私が母を杀殳すことを懸念されたのかもしれないし、母に会わせてショックを受けさせるのを防ぐためだったのかもしれない
    今となってはわからないけど、母とは意識が戻ったあともすぐには会えなかった
    手紙を書くことは許されたので、病院で色紙にクレヨンで手紙を書いた
    おかあさんごめんなさい
    おしてごめんなさい
    とごめんなさいばかりを書いた手紙だった
    そうして時が過ぎ、私の小学校入学が目前となり、普通の小学校は無理なんじゃないかと大人たちが話していた頃に車椅子に乗ってガリガリになった母が訪ねてきた
    母は私のことを見てワンワン泣いた
    何度も何度も無事で良かったとつぶやいた

    大きくなってから聞いたんだけど、母を突き落としたのは近所のたーちゃんだった
    母は誰かに後ろから押され、咄嗟の判断で私の手を離したらしい
    転がって落ちる過程で全てがスローモーションで見て、たーちゃんが手を突き出した状態で立っていたこと
    そのまま私の後ろに立ったので私まで突き落とされると思ったことを話してくれた
    たーちゃんは私が遠くに行ってから、家のハムスターを杀殳したりして問題行動を繰り返していたことを父から聞いた
    母の意識が戻ってからたーちゃんと話す機会を作ってたらしく、なんで押したのか聞いたら「押して転んだら中から何が出てくるのかなと思った」と言われた
    私が普通の学校に行ったのと入れ違いでたーちゃんが病院にかかるようになったらしい
    たーちゃんの親たちは私達親子を恨んでいて、一時期すごく嫌がらせをされた
    私はその時まだたーちゃんのことを知らなかったから、人を杀殳した私が天罰を受けてるんだと思って修羅場だった
    母もまさか私が母を落としたと思い込んでるなんて思わなくて、知ったときは言葉通り絶句して声もなく泣いた

    583 :名無しさん@HOME 2016/01/08(金) 07:50:50 0.net
    嫁さんはハッキリ言って教養があるけど苛ついてしまう
    腹立たしい
    ・華道、茶道、書道、合気道などの師範代の資格もち?その道のプロで教室をしている
    ・万葉集とか古事記とか様々な本を読んでて知識がある
    ・季節の挨拶や行事をかかさない

    昨日七草粥を嫁が出してきたから雑草なんて食べられるか!と母が叱ったら
    どうせその辺で取ってきたのかと思ったし
    そうしたら「あらお母さん私が毎年育ててるんですよおかいさん用に…うふふ雑草なんてたべれへんのやら捨てますさかいたべんといてください」
    とか!!
    馬鹿にすんな!!

    419 :可愛い奥様 2018/02/18(日) 02:15:29 ID:klaEvSSq0.net
    小学生の時に母の再婚相手が気に入らず、変なところを触られたと騒いだら義父が逮捕されてしまった事
    本当は指一本触られた事はない

    91 :名無しさん@おーぷん 2018/03/10(土) 17:57:07 ID:7Qg
    ロミオメールスレと悩んだ私の母の女友達(A)の神経わからん話。
    結構長いのと初投稿、フェイクも混ぜてるので読みにくいです、ごめんなさい。


    ずっと専業主婦だったAの息子の結婚が決まった。
    A夫婦とA息子と彼女(A息子嫁)の四人で顔合わせの食事会をしている最中に、Aは突然10歳下の独身男と十数年不倫していることと、A旦那とは離婚して間男と結婚することをぶっちゃけた。ここでもう神経わからん。
    そしてそのまま家出したものの、A旦那には弁護士がつき二人に慰謝料請求。間男は結婚する気はないと逃亡。
    AはしれっとA宅に帰るも入れてもらえず、自分が貰えると思っていた慰謝料ももらえず、べた惚れされてたはずの旦那に捨てられ意気消沈して息子宅に行くも、A息子夫婦に汚物のように扱われ拒否される。

    ちょっと省略してるけど顔合わせからここまでで二年半くらい経ってる。
    長かったけどここまでが前提。

    A息子夫婦には子供が生まれ、A息子と同い年の私も結婚しA夫婦と同じ年の子供が生まれた。
    ここでさらに神経わからんのが、Aが私母に「母親を変われ」と粘着してきていること。

    「同じ年で、同じ年の子供がいて、同じ年の孫がいるのになぜ私母ばかり幸せなの?
    Aは孫の面倒も見れない、子供も一緒に住んでくれない、Aはなんて可哀想なの!」

    と、私母に週1で電話してくる。私母もお人好しなのでCOせず何がいけなかったのか、どうしてこうなったかこんこんと説明しても理解しない。

    「娘じゃないからダメなんだ、私ちゃんならAを仲間外れにしないよね?」

    なんて寝言が留守電に入ってたけど着拒してスルー。
    例えA息子が娘でも受け入れてもらえないと思う。
    何よりAにはまだ未婚の娘がいるのに離婚騒動からずっといないものして扱ってるのも神経わからん

    452 :名無しさん@おーぷん 2018/02/13(火) 11:34:41 ID:l2E
    亡くなった母がチーズケーキとピンクの薔薇が好きだったので月命日と誕生日、母の日には欠かさず買って仏壇とお墓に供えている(お墓は線香が燃え尽きるまでの間だけ)
    と職場で話したら派遣さん(還暦手前の女性)に
    「花なんか腹の足しにもならないもの買うなんて馬鹿みたい」
    「ピンクの薔薇なんて供えて不謹慎だ!」
    「仏壇に供えられるチーズケーキが可哀想!」
    「子供置いて先にタヒぬような碌でもない女に○○(母の好きだった店、地元では美味しいと評判の店)のチーズケーキなんて不釣り合いよ!タヒんだ人間にチーズケーキ買うぐらいなら私に買いなさい!」
    って言われた

    カッとなって言い返したのは覚えてるんだけど、頭に血が上り過ぎて倒れて病院に運ばれたのであまり覚えてない
    今大事をとって入院中(一人暮らしなのでなにかあったら困るから、らしい)なんだけどあの人がいるなら仕事行きたくないな
    今まではふつうのオバチャンだったのにどうしたんだろう

    このページのトップヘ