母親

    593 :恋人は名無しさん 2016/10/02(日) 23:03:12 ID:9CYndwBU0.net
    彼女を自分の母親に紹介したんだけど想像以上に気遣いができなくて引いた
    座ったままで食器は率先して片付けない
    母親が話題を振ってもそれに答えるだけで逆に質問とかしてこない
    もちろん彼氏を立てるような発言は一度もない

    別に食器を片付けてほしい訳でも自分を立ててほしい訳でもないけど
    良く見られようという打算すらできない頭の悪さに引いてしまった

    927 :名無しさん@おーぷん 2015/12/27(日) 19:34:06 ID:???
    昔々、小学生の時の修羅場。

    同じクラスにいたちょっとトロい女子を遊び半分でいじめてたら
    (たぶん親経由で)母親にばれ、激怒した母親に
    「ひどい言葉しか言えないならば口をきいてはいけません」
    「人のあらばかり目につくならば目を開いてはいけません」
    と、マスクをかけて1週間絶対緘黙、眼帯着用を命じられた。

    間が悪いことに、バレた翌日から当時入っていたスポ少の試合が続いてた。
    毎日タヒぬ気で練習してレギュラーメンバーに入ってた俺を母親は監督のもとまで引きずってって
    「いじめの罰でこうしています。1週間マスクも眼帯も外させないでください。
    もし試合中でも外したらその場でスポ少を辞めさせます」
    と宣言。

    870 :おさかなくわえた名無しさん 2007/12/07(金) 20:26:02 ID:FAsoy8S/M
    ずうずうしいスレから・・・。

    602 :おさかなくわえた名無しさん:2007/12/07(金) 19:50:55 ID:nSUm0LaU
    豚ギリ長文スマソ

    当方レストラン勤務。
    子供(女児2名)連れてくる医者夫婦の常連がいる。
    子供が小さい頃は食べこぼしマジひどくて閉口してたけど、
    まぁそういうのは育ってくれば一応解決する。
    ただ親御さんがけっこうキャラ濃い目なんだよね。

    その子らが5~6歳くらいになったある日のこと。
    若いスタッフが、注文の子供用スパゲティ2つ持ってったら、
    「気が変わったからやっぱりグラタンにして」
    と母親に言われたとスゴスゴ戻ってきた。
    しかも、分かりましたと返事しちまったらしい。
    他のスタッフは「そんなのおかしくないですか!?」とキレ気味。

    自分はとりあえずグラタンを出しておいて、帰りに父親に言った。
    「先にご注文のスパゲティ、テイクアウト用にお包みしてありますので、
    お持ちしますね~~~~~」
    「え、ウソ…」固まる母親。笑顔を崩さない自分。
    一瞬の沈黙ののち父親「わかりました。そうして下さい」
    以来あんまり無法なワガママは言われなくなった…ような気がする。

    8 :名無しさん@おーぷん 2014/07/24(木) 10:33:08 ID:QwfMWu0ZA
    現在進行形でもあるけれど

    二人目の子供が生まれてから実母に「養子に欲しい」と泣きつかれていること
    兄・姉と二人いるが双方まだ独身で40を超えている
    家を継いで守って欲しいからと言われたが兄・姉に結婚の可能性もあるわけで
    あんまりにもさめざめと泣き落とされて、自分としての落としどころとして
    「最終的にどうしようもなくなったら考える」
    →兄・姉ともに結婚に縁がなくて高齢になったら
    と丁寧に説明もつけて返事

    それを何を思ったか実母は子供が小学校に入る前の年いきなり電話で
    「養子になるのだから我が家で育てる!最高の環境で教育をしてやるから連れて来い!」
    って言ってきた。これほぼ、言われたままの原文
    すっきり目が覚めて、がんがん言い返して返事を聞かず電話を切ってから
    またずっと泣き落としの電話だったけどスルー
    今でもまだ養子にもらえると思っているお花畑の実母
    自分の失言のせいだと後悔はしたけど、そうじゃなきゃ実母は本性あらわさなかっただろうし
    とにかく、養子にだすつもりは全くないのでこれからも全力で守る!
    まとめたつもりが長くなりました。すいません。

    275 :おさかなくわえた名無しさん 2010/03/07(日) 11:03:11 ID:BOGOnxxJ
    719 名前:名無しさん@そうだドライブへ行こう[sage] 投稿日:2009/11/26(木) 23:26:49 ID:AQDo8Cjb0
    母親を乗せてトラックで畑まで行こうとしたときの話。
    助手席に座った母親はシートベルトをしようとしなかった。

    俺「シートベルトしろ」
    母「へーきへーき。見つからんて。」
    俺「そーいう問題じゃねーだろ。シートベルトしろ」
    母「へーきだっていってるでしょー」

    安全意識の低い母親に心底ムカついた俺は、
    勢いよく発進した直後に急ブレーキ攻撃(このときはまだ庭先)。
    母親は前方に吹っ飛んで、見事にフロントガラスに直撃。

    母「いったー!あんたなにすんの!」
    俺「シートベルトしろ」

    無言でシートベルトしてそのあと全く口を聞かなかったが
    内心非常にすがすがしい気分であった。

    このページのトップヘ