母親

    384 :おさかなくわえた名無しさん 2018/07/31(火) 18:07:43 ID:LaCqKRfX.net
    離婚して3年経ったくらいに元嫁の母親から電話があった。
    「あの子(元嫁)が不イ侖相手の奥さんから慰謝料を求められていて、いくらか力になってあげられない?」
    とのことだった。
    離婚した原因は元嫁の2度の浮氣だったのにどんな神経をしていたらそんな事が言えるのかと、
    断って切ろうとしたら、その後の話で元嫁の母親は俺たちが離婚した原因は俺の浮氣だと元嫁から聞いていたらしい。
    俺は離婚が決まってその母親と話してもなかったし、会いたくもなかったけど、あっちはあっちで俺が謝りにも来ないことを不満に思っていたらしい。
    それだったら神経が分からない事もないのか・・・?
    今更真相を伝えるのも酷な気がしたし、わさわざ言うべきじゃなかったのかとも思ってしまった。
    基地外のように最初から攻められていた訳じゃなくどちらかと言えば「男だから浮氣は仕方ない。でもけじめだけはつけて欲しかった」みたいな感じだったし。
    真相を伝えてからは「今回の事は忘れてください。また改めて謝りに行きます」とか泣きながら言われたし後味悪い。
    もうどうでもいいし余計なこと言わなきゃよかった。

    でも一周回って、今回の件でわざわざ俺に言ってくるかね!?っていうイラつきも出てきた。

    278 :名無しさん@HOME 2018/04/19(木) 12:33:11 0.net
    間違えて送信してしまった
    子どもと一緒に実家に帰省していて、すぐ使う分だけリュックに入れて帰ったのだけど、化粧ポーチがかさばって重いから洋服と一緒に後から送ってねって言ったのにいざ荷物が届いたら入っていない
    母親に使いたいから、二度手間で悪いけど送ってほしいと連絡したら「入れ忘れてた。ないとマズイね、明日送る」とLINEがきた
    で、今朝「荷物は最短で明日の午後だけど、どうする?」ときていたけど、掃除洗濯で連絡に気づかず後から見たら「明後日の午前でお願いしたよ」ときた
    使いたいと言っているのになぜ明後日指定にしたんだよ
    朝イチで急いで荷物送りに出る頭あって、ないとマズイねとも言っていてなぜ明後日なんだ
    イラッとしたけどわざわざ送ってもらってるし、明日が良かったけど、連絡見てなかったしそれで大丈夫だよと返事したら「仕方ないね」ときてまたイラっとした

    134 :名無しさん@お腹いっぱい。 2008/09/19(金) 16:30:39
    嫁に同居の相談をしたらにっこりと笑って「身内に犯罪者を出したくないならやめた方がいいよ?^^」
    と言われた。
    こんな事言う女とこの先一緒にいてもいいんだろうか・・・

    258 :1/2 2006/09/03(日) 06:54:38 ID:JZCOnCRC
    小学生ん時。

    家になんかの寄付を募る女がやってきた。
    自慢じゃないがウチはすんげぇ田舎。こんな寄付集めが来ること自体有り得ないくらい。
    きっと田舎の人間ならそういう寄付集めに免疫ないから、ホイホイ金出すと思ったんだろうな。

    ところが応戦したのがウチのかあちゃん。

    「どこの団体ですか?」

    「あなたのお名前は?」

    「寄付金の使途について明確に教えてください」

    「お宅の団体名聞いたことないんですけど、どういったところで活動してるんでしょうか」

    と具体的なことを矢継ぎ早に聞きまくる聞きまくる。

    490 :名無しさん@おーぷん 2016/06/22(水) 02:30:18 ID:aeN
    10年近く疎遠だった母と再会した際に
    「早く結婚しろ。不幸になれ」
    って言われてビンタされたこと

    母の言葉の意味を飲み込めなくてポカンとしている間に弟が母を引き剥がしてくれた
    事態を飲み込んだ後は寒気と涙が止まらなくなって、父の車に乗せられて家に帰るまでずっと泣いた

    母の仕打ちの詳細は割愛するけど昔から母と私は不仲だった
    私を心配してくれた父の勧めで都内の大学に進学して私は一人暮らしを始めた
    入学式用のスーツを買う時も付き添ってくれたのは父だった。お盆には父が都内まで会いに来てくれた
    田舎にはあまりいい思い出がなかったのでタヒに物狂いで就活して、辛うじて都内で正社員になれた
    家を借りるための保証人、本籍地付きの住民票の用意など、親に頼る必要があることは全て父がやってくれた
    そういった訳で大学生になって以降はずっと実家には帰っていなかった

    母の日で盛り上がる世間を見て、いい思い出もないのになんだか実家と故郷が恋しくなってしまった
    今から思えば本当に馬廘なことをしたと思うけど、母の日に実家に帰省してしまった
    久し振りに会った母は相変わらずだった。顔を合わせた途端に容姿を馬廘にしてくるし、弟と私への声のトーンは全く違うし、服のセンスやカバンの値段を笑ってくるし
    それでも私は頑張って朗らかに振る舞おうとした
    仕事や都内での生活の楽しさを母に語り聞かせて、そしてビンタされた

    確かに私も無神経だったと思うよ
    本当は結婚したくなかった、子供なんか産むんじゃなかった、今の女は責務を果たしていない、って母が繰り返し私に語ってたことをすっかり忘れていたから
    でもさ、実の娘に「早く不幸になれ」はないと思うんだ

    もう実家に帰る気はない

    このページのトップヘ