母子

    852 :名無しの心子知らず 2013/08/06(火) 18:47:41 ID:8bcJDTu8
    今はもう引っ越したけど、前に住んでいたマンションの隣に
    下/着を押し付けてくる気持ち悪いシンママがいた話です。

    登場人物
    私(当時27)、シンママ(30前後)、シンママ娘(小2くらい)

    当時は旦那と二人暮らしで、隣の部屋は空室だったんだけど
    ある日、そのシンママが娘を連れて住むようになりました。
    うちにも挨拶に来て、郊外のショッピングモールのランジェリー専門店で働いてるんですと話されたけど
    ここまでは普通でした。私もそんな話振られても「ふ~ん」としか思えなかったし。

    でも、その後旦那がいない時に限ってうちの部屋に度々そのママが来るようになって
    来るといっても部屋に上り込むとかじゃなく、玄関で話すくらいなんだけど
    シンママの部屋は角部屋でその右隣が私達夫婦の部屋、私達の右隣は男子大学生の一人暮らし。
    さらに隣は老夫婦の部屋で、なんかどうやら私をターゲットにしてたみたい。

    シンママが何をするかというと、ピンポーンってインターホン押してこっちが顔出すと
    「こんにちは。今日はこれ持って来たの。あなたに似合うと思って。」とズカズカ入ってきて
    手に持っていた下/着(ブラとかパソツとか)が入った袋を渡してくる。

    22 :彼氏いない歴774年 2011/05/25(水) 22:31:47 ID:tRSvJzcq
    >>11
    うちの親戚のおばちゃんが友達と旅行に行ったときに同じ目にあったそうだ
    おばちゃんの場合は母子ででーんと座ってたらしい

    おばちゃん「あらーあなた、ここあたしの席よー!」
    母「はあ。あの子供がいるので、出来れば座りたくて譲っていただ(ry」
    おばちゃん友「どうしたのー?席間違い?あーよくあるのよねー
    私もチケットを見間違えたりするのよーあはははは」
    母「……」
    おばちゃん「二重予約だったら大変じゃない!チケット見せてー」
    母「いえ、いいです。自由席なので。…ほら、○○!行くよ!!」←そそくさと席を立つ準備
    子「えー?」
    おばちゃん友「あらそうなのー?ほらボク、忘れ物よ!」←と、席においてあったお菓子のごみを渡す

    さすがおばちゃんパワーww
    でも、なんでか知らないけど睨みつけられた、とぼやいてたww

    615 :名無しの心子知らず 2013/10/31(木) 17:07:33 ID:I0MuxHTg
    この間セコキチにHP削り食らったので投下
    かなり長いので分割、失礼します

    大型スーパーの駐車場にてあった出来事
    彼とドライブがてら普段と違うスーパーまで夕飯の買い物へ行き
    用事済ませて「じゃー帰ってビール飲みながら鍋しますかー」 と普通~に話しながら車目指して駐車場歩いていたら
    「いいねー!」とまるでいい○ものように後方から相槌があった
    で、え?!って反射的に振り返ってみたら見知らぬ女性+小学生低学年くらい?の女の子
    知り合いかと思ったけどそうじゃない、でも明らか自分たちの会話に混ざってきてた

    30 :名無しの心子知らず 2017/11/10(金) 21:33:45 ID:TNUuMWD8.net
    イオンでエレベーターに乗りこもうとした2歳くらいの子と母親。キャラ物の大きいカートにのせてたんだけど結構人が乗っててそのカートは乗れないと判断したみたいで
    エレベーターのすぐ手前にカートだけ置いて乗ってきた事

    241 :名無しさん@おーぷん 2015/05/13(水) 13:00:49 ID:Xbz
    高校生の頃、朝の通学中の電車に母子が乗ってきたがお母さんが突然タヒしていた。
    電車が発進すると同時に赤ちゃんが泣き始めたがお母さんはあやす事もせずただ俯いて座っているだけ。
    他の乗客も私も面倒な事に巻き込まれたくないと見て見ぬふりをしていたが
    発進してからの15分間ずっとギャー泣きしていたし、
    母親の腕からずり落ちそうな赤ん坊の状態がさすがに心配になって
    誰かがお母さんに話しかけるも応答がなくグデーっと前屈み具合が増す。
    駅員さんを呼んで再度声を掛けてもらうも同じ。
    駅員さんがお母さんの首元に手を当てると「タヒんでる・・・」とつぶやいた。
    つい数十分前まで立って歩いて生きてた人が突然タヒぬ事があるなんてと怖かった。

    この事件が新聞に小さく記事になっててお母さんがまだ20歳だった事にびっくり。
    こんなに若いのに。

    このページのトップヘ